「お熱いのがお好き」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

お熱いのがお好きの紹介:1959年公開のアメリカ映画。『昼下りの情事』などを手掛けたビリー・ワイルダーが制作、監督にあたったコメディ映画。トニー・カーティスとジャック・レモンが実に映画の4分の3を女装で通す趣向がみられた。

この映画を無料で観る

お熱いのがお好きの主な出演者

シュガー・コワルチェック(マリリン・モンロー)、ジョー〔ジョセフィン/ジュニア〕(トニー・カーティス)、ジェリー〔ダフネ〕(ジャック・レモン)、スパッツ・コロンボ(ジョージ・ラフト)、マリガン警部(パット・オブライエン)、オズグッド・フィールディング3世(ジョー・E・ブラウン)

お熱いのがお好きのネタバレあらすじ

【起】- お熱いのがお好きのあらすじ1

アメリカが禁酒法を制定していた時代のシカゴ…。
アングラの酒場でサックスを演奏するジョーと、バス・ヴァイオルを弾いていたジェリーは、店に警察の手入れが入ったため、失職してしまいました。当然、それまでの給料も支払ってもらえません。
ジョーとジェリーはルームシェアしている部屋の家賃を滞納していて、このままだと追いだされます。
困った2人は女友達に遠くの場所にある即日の仕事を受けますが、移動のため自動車を借りに行った際に、ギャングの殺人を目撃しました。
それがもとで、ジョーとジェリーは命を狙われます。 この映画を無料で観る

【承】- お熱いのがお好きのあらすじ2

2人を狙ったのは、元酒場のオーナー・コロンボでした。
生命の危機を感じたジョーとジェリーは、女性だけで演奏するオーケストラに女装してもぐりこむことにします。
ジョーがジョセフィン、ジェリーはダフニと名前を変えて、なんとか女装して演奏旅行に出発しました。
オーケストラの一員に、金髪のウクレレ奏者の美女・シュガーがいて、ジョーはシュガーにひとめぼれします。
しかしシュガーは過去に6度もサックス演奏者との恋愛に失敗しており、サックス奏者との恋にこりごりしていました(ジョーは女装してますし)。
シュガーは成金との結婚を夢見ています。

【転】- お熱いのがお好きのあらすじ3

フロリダでジョーは男の姿に戻り、シェル石油の御曹司・ジュニアと名乗ってシュガーにアタックします。
いっぽう、女装姿のジェリーはマイアミで、初老の大金持ちの御曹司・オズウッド3世にひとめぼれされ、猛烈なアタックを受けました。
ジュニアと名乗ったジョーとシュガー、そしてダフネと名乗ったジェリーとオズグッドは、オズグッドのヨットでダブルデートします。非常にややこしい事態です。
そんな折、ギャングたちの集会がマイアミで開かれ、ジョーとジェリーを狙うコロンボが手下を連れて、オーケストラが宿泊するホテルにやってきました。女装はしているものの危険を感じたジョーとジェリーは、慌てて逃げ出す準備をします。

【結】- お熱いのがお好きのあらすじ4

すると、なんとそのギャングの集会において、勢力拡張をひそかに図っていたコロンボの企みが組織に露見し、コロンボは集会で射殺されました。
自分たちを狙うコロンボがいなくなったことで、ジョーとジェリーはもう女装する必要がなくなります。
ジョーはシュガーに女装姿のまま愛を打ち明け、シュガーはジョセフィン(ジョーが名乗っていた女性名)が男性だと知って愛を受け入れます。
またダフネ(ジェリーの女性名)も自分が男だとオズグッド3世に打ち明けますが、オズグッドは「完全な人間なんていないさ」と笑って受け入れました。
(オズグッドはジェリーが男性でも、かまわないようです。ダブルハッピーエンド?)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「お熱いのがお好き」の商品はこちら