「おっぱいバレー」のネタバレあらすじ結末

おっぱいバレーの紹介:2009年公開の日本映画。綾瀬はるか主演の、異色青春コメディ映画。少年たちを奮い立たせるために、試合に勝ったら胸を見せると宣言してしまったバレーボール部顧問の女教師を中心に、爆笑&感動の騒動が展開。

アプリなら上映中映画の
ネタバレもすぐ読める!
無料DL

予告動画

おっぱいバレーの主な出演者

寺嶋美香子(綾瀬はるか)、堀内健次(青木崇高)、城和樹(仲村トオル)、中井先輩(石田卓也)、中学時代の美香子(大後寿々花)、美香子の元カレ(福士誠治)、戸畑第三中学校の教頭(光石研)、竜王中男子バレー部コーチ(田口浩正)、原田静子(市毛良枝)、平田育夫(木村遼希)、楠木靖男(高橋賢人)、城良樹(橘義尋)、杉浦健吾(本庄正季)、江口拓(恵隆一郎)、岩崎耕平(吉原拓弥)

おっぱいバレーのネタバレあらすじ

【起】- おっぱいバレーのあらすじ1

1979年(昭和54年)、北九州の萩原…。
戸畑第三中学の3年生の5人、平田、楠木、江口、岩崎、杉浦は、ある実験を真剣にしていました。
時速80km以上で風を掴むと「おっぱい」の感触が味わえると聞いた5人は、自転車を漕ぎながら必死で宙を「エアもみもみ」します。本人たちは至って真面目です。
しかしただ自転車を漕いだだけだと80kmに到達できないので、杉浦の提案で5人は自転車を改造しました。
バイク風にした自転車に車椅子をつけた改造バイク風自転車で、坂道を全力で下るのです。平田と楠木がチャレンジしました。
2人は「エアもみもみ」しつつ坂道を下りながら、「おっぱいサイコー!」と叫んで崖から落ちました…。
…懲りない5人は、「時速60kmだとAカップ、時速80kmだとBカップ、時速100kmだとCカップ」という噂を信じ、次は高塔山の地獄坂でチャレンジしようと言いながら、学校の朝礼の列に並びます。
平田らの中学に、新しい先生が赴任しました。国語担当の若い女性教師・寺嶋美香子です。
美香子は朝礼の自己紹介の時に、高村光太郎の『道程』の詩をひきあいに出しました。平田はじめ男子生徒たちはそれを「童貞」と勘違いして大興奮です。
美香子が「私は『道程』が大好きです」と言うに至っては、江口が鼻血を出す始末でした。
この新任教師・美香子が教頭に、男子バレー部の顧問を命ぜられます。美香子はふたつ返事で了解しましたが、横で聞いていた同僚の堀内先生は心配しました。というのも、すぐ分かることなのですが、男子バレー部は別名・バカ部と呼ばれている部なのです。
職員室のやりとりを盗み聞きした平田らは、顧問の美香子を歓待する準備をしました。
のほほんムードで歓迎会を開こうとする部員に対し、美香子は「女子バレー部と練習試合をしよう」と言い出します。やる気のない平田らは、「6人じゃないから(注:男子バレー部員はこの時点で5人、バレーボールは6人制)」と、尻ごみします。
それをたまたま聞いていた1年の城良樹が、入部希望を言い出しました。男子バレー部は6人になり、女子バレー部と練習試合をすることになります。
試合を始めてみると結果は惨憺たるもので、平田たちはAクイック(セッターのほぼ真上レフト側からトスを低く速く上げ、素早くスパイク を打つ攻撃)すら知りませんでした。
女子バレー部にはバカ部呼ばわりされ、せっかくの入部希望者・城良樹も部を去ります。
平田らは美香子に、今まで練習したことがないと告白しました。中井先輩の在学中に、先輩ということで5人は女装して踊れだの、グラウンドにおっぱいを描けだの、無理難題ばかりを押しつけられており、真面目にバレーの練習をさせてもらったことがなかったのです。
中井先輩はその後卒業しましたが、バレー部はすっかりバカ部呼ばわりされ、平田らも今さらバレーの練習をする気になれずに、毎日だらだらと過ごしていたのでした。
「本気で頑張るなら、先生、何でもするから」と言い出した美香子に、平田らは懇願します。「試合に1勝したら、おっぱいを見せてください」と。
「できるわけがない」と答えた美香子に、「どうせ先生なんて…」と部員一同は落胆します。「うそだったんだ」と言われて、美香子は「うそなんてつかない!」とむきになりました。 この映画を無料で観る

