「エイトレンジャー」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

エイトレンジャーの紹介:2012年公開の日本映画。関ジャニ∞が長年、コンサートで披露してきたスーパー戦隊のパロディを、堤幸彦監督が映画化。荒廃した2035年の日本を舞台に、平和を取り戻すため、立ち上がった7人の青年たちの活躍を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

エイトレンジャーの主な出演者

横峯誠(横山裕)、渋沢薫(渋谷すばる)、村岡雄貴(村上信五)、丸之内正悟(丸山隆平)、安原俊(安田章大)、錦野徹朗(錦戸亮)、大川良介(大倉忠義)、鬼頭桃子(ベッキー)、仁科遥(蓮佛美沙子)、警察庁長官(竹中直人)、三枝信太郎(石橋蓮司)、シルバー(舘ひろし)、総統(東山紀之)

エイトレンジャーのネタバレあらすじ

【起】- エイトレンジャーのあらすじ1

近未来、2035年…。
日本は超少子高齢化社会と不景気で治安が悪化しました。警察は機能せず、略奪や誘拐が頻発します。特に子どもを誘拐し、優秀な子は富裕層に、そうでない子は臓器売買に売られます。
円は価値を失い新通貨「カン(関)」が流通し、環境汚染で硫酸の海となっていました。
地方都市の一つ・八萬市では、治安維持のため自警団・ヒーロー協会が設立され、キャプテン・シルバーが市民の味方です。
ヤミ金から逃げるニートの横峯は、三枝からスカウトされヒーロー協会に入りますが、メンバーはショボい青年ばかりです。
・レッド…渋沢薫 アルコール依存症
・ナス…村岡雄貴 モテたい童貞男、インプラントで八重歯が光る

【承】- エイトレンジャーのあらすじ2

・オレンジ…丸之内正悟 ネット買物依存症 「しかし」が口癖
・ブルー…安原俊 青オタク、買いあさる
・イエロー…錦野徹朗 ロックの一発屋で俺好き 俺グッズ作る
・グリーン…大川良介 人の言うこと信じて詐欺に遭いまくり なぜか鹿児島弁
横峯は「ブラック」を担当し、メンバーのリーダーとなりました。
同じ頃、八萬署にも正義感溢れる女性刑事・鬼頭桃子が配属され、シルバーに憧れる新米女性刑事・仁科遥と組んで捜査しました。
最大のテロリスト集団は「ダーク・クルセイド」に立ち向かうため、メンバーはシルバーに教えを乞いますが、他人を警戒するシルバーは断りました。
メンバーはシルバーを尾行し正体を突き止めます。

【転】- エイトレンジャーのあらすじ3

シルバーの動画を撮り部屋を漁ったメンバーが脅迫し、シルバーも含めた8人・エイトレンジャーの訓練が始まりました。遥を好きなナスがシルバーをライバル視します。
特訓してもヒーロースーツを使いこなせない丸之内と安原と錦野と大川はダーク・クルセイドの罠にかかり、助けた横峯たちは「本気で誰かを救いたいと思った時」スーツが起動することを知りました。
ダーク・クルセイドの第3舞台を率いるMr.ダークが八萬署を占拠し、1時間以内にシルバーとブラックが来なければコンビナートに仕掛けた爆弾を爆発させると言います。
エイトレンジャーは爆発物を撤去し、Mr.ダークに立ち向かいました。
Mr.ダークの正体は桃子でした。 この映画を無料で観る

【結】- エイトレンジャーのあらすじ4

桃子の母は無実の罪を着せられ警察に殺され、刑事・横峯正義ことシルバーを憎んでいました。シルバーは幼い頃に横峯を捨てて家を出た実の父でした。
殺人事件の犯人は警察庁長官の息子・東浦一幸で、一幸は出頭しますが、長官が揉み消して桃子の母に罪を着せました。それを知った横峯の父と三枝は刑事を辞め、ヒーロー協会を立ち上げました。
横峯をかばってシルバーが撃たれ死にます。桃子は逮捕されました。
一幸はダーク・クルセイドの総統になり、父に復讐を誓っていました。
(エンドロール)ダチョウ倶楽部が入隊希望。ナス、遥にフラれる。
(エンド後)7人はセブンイレブンの上から飛ぼうとするもスーツは私用には使えないと判明。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「エイトレンジャー」の商品はこちら