「ウェディングクラッシャーズ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ウェディング・クラッシャーズの紹介:2005年公開。結婚式を荒らして女性達をナンパする二人の男性が、ある女性と出会った事がきっかけで起こる騒動と愛を描いた作品。多数の豪華な出演者で贈るロマンチック・コメディ。監督は「ジャッジ 裁かれる判事」のデヴィッド・ドブキン。主演は「クーデター」のオーウェン・ウィルソンと「ドッジボール」のヴィンス・ヴォーン。

予告動画

ウェディングクラッシャーズの主な出演者

ジョン・ベックウィズ(オーウェン・ウィルソン)、ジェレミー・グレイ(ヴィンス・ヴォーン)、ウィリアム・クリアリー(クリストファー・ウォーケン)、クレア・クリアリー(レイチェル・マクアダムス)、グロリア・クリアリー(アイラ・フィッシャー)、キャサリーン・クリアリ(ジェーン・シーモア)、サック・ロッジ(ブラッドリー・クーパー)、チャズ・ラインホルド(ウィル・フェレル)

ウェディングクラッシャーズのネタバレあらすじ

【起】- ウェディングクラッシャーズのあらすじ1

ジョンとジェレミーの楽しみは、結婚式に出席して女性達をナンパすることです。盛り上がってる女性達をおとすために、嘘をついて口説いていきます。
今年も多数の結婚式に出席して、幸せを満喫する二人でした。しかし、ジョンはこれでいいのかと疑問に思い始めます。
そんな時、ジェレミーが次の結婚式に出席しようと話しを持ち掛けてきます。それは財務長官のクレアリー家の娘さんの結婚式でした。きっと豪華な食事や美女達がいると睨んだのです。
いつものように嘘をついて、結婚式に潜り込みます。ジェレミーは財務長官の娘で、花嫁付添い人のグロリアを狙うことにします。
ジョンはというと花嫁付添い人で、財務長官の娘のクレアに一目惚れをしてしまいます。いつもとは違って、真剣な様子です。
早速、ジョンはクレアに声をかけます。しかし、クレアの母の言い寄られてしまいます。
ジェレミーはグロリアを上手く騙せて、人のいない所でエッチをします。しかし、彼女が処女で初めてだった事や、異常な愛情表現に困って帰りたくなります。 この映画を無料で観る

【承】- ウェディングクラッシャーズのあらすじ2

ジョンは、クレアのスピーチを手助けしてあげます。また、財務長官とも話しが合って人気者になります。
しかし、クレアには婚約者のサックがいました。それを見てもジョンは彼女を諦めることはできませんでした。
グロリアがジェレミーを家に招待しようとします。ジェレミーは遠慮したいのですが、ジョンの賛成もあってグロリアは押し切ります。
到着して早々、家族でタッチ・フットボールをすることになります。ジェレミーはサックにタックルされて倒れます。
その後、夕食の時間になって、ジェレミーがジョンに手助けをします。お腹が痛くなる薬を渡してくれます。
食べる前のお祈りで、ジョンはサックの飲み物に薬を入れます。個性豊かな家族によって、夕食はちょっとした騒ぎになります。
お腹を壊したサックはトイレに駆け込み、クレアは外へと気分を変えに行きます。ジョンが追いかけるために靴を履き替えていると、キャサリーンが迫ってきます。
その後、クレアに話しに行きますが、サックの看病のために途中止めになってしまいます。
夜も更けて、ジェレミーが寝ているとグロリアに手足を縛られて襲われます。お次は、財務長官の息子でゲイのトッドからも襲われますが、何とか逃げ切ります。

【転】- ウェディングクラッシャーズのあらすじ3

翌朝、ジェレミーは帰りたいと言いますが、ジョンの頼みでもう少し頑張ることにします。
体調が少し回復したサックは、友人にジョン達の弱みを調べてもらいます。
皆でヨットに乗った後、ジョンはクレアをサイクリングに誘います。しかし、復活したサックがウズラ狩りを提案してきます。
狩り中にジョンがよけたことで、ジェレミーのお尻にサックの撃った弾が当たります。ジェレミーはグロリアに手当してもらいます。その時に、彼女が処女だったのが嘘であることが分かります。
ジョンはクレアと時間を共に過ごします。クレアもジョンに惹かれ始めます。
そんな盛り上がりを見せた時、ジェレミーが財務長官の母に銃で襲われます。嘘がバレてしまったのです。
ジョンとジェレミーは家に帰ることにします。それから数カ月が経って、ジョンはクレアの事が忘れられませんでした。
一方、ジェレミーはグロリアのことが本気で好きになっていきます。ついには結婚することも決めます。
諦めきれないジョンは、クレアの婚約パーティーにウェイターとして潜り込みます。ジェレミーにも協力を要請しますが、彼は最近忙しい様子で渋ります。 この映画を無料で観る

【結】- ウェディングクラッシャーズのあらすじ4

一人で潜り込んでいたジョンは、サックに見つかってボコボコにされます。ジェレミーに会いに行くと、グロリアと盛り上がっていました。
ジェレミーはグロリアの事をジョンに言っていませんでした。それからジョンとジェレミーは仲が悪くなってしまいます。
ジョンは一人で他の人の結婚式に出席して、荒らしまわります。そして生活が廃れていきます。
ジェレミーは、師のチャズから結婚式荒らしを教えてもらいました。会ったことのないジョンは会いに行きます。
チャズから葬式での荒らし方を習って、一緒に実行しに行きます。ジョンはそこで未亡人となった女性の涙を見て、大切な事に気づきます。
行くつもりのなかったジェレミーとグロリアの結婚式に出席します。そしてジョンはクレアと久しぶりに会話をして、自分の思いを伝えます。
サックが横入をしてきますが、クレアはジョンの事が好きで婚約を解消します。財務長官も娘の意思を尊重します。
ジョンとクレアが結ばれて、ジェレミーとグロリアと一緒に車に乗り込みます。4人で結婚式を荒らしに行こうと冗談交じりに言ってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、興行収入が3億ドル近いヒットをした作品になります。その理由の分かるドタバタ感や、仲間との友情、どこか心温まるストーリーが素晴らしいです。
出演者が豪華なのもヒットした理由の一つだと思います。「クーデター」や「シャンハイ・ナイト」のオーウェン・ウィルソン、「ドッチボール」や「インターンシップ」のヴィンス・ヴォーン、「ディアハンター」や「デッドゾーン」のクリストファー・ウォーケン、「きみの読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「グランド・イリュージョン」のアイラ・フィッシャー、「世界にひとつのプレイブック」や「アメリカンハッスル」のブラッドリー・クーパーが出演しています。
彼等の演技が素晴らしいの一言です。特にブラッドリー・クーパーがコメディ映画に出演しているのを初めて見たので新鮮さを感じました。
ストーリーは、プレイボーイの二人の男性が大切なものに気づいていく展開が良かったです。グロリアのハチャメチャっぷりも面白くて、また見たくなる映画です。
音楽を担当しているのは、「サイドウェイ」や「キューティ・ブロンド」のロルフ・ケントです。場面ごとに違和感の無い素晴らしい選曲が良かったです。
最後まで見終わって、大ヒットした理由の分かる映画です。コメディ要素だけでなく、ドラマ性や感動する場面もあって面白かったです。

映画の感想を投稿する

映画「ウェディングクラッシャーズ」の商品はこちら