【承】- おっぱいバレーのあらすじ2

それを「勝ったらおっぱいを見せてくれる」と早合点した部員は盛り上がり、美香子は引き下がれなくなります。話は「弱小バレー部が試合で1勝したら美香子のおっぱいを見られる」ということになりました。
美香子は同僚の堀内に相談します。「どうせ勝てないわよね」と言いつつ「でも頑張って欲しい」と、美香子の胸中は複雑でした。美香子は「約束はなしだと明日言おう」と決めます。
その頃はやくも5人のバレー部員は動き始めていました。男子バレー部の強豪校・竜王中学に偵察に出かけたのです。
竜王中のレベルの高さに舌を巻いた5人は「なんとか練習を邪魔できないか」と「ボール穴開け作戦」を考えますが、ボールが3つしかない戸畑第三中学に比べ、竜王中はワゴン3つ分もあって、とても無理っぽいです。
竜王中では他にも、体育館で女子新体操部が練習していました。新体操部のレオタード姿にみとれていた5人は、竜王中の先生に見つかります。
顧問の美香子が呼ばれて竜王中に迎えに行きました。部員たちの邪魔作戦を聞いた美香子は「自分たちは努力もせず、頑張りもせず、それで私のおっぱい見ようなんてひどい!」と言います。
それを聞いた平田らは「せっかく先生がおっぱい見せて約束してくれたのに、卑怯な手はないよな」と言い、頑張ろうと決意しました。美香子は…もう「約束はなかったことに」と言い出せませんでした。
かくて、やる気を出した5人のバレー部員は必死で練習を開始します。美香子も触発されてバレー部の書籍を購入し、トレーニングが始まりました。
ジョギングでくじけそうな時には「おっぱい」という掛け声を出すことで、部員たちは喝を入れます。思春期真っ盛りの中学男子生徒なので、おっぱいを見られるためなら、なんだってします。
ところでバレー部員はまだ5人です。せっかく入部を希望してくれたのに、すぐ辞めると言って去った良樹を説得しに、ある日、美香子と平田は良樹の家を訪問しました。
出て来たのは良樹の父・和樹でした。学生時代から社会人になっても実業団でバレー選手として活躍した和樹は、ケガをして3年前に引退しています。
「良樹は自分がバレーを続けることで、父である僕を喜ばせようとしているのだ」と語る和樹は、良樹が学校のバレー部に入っているものと信じていました。
慌てて美香子は良樹を探し、バレー部員5人も放課後の街を探します。
良樹はその頃、ゲームセンターで知り合った不良の上級生2人組と行動を共にしていました。3人でいきがって、通りにとめてある大型バイクを眺め、良樹がバイクを蹴ります。
ところがそれは、中井先輩のバイクでした。バイクを蹴られた中井が血相を変えて駆け付け、不良2人組は退散します。残った良樹は中井に連れられ、列車の車庫に行きました。
その様子を、たまたま建物の上にあったエロ本を取ろうとした江口が見ていました。江口は平田らを集めて中井のところへ行きます。
殴られていた良樹を、平田がかばいました。「城は僕らの後輩です。殴るなら僕らを殴ってください」と頼んだ平田は、中井先輩に「上等じゃねえか」とぼこぼこにされます。あとの4人も同様に殴られました。

