「みんなのいえ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

みんなのいえの紹介:2001年公開の日本映画。三谷幸喜・監督作品第2弾。放送作家の夫とその妻が、設計を妻の同窓の建築士に、施工を大工の棟梁をしている父に頼んで新居を建ててもらうことによる諍いをコミカルに描く。

予告動画

みんなのいえの主な出演者

柳沢英寿(唐沢寿明)、岩田長一郎(田中邦衛)、飯島直介(田中直樹)、飯島民子(八木亜希子)、須賀(白井晃)、荒川Jr.(伊原剛志)、荒川Sr.(八名信夫)、佐野(江幡高志)、八木田(井上昭文)、米田(榎木兵衛)、松前(松山照夫)、永井(松本幸次郎)、飯島セツ子(野際陽子)

みんなのいえのネタバレあらすじ

【起】- みんなのいえのあらすじ1

飯島直介はテレビの放送作家の仕事をしています。妻・民子との仲はよいほうです。
直介と民子は、郊外の土地にマイホームを建てることになりました。
民子の父・長一郎は大工の棟梁ですが、民子は父に任せると古風な家を建てられてしまうと思い、大学の後輩のインテリア・デザイナー・柳沢に頼もうと、直介に言います。
正直なところ、直介にとっては家の間取りやデザインのことはどうでもよく「今よりも書斎が広ければいい」という希望を持っている程度でした。民子は直介の他人事みたいな態度に立腹します。
柳沢は家の設計を快諾しました。但し、柳沢は建築士の免許を持っていないので登記ができません。 この映画を無料で観る

【承】- みんなのいえのあらすじ2

そこで「設計は柳沢」「建てる(施工する)のは父・長一郎」「登記は長一郎の知人の須賀」となりました。長一郎が持っているのは二級建築士の免許で、登記ができるのは一級建築士の仕事です。
柳沢は早速モダンなアメリカ風の建築デザインを図案に起こし、民子を喜ばせました。しかしそれを見た長一郎と須賀は渋面を作ります。建てる地域は第一種低層住宅に該当し、柳沢の図案だと違法建築に当たるのです。
そんなことすら知らないのかと長一郎が言い、柳沢は腹を立てました。
それを皮切りに、長一郎と柳沢の対立が始まりました。須賀は間に挟まって窮屈そうです。家に住むはずの直介と民子は、かやの外に置かれました。

【転】- みんなのいえのあらすじ3

さらに直介の母・セツ子が風水まで持ち出してきました。
トイレを北向きに作りたい長一郎、南に配置したい柳沢、1階に作りたいセツ子…全員の希望を聞き入れると、家に住むのは2人なのにトイレだけで3つもあります。
そのうち大工で施工側の長一郎が「とにかく作ってしまえ、作ってしまえば勝ちだ」とばかりに、暴走を始めました。
全面洋式の家を作りたかった民子と協議して「一部屋だけ和室を入れる」と言質を取った長一郎は、6畳の和室を勝手に20畳に変更します。
長一郎の暴走ぶりに対抗するのが柳沢です。壁の色が既成の色では気に入らないと、ペンキ屋が塗った壁にペンキをぶちまけました。 この映画を無料で観る

【結】- みんなのいえのあらすじ4

昔気質の大工・長一郎と、妥協を許さないアーティスト・柳沢、どっちも頑固な似た者同士なので妥協点が見つかりません。
しかし柳沢がトイレのタイルに昔風の竹割りを提示したことから、長一郎の柳沢を見る目が変わります。アメリカ風と言いますが、柳沢も昔からあるよきものを大事に思っていました。
意気投合しそうな2人を見て、直介はやきもちを焼きます。
嵐の夜、家の見回りに行った長一郎と柳沢が鉢合わせ、直介が現場に急行したことから柳沢が負傷しました。柳沢は顧客の西洋家具を修理する仕事がありました。修理は長一郎が完遂します。
お披露目の日、完成した立派な家を長一郎と柳沢は丘の上から満足げに見つめました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「みんなのいえ」の商品はこちら