「クロコダイルダンディー」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

クロコダイル・ダンディーの紹介:1986年公開。オーストラリアの奥地に住む探検家が、ニューヨークにやってきて巻き起こす騒動を描いた作品。「クロコダイル・ダンディー」シリーズの第一作目。アカデミー賞では脚本賞にノミネートされた。撮影は「ライアー ライアー」のラッセル・ボイド。出演者のポール・ホーガンとリンダ・コズラウスキーは共演がきっかけで結婚。

予告動画

クロコダイルダンディーの主な出演者

マイケル・“クロコダイル”・ダンディー(ポール・ホーガン)、スー・チャールトン(リンダ・コズラウスキー)、ウォルター・ライリー(ジョン・マイロン)、リチャード・メイスン(マーク・ブルーム)、サム・チャールトン(マイケル・ロンバート)

クロコダイルダンディーのネタバレあらすじ

【起】- クロコダイルダンディーのあらすじ1

ニューヨークで新聞記者をしているスー・チャールトンは、ワニに脚を食いちぎられ、街まで戻った伝説の男の取材を恋人で編集長のリチャードに頼みます。
その男はオーストラリアの奥地に住み、「クロコダイル・ダンディー」の名を持っていました。
現地でヘリの到着すると、ダンディーのパートナーのウォルターが案内してくれます。ホテルの予約もしてくれて、バーにダンディーを探しに行きます。
バーでは男達が酒を頭に乗せて、落とすかどうかを賭けて遊んでいました。そこにワニの剥製を持ったダンディーが現れます。
彼の足は食いちぎられていなく、咬まれた後が残っている状態でした。どうも尾ひれがついてしまったようです。
翌日スーは、ダンディーにワニに咬まれた場所に連れて行ってもらいます。現地で案内人を務めるダンディーは、途中で野牛に会いますが、先住民育ちの術で大人しくさせてしまいます。
ウォルターは途中で帰り、ダンディーはスーを案内します。大きな歯形の残った小舟を見せて、スーは写真を撮ります。
夜も更けて来て、キャンプができる場所に向かいます。毒蛇がいましたが、ダンディーにとっては大したことではありません。

【承】- クロコダイルダンディーのあらすじ2

スーは寝ていると銃声が聞こえてきて起きます。街の連中がカンガルーを遊び半分で射殺しているのです。
違法ではないものの、ダンディーはカンガルーを被って、銃を持たせているように見せます。そして、連中に銃弾をおみまいしてやり、彼らは恐ろしくなって逃げていきます。
翌朝、スーはダンディーから、ここは都会の女性ではなく、男の住む場所だと言われます。ムッとしたスーは、一人で目的地まで向かいます。
心配なダンディーは見つからないように後をつけます。スーが川で水を汲んでいると、ワニが襲ってきます。すかさず現れたダンディーがワニを倒します。
夜が更けて来て、キャンプしているとダンディーの友人の先住民が現れます。どうやらこれから集会が開かれるとのことです。
女性禁止のため、スーを置いてダンディーは参加します。隠れて写真を撮ろうとすると、ダンディーが気づいていて撮るのを辞めるスーでした。
翌日、ダンディーが襲われて助かったエコー湖に到着します。食料が多く、イモとオオトカゲをスーにご馳走します。それらは不味いので、ダンディーは持ってきていた缶詰を食べます。
スーはダンディーをニューヨークに連れて行きたいと誘います。気があるのかもと言われたダンディーは、スーにキスをします。