【転】- おっぱいバレーのあらすじ3

中井先輩が去った後、良樹と5人の部員らには結束ができていました。平田は良樹に「俺たちと一緒に見よう、おっぱいを!」と誘い、良樹はバレー部に戻ります。
美香子と商店街で会った良樹(と5人の部員たち)は、美香子に「よろしくお願いします」と言いながら、美香子の胸をちらっと見ました。
6人になったバレー部はさらに特訓を続けます。ポジションも決め、作戦会議をし、おっぱいのかけ声でジョギングもします。
美香子は「約束はなし」「勝ったらおっぱい見せないと? それはいや」「でも負けるのもいや」と悩みました。
『昭和54年度 北九州・筑豊地区中学校バレーボール大会』が直方市体育館で開かれます。
1回戦の対戦相手・門司北中は選手が2人しか集まらずに棄権し、戸畑第三中は勝ちました。不戦勝です。
1勝したと喜ぶ連中に、美香子は「不戦勝でいいのか」と責め、良樹も「先輩たちと一緒に戦っておっぱいを見たい」と言いました。平田らも「ちゃんと勝たないと、先生だってすっきりおっぱい見せられないよな」と言い、この時点での「おっぱい見せ」は見送られます。
しかし次の対戦相手は、あの強豪校・竜王中です。とたんに盛り下がる一同に「私のおっぱいを見るために、頑張りなさい」と美香子は励ましました。
…と言いつつ、美香子は悩んでいました。実は美香子には、過去に問題があったのです。
前任の中学で、女子生徒と音楽の話で盛り上がった美香子は「シーナ&ザ・ロケッツのロックのコンサート、今度みんなで見に行こう」と軽い気持ちで生徒を誘いました。
しかし受験を控えた生徒たちと約束をしたことがばれ、校長と教頭に呼び出された美香子は「先生から言い出したんじゃないでしょうね」と言われて「はい」と答えました。それが元で女子生徒の信頼を失い、美香子は学校に行くのが怖くなりました。
今度こそは生徒との約束を守って、早く一人前の教師になりたい…美香子はそう思っています。
さらにもう1つ背景がありました。美香子は中学時代、万引きをした過去がありました。帰宅部で特にすることのなかった美香子は、友達に誘われて軽い気持ちで万引きをしたのです。
たった1度の万引きで補導されて停学処分を受けた美香子ですが、処分は自宅謹慎ではなく、放課後1週間、本を読んで読書感想文を提出しろというものでした。
当時の初老男性・原田先生に「忘れ物の本だ」と手渡された美香子は、本に落書きしつつ感想文を書きます。『走れメロス』『銀河鉄道の夜』…最終日に手渡されたのが、高村光太郎の『道程』でした。
「私の前に道はない 私の後ろに道はできる」このフレーズに感銘した美香子は感想文を書きあげ、それがコンクールの金賞に輝きます。
受け持ってくれた原田先生が「お前は国語の教師に向いているかもしれないぞ」と言い、その瞬間、美香子は目の前に道が開けたような気がしたのです。
早く一人前の教師になって、恩師である原田先生に報告に行きたい…それが美香子の切望する願いでした。
…6人は合宿までして頑張り、良樹の父・和樹も特訓に協力します。「もうそろそろ、バレー楽しくなったんじゃないの?(できればおっぱいのことは忘れて欲しい)」と問う美香子に、平田らは「おっぱいあっての、僕たちですから!」と爽やかに(?)答えます。 この映画を無料で観る

