「クヒオ大佐」のネタバレあらすじ結末

クヒオ大佐の紹介:2009年公開の日本映画。巧みな話術で女たちから1億円もの大金を騙し取った、実在の結婚サギ師・クヒオ大佐を堺雅人が演じるドラマ。彼と3人の女たちとの、少しおかしくて、少しせつない人間模様が描かれる。

この映画を無料で観る

予告動画

クヒオ大佐の主な出演者

クヒオ大佐(堺雅人)、永野しのぶ(松雪泰子)、浅岡春(満島ひかり)、須藤未知子(中村優子)、永野達也(新井浩文)、高橋幸一(児嶋一哉)、木下理香(安藤サクラ)、藤原(内野聖陽)、官房長官(大河内浩)

クヒオ大佐のネタバレあらすじ

【起】- クヒオ大佐のあらすじ1

ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐は、ハワイ生まれでアメリカ海軍所属の特殊部隊パイロットという、華麗なる経歴の持ち主です。
しかしどう見ても日本人で、不自然に高い鼻は整形手術ではないかと思われます。はっきりいって胡散臭いです。
それもその筈、クヒオは結婚詐欺師の常習犯で、被害届が出ていました。
1990年初頭、湾岸戦争が勃発した頃、クヒオ大佐は永野しのぶという女性をターゲットに、結婚を餌にして金を巻き上げていました。
しのぶは社長ですが経営するのは小さな仕出し弁当屋「ナガノ」なので、巻き上げる金も25万とか40万程度です。クヒオは「結婚すれば軍から5000万の祝い金が入る」と嘘を言いました。

【承】- クヒオ大佐のあらすじ2

両親に先立たれ、できの悪い弟・達也を育てるのに苦労したしのぶは、男性と交際したことがなく騙されています。
クヒオ大佐は新たに2人の女性をターゲットにしました。
1人は小田山自然科学館勤務の学芸員・春です。春は同僚・高橋と別れた直後で、謎めいたクヒオ大佐に惹かれます。
もう1人は銀座のNO.1ホステス・未知子です。しかし未知子の方が一枚上手でした。
田島官房長官から1億3千万巻き上げる実力を持つ未知子は、逆にクヒオ大佐に独立資金をおねだりします。
ある時クヒオ大佐が電話すると、しのぶの弟・達也が出ました。電話なのに一発で胡散臭さを見抜いた達也は、流暢な英語でクヒオ大佐に話しかけます。

【転】- クヒオ大佐のあらすじ3

ファミレスに呼び出した達也は、クヒオを脅して100万円巻き上げようとしました。クヒオは隣の席の、子どもを叱る父親にキレて掴みかかります。
クヒオ大佐はしのぶに甘い言葉を言って100万を引き出し、達也に渡しました。帰宅した達也は、給料を要求するパート事務員に詰め寄られる姉・しのぶを見て金の出所を知り、クヒオが結婚詐欺師だと言います。
横領で逮捕された官房長官の聞き込みに現れた警視庁捜査二課に、未知子はクヒオの方が胡散臭いと言いました。捜査二課はクヒオ逮捕に動き始めます。
クヒオは春とのベッドインに成功しましたが、春は翌日、レプリカ制服オーダーメイドの店を見つけ、クヒオの正体に気づきました。 この映画を無料で観る

【結】- クヒオ大佐のあらすじ4

春はクヒオに詰め寄って海に落ち、クヒオはしのぶが連れて逃げ、春は弟・達也が助けます。
しのぶはクヒオに心中しようと言い、最後の晩餐として仕出し弁当を2人で食べます。弁当に毒キノコを入れたしのぶですが、しのぶの勘違いで毒はありませんでした。
クヒオは北海道の貧乏な家庭に生まれ、父から暴力を受けました。海と空を見て育ったクヒオはパイロットに憧れ、夢見がちな女性を選んでは詐欺を働きました。
捜査二課に逮捕されるクヒオを政府関係者・藤原が助け、藤原からアメリカ海軍の特殊部隊が助け、クヒオはヘリで空を飛ぶ空想をします。
逮捕されたパトカーの中でも、クヒオは幸せな空想をして微笑んでいました(懲りてない)。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「クヒオ大佐」の商品はこちら