「あやしい彼女」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

あやしい彼女の紹介:「あやしい彼女」は韓国映画「怪しい彼女」のリメイクで、73歳の苦労を重ねてきたおばあちゃんが20歳に若返ってしまって巻き起こすドラマなのですが、「20歳のおばあちゃん」を演じる多部未華子さんがとっても魅力的で、彼女の歌う歌に引き込まれてしまいました。

あやしい彼女の主な出演者

大鳥節子(多部未華子)、瀬山カツ(倍賞美津子)、小林拓人(要潤)、瀬山翼(北村匠海)、瀬山幸恵(小林聡美)、中田次朗(志賀廣太郎)

あやしい彼女のネタバレあらすじ

【起】- あやしい彼女のあらすじ1

73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は女手一人で苦労して、一人娘の幸恵(小林聡美)を育て上げ、今は孫の翼(北村匠海)と3人暮らしです。
今でも、自分が一家を支えていると言ってセツは町内のみんなを巻き込んで騒動を起こしてしまうトラブルメーカなのですが、彼女の理解者はともに苦労をともにしてきた次朗(志賀廣太郎)ただ一人でした。
女手一つで育てた娘の幸恵が雑誌の編集長であることが自慢だったが、その娘は時代の流れのなかで、編集長を追われてしまいます。
そんなある日、カツは娘の幸恵とケンカして家を飛び出して町へ出ていきました。
幸恵に、自分の人生の苦労を何でもかんでも私たちのせいにしないでと言われたことが原因でした。
しょんぼりしながら商店街を歩いていくカツの目に1枚の写真が目に入ってきました。

【承】- あやしい彼女のあらすじ2

それは、古い写真館に飾られている1枚の写真で、そこに映っていたのは「オードリー・ヘップバーン」でした。
カツも若い頃には「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーン憧れたこともあったのでした。
そして、カツは、その写真がかざってある不思議な写真館「オオトリ写真館」に入って、写真を何枚か撮って出てきたのでした。
そんな彼女が商店街を歩いていると、ひったくりにあったのですが、そのひったくりを捕まえて犯人のヘルメットに映った自分を見てびっくりしました。
なんと、二十歳ぐらいの自分の姿が映っていたのでした。
どうしたもんだと考えてはみたものの、幸恵に喧嘩の時に「自分の好きな人生をいきたらいいのに」と言われたことを思い出した、思い切って美容院へ行ってオードリー・ヘップバーンの髪型にしたりしてみました。
そして、幼馴染の次郎(志賀廣太郎)の銭湯でのぼせて倒れてしまい、ひょんなことから大鳥節子(多部未華子)として暮らすようになったのでした。

【転】- あやしい彼女のあらすじ3

そして、節子は商店街ののど自慢大会で「見上げてごらん夜の星を」を歌う彼女を見た孫の翼(北村匠海)に彼のロックバンド「あやしい彼女」のボーカルになってほしいと懇願されていまったのでした。
翼はミュージシャンとしての将来を夢見ていたのですが、なかなか目が出ずに元のボーカルの女の子は就職活動のために脱退してしまっていたのでした。
孫のために、バンドに参加した節子は「あやしい彼女」のメンバーに音楽の何たるかを語り、路上ライブで「真っ赤な太陽」を熱唱するのでした。
そして、ありきたりな音楽にうんざりした音楽プロジューサーの小林拓人(要潤)に認められた「あやしい彼女」はメジャーデビューをかけてロックフェスティバルへ出演することになるのです。
そして節子は拓人とのロマンスを楽しんだりするのでした。

【結】- あやしい彼女のあらすじ4

カツを心配する幸恵は、カツの友達や知り合いを訪ね歩くうちに、彼女がどんな思いをしながら自分を育ててくれたかを知るのでした。
そして、次郎の部屋でカツの若いころの写真を見て、節子がカツであることを幸恵は知ることになります。
「あやしい彼女」ロックフェスティバル出演にはオリジナル曲でなければという条件がありました。
何とか節子の励ましもあり曲を完成させた翼でしたが、ロックフェスティバルのその日交通事故にあってしまったのでした。
翼抜きでのステージで熱唱した節子でしたが、翼のために自分の血を抜く決意をします、血を抜けば元の73歳に戻ると知っていながら。
そして、後日、コンサート会場には元のボーカルを迎えてメジャーデビューを果たした「あやしい彼女」のステージを見守るカツと幸恵がいたのでした。
つかの間の間の恋人だった小林の姿を見て、なんとなくせつなくなった会場を出たカツのもとに1台の若者が乗ったスクーターが近づいてきます。
それに乗っていたのは「オオトリ写真館」で写真をとった次郎でした。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「あやしい彼女」の商品はこちら