【結】- おっぱいバレーのあらすじ4

合宿の夜、6人はこっそりと学校の教室にあるテレビで、憧れの『11PM』を見ました。当時の中学生にとっては憧れの、ちょっぴりエッチなお色気も扱う情報番組です。
『大人のマル秘スポット大特集』というタイトルに胸をときめかせた6人でしたが、…釣りのスポットでした…。一同は落胆して声も出ません。
6人の部員の頑張りが、OBの中井先輩にばれます。理由を問われた平田が中井先輩に素直に「おっぱい」のことを白状し、中井先輩は「おっぱいかあ…いい先公だなあ」「それで負けたら男じゃねえぞ」と励ましました。
それを平田の幼馴染みの女子バレー部・理恵が盗み聞きし、友人にばらします。
…竜王中とのバレーボール大会の試合が近づく頃、「バレー部が勝ったら美香子のおっぱいを見られる」という約束が学校側に露見します。噂があっという間に広まったのでした。
校長と教頭に呼び出された美香子は「私が約束しました」と認め、「でも彼らが頑張ったのは本当です」と言います。美香子は教師をクビになりました。
「また失敗しちゃいました」と原田の墓前に報告に行った美香子は、原田の妻・静子と会います。家に招かれた美香子は、原田が「忘れ物」と言っていた本は原田の蔵書で、原田自身も「どうしたら力になれるか、間違ってないか」と悩みながら美香子に接していたことを静子から聞かされました。
奮い立った美香子は、会場に向かいます。
その頃戸畑第三中男子バレー部は、強豪校・竜王中を相手に苦戦していました。第1セットを1点も取れず負けています。
そこへ美香子が現れ「約束はなしだって言った覚えはない! 私のおっぱいを見るために頑張りなさい!」と激励しました。部員は「美香子のおっぱいが懸かってるぞ!」と奮起し、おっぱいコールで頑張ります。
奮起の甲斐あって、第2セットは戸畑第三中学が取りました。
しかし…竜王中のメンバーは、二軍でした。相手のバレー部コーチが一軍への入れ替えを命じ、第3セットはあっけなく戸畑第三中学は敗れます。
良樹の父・和樹は、美香子と部員たちの約束を知っていました。「目的なんてどうでもいい。目的へ向けて頑張ることが大事なんですから」と言われ、美香子は救われます。
負けて初めて悔しがる部員たちに美香子は健闘を讃え、6人の部員は美香子に泣きつきました…。美香子は教師を続けようと決意します。
萩原を去る日、美香子に手紙がありました。男子バレー部員たちからです。
『寺嶋先生へ
先生はどう思っているか分かりませんが、僕たちはあの試合勝てなかったけど、全然後悔していません。
だって、負けたお陰で、先生の胸に飛び込むことができましたから。
負けた場合に備えて、僕ら、江ブー(江口)の胸に飛び込む練習をしていたので、よい位置に飛び込めました。
最高の感触、ありがとうございました。 男子バレー部一同より』
手紙を読んで思わず苦笑し、バレー部との記念写真を眺め入る美香子の乗った電車を、河原でバレー部員が見送ります。部員たちはみな、胸にバレーボールを詰めていました。
「巨乳すぎる」と言いつつ、美香子は笑って手を振り返しました。
(エンドロール)記念写真を撮った時の映像、男子バレー部は女子バレー部との戦いに勝っている。
撮影裏、カチンコ持った出演者たち

映画ネタバレあらすじ
hmhm(ふむふむ)
無料DL

みんなの感想

ライターの感想

確かに異色、でも確かに青春映画。
莫迦莫迦しいのだけど、面白い!
映画の中でいったい何度出てきただろう「おっぱい」っていう科白…ふふふ。
1970年代の日本が舞台ということで、映画の中ではその年代のヒットメドレーが流れる。
よって、映画を見る人は「(2015年現在ならば)40代後半以上」なら、すごく楽しめるのではないか。
あの時代、確かにこんな感じだったよなあ…という多少のノスタルジーも込めて(すみません、私はよく知りません)。
今日びのPTAが、あまりに瑣末なことでイライラしすぎなんだよね。
このくらい、いいじゃない…という包容力があってほしい。
文句なく楽しめる映画。
タイトル見てエロ系を期待してた人には落胆ものかも。エロ系はありません!
もちろん、綾瀬はるかのおっぱいは拝めません!

映画の感想を投稿する

映画「おっぱいバレー」の商品はこちら