「インファナル・アンフェア 無間笑」のネタバレあらすじ結末

インファナル・アンフェア 無間笑の紹介:香港ノワール映画の金字塔「インファナル・アフェア」の完全パロディ化作品。警察学校の落ちこぼれ3人組ヤン、キョン、デブ公はリック警視に潜入捜査を命じられ、学校を追い出されてアホな雑魚ヤクザのサムの手下になる。本家「インファナル・アフェア」のショーン・ユー、チャップマン・トゥ、エリック・ツァンが出演し、本家の名シーンを同じロケーション・カメラアングルとよく似た音楽で再現。香港映画界の奥行の深さを窺い知ることのできる作品である。2004年香港。脚本・監督・制作総指揮:バリー・ウォン。インファナル・アフェア3部作を観る際に、もし2作目の「インファナル・アフェア 無間序曲」の前にこの作品を観てしまうと、2作目以降の鑑賞がかなりびみょうな気分になってしまうので要注意。

インファナル・アンフェア 無間笑の主な出演者

キョン(ショーン・ユー)、ヤン(チャップマン・トゥ)、サム(エリック・ツァン)、デブ公(ラム・ジーチョン)、ワーディ(レイモンド・ウォン)、リック警部(ナット・チャン)、マンディ(キャンディ・ユー)、アテナ(特別出演アテナ・チュウ)、一代目ハウ(監督の父ウォン・ティンラム)、警察学校のメタボ(バリー・ウォン)

インファナル・アンフェア 無間笑のネタバレあらすじ

【起】- インファナル・アンフェア 無間笑のあらすじ1

某年某月某日某都市。警察学校の訓練生ヤンは校長とリック警部に呼び出されます。警部「俺はどんな人間だと思う?」ヤン「ダサい頑固親父で通ってますから、まーそんなもんかと」。
ヤンはキョンとデブ公と3人で黒社会への潜入捜査を命じられます。3人が退学になるのを見守る訓練生たちに教官が怒鳴ります。「お前たちもああなりたいか?」門の外では3人が女の子をナンパしてイチャイチャしています。
訓練生のワーディは手を挙げて叫びます。「なりたい!」その後アホ3人組はショボい悪事しか働けず、チンピラに落ちぶれて街で警官になったワーディから見下されます。
3人はビルの屋上でリック警部と密会しますが、1年経っても潜入に成功しない3人のせいで降格続きの警部は「自分が記録を抹消したら一生チンピラのままだ」と脅し、ロブスター組のアホで有名なサムの工場への潜入を命じて、ヤクザらしく見えるようにと偽物のロレックスを配ります。

【承】- インファナル・アンフェア 無間笑のあらすじ2

警部に校長は無間地獄に落ちたと聞いて見に行くと、巨体のブスと結婚式を挙げた校長が泣きながら車に乗せられて行きます。
その「公開処刑」を3人は陰から敬礼で見送りました。アホ3人組はサムの修理工場で雇われることになり、さっそくサムの妻マンディが経営するエステサロンでタイ人のマッサージ嬢に化けて黒社会四大天王の妻たちのクレーム対応をさせられます。
ワーディは警察内で順調に昇進していましたが実はサムの手下で、マンディに憧れて命令に従い警察に潜入していたのです。
ワーディはマンディから黒社会の大親分ハウの暗殺を命じられカラオケ店に行きますが、ハウはビキニ姿の美女たちの乱入に興奮して心臓麻痺で死亡します。四大天王のチン、ソイ、トン、グワがハウの組織を見限る相談をサムとしていると、2代目ハウが現れ四大天王の妻たちを人質に取ったと言います。
四大天王はこれで自由に遊べると大喜び、亡きハウに乾杯しました。

【転】- インファナル・アンフェア 無間笑のあらすじ3

リック警部はサムと四大天王とハウの会合をアホ3人組の隠しカメラの映像で監視します。サムはタイから仕入れた女たちを3人に確認させ、キョンに「売春婦がいる!」と叫ばせます。
そこにワーディから「内通者がいる」とメールが来て、サムは女たちを放させます。警察が出動して踏み込むと、サムと四大天王とハウが仲良く歌って踊っていました。
警部はまたサムを取り逃がしたと悔しがります。実は警部とサムは幼なじみでマンディを取り合った仲で、3人を潜入させたのもサムを逮捕してマンディを取り戻すのが目的でした。アホ3人組は美人婦警3人に一目ぼれして苦労の末、付き合うことに成功しました。
ハウはサムと四大天王を消そうとしていました。ビルの屋上で、マンディは警部にサムを助けてと頼みます。そこにハウの手下が襲って来て警部と戦いになり、飛び蹴りで勢い余った警部は屋上から飛び出してヤンの乗って来たタクシーの屋根に落ちます。

【結】- インファナル・アンフェア 無間笑のあらすじ4

3人組は車で逃げようとしてマンディを轢いてしまいます。警部とマンディは事故の後遺症で精神病院に入り、サムは映画館でワーディにもう足を洗うと告げます。
ヤンが婦警に自分は警官だと打ち明けると、「毎日二百人位のチンピラが自分は潜入捜査官だと言ってる」と笑われます。ヤンはマンディの携帯からワーディをビルの屋上に呼び出します。ワーディは3人組と婦警たちに正体がバレますが、そこへハウと四大天王が来て善人になりたいと自首します。
その時、婦警のシャロンが皆に銃を向けます。シャロンもサムの手下で性転換して婦警になったのです。ワーディとシャロンは全員をエレベーターにぎゅうぎゅうに詰め込み、1階に到着したエレベーターが開き人が雪崩のように出てくる・・・という脚本をヤンは映画監督に売り込みますが、道に投げ捨てられてしまいます。
そこへ通りかかった劉●強がそれを拾い映画「無間道」を作り、映画賞を総なめにしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「インファナル・アンフェア 無間笑」の商品はこちら