サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(45ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

真夏の方程式の紹介:2013年公開の日本映画。東野圭吾の人気小説・ガリレオシリーズを原作とした人気テレビドラマ「ガリレオ」の劇場版第2作。主人公・湯川の相棒である刑事は柴咲コウ演じる内海薫から、吉高由里子演じる岸谷美砂へと変更された。

ネタバレを読む

ファイアー・ウィズ・ファイアー 炎の誓いの紹介:殺人事件の重要証人が「証人保護プログラム」適用中に犯人のギャングから命を狙われた事をきっかけに、逆襲に出る姿を描いたサスペンス・アクション。2012年にアメリカで発売、日本では2013年公開。

ネタバレを読む

凶悪の紹介:2013年公開の日本映画。実際に起きた凶悪殺人事件を基に、獄中の死刑囚が告発した殺人事件の真相を描いたノンフィクションベストセラー小説『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を原作とした、社会派サスペンス・エンターテインメント映画。

ネタバレを読む

理由(1995年)の紹介:1995年制作のアメリカ映画。ジョン・カッツェンバックの小説(原題同じ)を原作とし、フロリダで起きた白人少女の強姦殺人容疑で死刑判決を受けた黒人青年が、無実の罪を晴らすために大学教授の主人公に助けを求める話だが…。

ネタバレを読む

ストロベリーナイト(映画)の紹介:2013年公開の日本映画。誉田哲也の警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」を原作とする、フジテレビの刑事ドラマ『ストロベリーナイト』の劇場版作品。監督は佐藤祐市、主演は竹内結子。

ネタバレを読む

探偵はBARにいるの紹介:2011年公開の日本映画。東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』を原作とし、第2作『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』が2013年に公開され、また第3作の制作も予定されている。

ネタバレを読む

ジョーズ2の紹介:1978年のアメリカ映画。1975年の作品『ジョーズ』の続編にあたる。前作の監督・スティーヴン・スピルバーグが辞退し、ヤノット・シュワルツが監督を務める。前作の3年後という設定で、海辺の町アミティを再びサメの恐怖が襲う。

ネタバレを読む

ジョーズの紹介:1975年のアメリカ映画。1974年に出版されたピーター・ベンチリーによる同名の小説を原作とし、スティーヴン・スピルバーグの監督作品。平和なビーチを襲う巨大人食いサメ(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いた作品。

ネタバレを読む