「ウソツキは結婚のはじまり」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ウソツキは結婚のはじまりの紹介:2011年公開。ウソをついてしまった男性が、結婚したい女性のために周りの人々を巻き込んでいく騒動を描いた作品。1969年の「サボテンの花」のリメイク。監督は「ビッグ・ダディ」のデニス・デューガン。主演は「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラーと「グッド・ガール」のジェニファー・アニストン。「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンも出演。

この映画を無料で観る

予告動画

ウソツキは結婚のはじまりの主な出演者

ダニー・マカビー(アダム・サンドラー)、キャサリン・マーフィー(ジェニファー・アニストン)、パーマー・ドッジ(ブルックリン・デッカー)、エディ・シムズ(ニック・スウォードソン)、デヴリン・アダムス(ニコール・キッドマン)、マギー・マーフィー(ベイリー・マディソン)、ジョアンナ・デイモン(ミンカ・ケリー)

ウソツキは結婚のはじまりのネタバレあらすじ

【起】- ウソツキは結婚のはじまりのあらすじ1

今から遡る事13年前、心臓科医を目指すダニーは結婚を控えていました。鼻が大きな家系の彼を、結婚相手の女性は陰口を叩き、浮気をしていました。
それを知って悲しむダニーは、酒場に行って既婚者だと嘘をつきます。妻の非道ぶりをネタに美女と過ごすことができます。
これを機に味をしめたダニーは、心臓科医から美容整形医になることを決心します。鼻を整形して、既婚者でないのに、結婚指輪をはめて女性達を口説いていました。
医師として有名になったダニーは、助手のキャサリンと息がぴったりです。キャサリンは離婚していて、娘のマギーと息子のマイケルの二人の子供を持つシングルマザーです。
ある日、二人の子供が病院にやってきます。子供達は便のことをデブリンと呼んでいました。デブリンはキャサリンが大学時代に嫌っていた友人の名前です。
ダニーはパーティーで知り合ったパーマーと結婚したいと思います。うっかり結婚指輪を持っている事が仇になってしまいます。
彼女の職場まで乗り込んで、離婚するから大丈夫だと伝えます。パーマーは奥さんと会いたいと言うので、ダニーは咄嗟に妻の名前をデブリンと伝えます。
本当は結婚していないのに、デブリンが必要になります。キャサリンにデブリン役を頼みます。ゴージャスな妻にするために、高価な服などをキャサリンに買ってあげます。

【承】- ウソツキは結婚のはじまりのあらすじ2

ゴージャスなデブリンへと変身したキャサリンと、パーマーとダニーの3人の食事が開かれます。夫婦を演じるために、ある事ない事言いまくります。
無事に食事が終わって帰る時に、キャサリンに子供達から電話がかかってきます。子供がいた事に驚いたパーマーは、ぜひ会いたいと言ってきます。
ダニーはパーマーと結婚するためにも、子供達を買収します。マイケルの要望はハワイに行って、イルカと泳ぐことでした。さすがにそれは無理だというダニーに、ゲームで手を打ってあげます。
キャサリン一家と、ダニーとパーマーで遊ぶことになります。順調に思えましたが、マイケルがイルカと会えないと泣く演技をします。
それを見たパーマーのリアクションを見て、ダニーは全員でハワイに行くことを承諾します。キャサリンに買った服もそうでしたが、クレジットカードをどんどん使うダニーでした。
実はデブリンには恋人がいるという事にしていました。その相手の名前はドルフで、まさかの彼が登場します。
ドルフを演じるのは、ダニーのいとこのエディです。どうやらまずい事をやらかして、ハワイに逃げたいのが理由のようです。しょうがなく彼も連れて行くことにします。彼の旅費はもちろんダニーのクレジットカードです。
ハワイに到着すると、高級ホテルのスイートしか空いてませんでした。ダニーはクレジットカードを使います。
ドルフは羊を売っている商売をしていると、適当な事をパーマーに伝えます。