【転】- クロコダイルダンディーのあらすじ3

ニューヨークに行くことになったダンディーは、初めての飛行機に驚きます。到着して、エスカレーターにも驚きます。
高級車に乗って、豪華なホテルに宿泊することになります。ビデが何か分からなくて不思議なダンディーでしたが、使い方を閃いてスーに自慢します。
一人になったダンディーはニューヨークを歩きます。道行く人全員に挨拶していると、多すぎて大変になります。
標識によじ登って周りを見渡していると、馬に乗った警官がホテルまで乗せて行ってくれます。
夜になって、スーとリチャードと3人で食事に行きます。嫉妬するリチャードがダンディーに嫌味を言ってきます。見えないように、リチャードに一発かましてやるダンディーでした。
スーとリチャードが家に帰ったので、ダンディーはタクシー運転手と仲良くなってバーに行きます。ダンディーにオカマが近づいてきて、あそこを触って男と分かります。
帰ることになって、ダンディーは外にいた娼婦を普通に口説こうとします。雇い主の悪い男がやってきて、邪魔されたダンディーは一発殴ってやります。
翌朝、スーが迎えに来てくれます。スーの冗談じみた色仕掛けに慌てるダンディーでした。
スーはダンディーをニューヨークの街で撮影します。ひったくりが現れて、ダンディーの見事な送球にひったくり犯はやられてしまいます。

【結】- クロコダイルダンディーのあらすじ4

スーは友人のパーティーにダンディーを連れて行きます。コカインを鼻から吸っている男がいたので、ダンディーは鼻づまりだと思います。
お湯を使って、鼻づまりを治す方法を教えてあげます。大量のコカインが無駄になりますが、男は気づいていません。
道を歩いていると、ダンディーとスーの前に少年がナイフを使って脅してきます。ダンディーは常備している大きなナイフを見せます。少年達は逃げていきます。
スーの父親は新聞社の社長でした。パーティーが開かれるので、ダンディーも出席することになります。
リチャードはスーを救ってくれたダンディーにお礼を言って、スーに結婚指輪を渡します。ダンディーとスーはお互いに悩んでいる様子です。
ダンディーはホテルに帰る前に酒を買いに行きます。すると、娼婦の雇い主の悪い男と再度出くわします。仲間がいてピンチになります。高級車の運転手が助太刀してくれて、ダンディーは助かります。
翌日、ダンディーはホテルを出て「ブッシュ歩き」と称してアメリカを旅しようとします。スーは急いでダンディーを追いかけます。
地下鉄に向かった情報を頼りに、ホームに行きます。人が多すぎて通れません。間にいる二人の男性が伝言ゲームのように、スーとダンディーの会話を助けてくれます。
スーはリチャードと結婚するのを辞めて、ダンディーの事を愛していると伝えます。ダンディーは人が多すぎるので、彼らを踏み台にしてスーの元へ向かいます。
盛大な拍手が起きて、二人は抱き合います。終わりです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、何と言っても最後のスーとダンディーの伝言ゲームのやり取りの場面です。人が多すぎて話しができないスーに、二人の男性が言葉を伝えてくれます。
結婚をやめたことを伝えると、ダンディーがなぜなのか聞いてきます。それは愛しているからだと伝えて、ダンディーは皆を踏み台にして傍に行きます。その時に周りの人達が祝福している様子は微笑ましく、感動の場面で最高です。
面白かった場面は、少年達がナイフで脅してくるシーンです。彼らのナイフの倍以上の大きなナイフを取り出したダンディー。少年達は慌てて逃げて面白かったです。
注目して欲しいのはその後のダンディーの言葉で、ただの子供の遊びだよ、と言います。ダンディーの度胸と懐の大きさがとてもかっこ良かったです。
後は、高級車を運転している男性が、ダンディーを救う場面があります。車の後ろの部品をブーメランのようにして男を倒します。
ダンディーがやっぱり、部族出身じゃないかと言います。ハーレム戦士なんだよ、と男性が答える場面も面白かったです。
最後まで見終わって、アカデミー賞で脚本賞にノミネートされるだけあって、ストーリーが素晴らしかったです。ごろ寝しながら見えますし、最後はハッピーエンドで文句なしの作品でした。

映画の感想を投稿する

映画「クロコダイルダンディー」の商品はこちら