「アフロ田中」のネタバレあらすじ結末

アフロ田中の紹介:2012年公開の日本映画。のりつけ雅春の人気コミック『上京アフロ田中』を実写化。学生時代の仲間が結婚する時はそれぞれ彼女を連れてくるという約束を思い出した田中が、彼女作りに奔走するコメディ。

予告動画

アフロ田中の主な出演者

田中広(松田翔太)、加藤亜矢(佐々木希)、大沢みきお(堤下敦 インパルス)、岡本一(田中圭)、村田大介(遠藤要)、井上真也(駒木根隆介)、ユミ(原幹恵)、田端かおる(伊藤修子)、二階堂麗子(山田真歩)、田中の母(辺見えみり)、旭工務店社長(リリー・フランキー)

アフロ田中のネタバレあらすじ

【起】- アフロ田中のあらすじ1

田中広は幼い頃から天然パーマでイジめられましたが、アフロに変えるとイジめは止みました。以来ずっと田中はアフロです。
漫然と生きる田中はノリで高校を中退し、仲間と別れて上京しました。
現在は(株)旭工務店でトンネル掘りの肉体労働をしています。24歳になりますが、まだ彼女はできていません。
ある日、田中のもとに一通の手紙が届きました。地元の仲間・井上の結婚披露宴の招待状です。
田中は焦りました。というのも、高校時代につるんでいた仲間…岡本、大沢、井上、村田…との間で約束が交わされていたからです。
約束とは「仲間5人(田中含む)のうち誰かが結婚する日には、披露宴に彼女を連れてくる」というものでした。

【承】- アフロ田中のあらすじ2

結局まだ一度も彼女がいない童貞・田中は猛烈に焦ります。
最終目標・披露宴の日までの工程「2月中に初SEX、12月25日告白、11月下旬3度目のデート&キス、11月中旬初デート&手をつなぐ、11月上旬出会い」を組み、田中はポスターに書きました。
しかし田中は女性との出会いがない生活を送っていました。
その頃ちょうど隣に加藤亜矢という美しい女性が引っ越してきますが、田中は「無理」と判断し、瞬時にあきらめます。
様子見で埼玉の実家・花崎におりたった田中は仲間たちと会いました。
皆は約束を覚えていて、しかも全員それなりの彼女を作っています。田中は彼女がいないと言えず変な嘘をつき、裏でまた焦りました。

【転】- アフロ田中のあらすじ3

手当たり次第合コンに参加して女性をゲットしようとしますが、ファッションも会話もどこかずれた田中は相手にされません。
それでも上手くいきそうな女性・ユミとの出会いがありましたが、何も起こらないまま駄目になります。
無理に彼女を作らなくてもよいのだ…既に悟りの境地に至った田中は、目標の紙を剥がしました。
その時、隣室から悲鳴が聞こえます。亜矢の部屋にゴキブリ出没で駆り出された田中は、バルサン中に亜矢を自分の部屋に招きました。
田中と亜矢はいいムードになります。
その頃、仲間4人・井上&岡本&大沢&村田は「田中は彼女がいない」と確信し、クリスマスの日にサプライズで田中の部屋を訪問しようと計画します。

【結】- アフロ田中のあらすじ4

クリスマスに田中は亜矢とデートをし、田中の部屋に行きました。
女連れの田中帰宅を想定しなかった仲間4人は、慌てて押し入れに隠れます。しかしこれが誤解を呼び、亜矢に「仲間とハメ撮り計画か」と嫌われます。田中は仲間にキレました。
披露宴の日。結婚する井上以外は彼女と別れていました。田中と和解した仲間は、口説き法を伝授します。
起死回生を狙いデートに誘った田中は亜矢に告白しますが「もう少し早く言ってくれればよかったのに」とフラれました。
実は…亜矢は最初、純朴で生真面目な田中が好きでした。最初からごりごりに押せばよかったのです。
フラれたけど仲間がいる田中はすぐさま電話し、仲間の元に行きました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「アフロ田中」の商品はこちら