【転】- ウソツキは結婚のはじまりのあらすじ3

我慢の限界に来ていたキャサリンは帰りたくなります。そこにまさかの本物のデブリンが登場します。
デブリンはipodの発案者の男性と結婚して金持ちな様子です。負けたくないキャサリンは、医者のダニーを夫と嘘をつきます。本物のデブリンを皆には紹介しないで済みます。
翌日は、6人で冒険ツアーに行きます。綺麗な滝があって泳ぐことにします。そこでイルカと泳ぎたいと言っていたマイケルが、金づちであることが判明します。
夜はパーマーが気を使って、子供達の面倒をダニーと見ると言ってくれます。エディと一緒では何もする気にもなれず、部屋の中で子供達の心配をすることにするキャサリンでした。
マイケルは本物のパパが会ってくれない事を悲しみます。パーマーはダニーに目くじらを立てて、翌日はキャサリンと二人でエステに行くことにします。マギーとマイケルに、ダニーとの時間を作らせてあげたかったのです。
ダニーはゴルフ場で仲良さそうな写真を撮ることにします。証拠があれば大丈夫だと考えたのです。
その後、イルカと泳ぐためにもマイケルの水泳の練習を始めます。その様子を見たキャサリンとパーマーも応援をします。
するとデブリンが登場します。パーマーにバレないように、エディがパーマーを水の中に突っ込みます。
デブリンはキャサリンと食事に行こうと誘ってきます。ダニーはパーマーから夜の誘いを受けて興奮中です。
しかし、キャサリンがどうしても顔を立てて欲しいことから、ダニーに夫役を頼みます。エディにパーマーと遠くに連れて行ってもらいます。 この映画を無料で観る

【結】- ウソツキは結婚のはじまりのあらすじ4

デブリン夫妻とキャサリン達が食事をしていると、フラダンス大会が開かれます。デブリンとキャサリンはお互いに競い合いながら出場します。
二人の接戦となって一対一になります。結果は引き分けとなって、延長戦をデブリンが要望します。
手を使わずにココナッツ越しにキスをする競技です。お互いに夫とペアになって行います。キャサリンとダニーのペアが優勝を果たします。
盛り上がった二人は部屋でキスしようとしますが、子供達が現れて中止します。キャサリンは誰よりもダニーの事を知り尽くしていました。ダニーもキャサリンに隠し事がありませんでした。
羊が倒れて、蘇生を試みて酔っぱらったエディとパーマーが帰ってきます。エディが本当の事をパーマーに喋ってしまっていました。
それを聞いたパーマーは明日結婚式を挙げようと言います。それを聞いたキャサリンは複雑な心境です。
翌日、式には出席しないキャサリンは、デブリンに本当の事を話します。デブリンも本当の事を話して、夫と別れる様子です。その時にキャサリンはダニーの事を愛しているかもと言っていました。
それを聞いていたダニーが現れます。彼はパーマーよりもキャサリンを選びます。
パーマーはテニスプレーヤーの新しい彼を見つけます。帰国して、ダニーとキャサリンが結婚式を挙げてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、興行収入2億ドルを超えたヒット作です。最高に笑える映画として名高い作品になります。
一方で専門家の評価は、高いものではありません。ゴールデンラズベリー賞に5部門ノミネートされているほどです。視聴側と専門家とのギャップのある不思議な映画となります。
コメディ映画として笑える場面が盛りだくさんになっています。序盤で眉毛の整形に失敗した女性や、フラダンス大会で尻をつかむ男性の姿には爆笑必須です。
面白いだけかと思いきや、ストーリーもしっかりとしています。最初は医者と助手の関係だった二人が、恋に落ちていく様をしっかりと描いて感動します。
主演の二人の掛け合いも面白く、コメディ会の名優と言っても過言ではありません。更に、ニコール・キッドマンが登場して作品を盛り上げています。
視聴した翌日の目覚めは、笑い過ぎたことで、すっきりとすることができます。この映画に巡り合えた事に感謝することができる作品になります。笑いたい時には、この作品をお勧めします。

映画の感想を投稿する

映画「ウソツキは結婚のはじまり」の商品はこちら