「クールランニング」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

クール・ランニングの紹介:1993年公開のスポーツコメディ映画。南国から冬季オリンピックに出場したジャマイカ史上初のボブスレー・チームの活躍を笑いと感動で描いた作品。1988年のカルガリー・オリンピックにおける実話を基にフィクションのエピソードを加えて制作された。監督は「ナショナル・トレジャー」シリーズのジョン・タートルトーブ。

クールランニングの主な出演者

デリース・バノック(レオン)、サンカ・コフィ(ダグ・E・ダグ)、ジュニア・バヴェル(ラウル・D・ルイス)、ユル・ブレナー(マリク・ヨバ)、アービング・ブリッツァー(ジョン・キャンディ)

クールランニングのネタバレあらすじ

【起】- クールランニングのあらすじ1

1988年のジャマイカで、目前にオリンピック出場をかけた試合を控えた短距離選手のデリース・ノバックは練習しています。多くの人達が応援してくれます。
街では手押し車の大会が開かれて、デリースの親友のサンカが出場します。サンカは毎年優勝をしている強者です。
デリース達も応援に駆けつけて、スタートの合図が鳴ります。結果は、途中で道を外したサンカが、屋台にぶつかって負けてしまいます。
いよいよジャマイカ代表選手をかけた短距離走の競技が始まります。デリースの横には、彼を尊敬するジュニア、しかめっ面のユルがいました。
スタートの合図で走り出すと、ジュニアが転倒してしまいます。デリースとユルは巻き込まれて、オリンピック出場を逃します。
委員会に駆け寄ったデリースでしたが、再レースはできないと言われてしまいます。壁にはデリースの父親の横で金メダルを持つブリッツァーの写真が飾られていました。
ブリッツァーはボブスレーの元金メダリストでした。昔、デリースの父親をボブスレーに誘ったことがあったのです。

【承】- クールランニングのあらすじ2

デリースは手押し車チャンピオンのサンカをボブスレーに誘います。そしてブリッツァーにボブスレーのコーチを頼みに行きます。
賭博しているブリッツァーはコーチを中々引き受けませんでした。デリースの父親との写真を見せ、デリースの説得によって引き受けてくれます。
チームに参加するメンバーを募集します。激しいクラッシュが起こって骨が粉々になる映像で説明すると、参加者達は帰って行きます。
ジュニアとユルが現れて参加することになります。ユルはジュニアを嫌いますが、どうしても外に行きたいため参加することを決めます。
ジャマイカに氷上は無いため、丘でボロボロのソリを使って練習します。速度が出過ぎてパトカーに激突し、ボブスレーしてると言うと笑われます。
オリンピックに出場するために資金援助を委員会に駆け寄ります。恥をさらすだけだと断られます。
サンカは歌を歌い、ユルは腕相撲、デリースはキスで資金を集めますが全然足りません。ジュニアが父親に内緒で、自分の車を売って資金にします。短距離走の時のお詫びだと言います。

【転】- クールランニングのあらすじ3

冬季オリンピックのカルガリーに到着して、チームの皆は寒くて服を買います。予選登録にブリッツァーが行くと、昔の知り合いに出会います。
ソリがないので譲ってもらえることになります。しかし、ブリッツァーは嫌われていました。なぜなら昔、重りを乗せて走るという不正をしたからです。
デリース達は初めて氷上を歩きます。ボロボロのソリで練習をしに行くと、他の国のチームが唖然とします。
まずは手押しでスタートします。あまりの速さにトイレを我慢していたサンカが漏らしてしまいます。
次の日の練習ではソリだけが走って行ってしまって笑いものにされます。ジャマイカの委員会は恥をさらしていると怪訝な様子です。
デリースは他の国のコーチからブリッツァーの不正の事を聞きます。そして、サンカとジュニア、ユルは飲みに行きます。
ジュニアは父親にバレて帰ってくるように電報で言われます。そして他の国のチームから、からかわれてしまいます。
ユルがジュニアを鏡に向かって強く意志を持つように訓練します。ジュニアは勢いがついて、からかわれた奴に文句を言いに行きます。
けれど、やっぱり駄目でユルがそいつをぶん殴ります。そこから乱闘騒ぎが起こります。
3人はブリッツァーに怒られます。ノイローゼ気味だと相手チームに言って許してもらえます。気合を入れて練習を始めるようにとブリッツァーが言います。

【結】- クールランニングのあらすじ4

猛練習を始めて、ついに予選が始まります。通過タイムは1分を切らなければなりません。ブリッツァーの昔のコーチが審判をします。
少しスタートが遅れましたが、予選通過します。ソリをジャマイカ色に染めて、名前をクール・ランニング「旅に無事あれ」にします。
しかし、後から失格と言われます。なぜなら国際記録がないからと言われてしまいます。今年から変更したのだと言われて、ブリッツァーが抗議します。
自分に原因があるなら今片を付けようと話し、選手には何の罪もないと言い切ります。予選突破が認められます。
ジュニアは父親が直に連れて帰ろうとしてきますが、鏡を見て男らしく説得します。
いよいよ本選になって、緊張したジャマイカチームは最下位の記録を出してしまいます。
スタートする掛け声をカッコいいスイスチームの真似をしていました。サイカが自分らしく行くべきだと言います。
次の日、掛け声をクール・ランニングにして素晴らしいタイムを出します。ジャマイカは多くの人達から応援されます。
翌日、金メダルがかかってのスタートです。更に早くスタートしますが、ソリの部品の金具が外れてしまってクラッシュします。
ブリッツァーから金メダルよりも大事なことがあると教えられたデリース。皆はソリをかついで歩いてゴールします。大きな拍手が起こって、ハグしあってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は笑顔がたくさん映っているのが印象的です。ジャマイカの人達、デリース達、そしてオリンピックで彼等を応援してくれる人達。みんなの笑顔が何よりも見ていて心を豊かにしてくれます。
からかわれても、嫌われても、雑音を気にするなと励ますコーチことブリッツァー。それに応じて結果を出すデリース達のパワーとプライドが元気を与えてくれます。
パワーとプライドはユルがジュニアを励ます時に使う言葉です。その後、勢い余って喧嘩腰に行くジュニアは面白かったです。
ストーリーの展開として素晴らしかったのは本選で失敗した次の日です。掛け声を変えて、最後に言った言葉がタイトルでもある「クール・ランニング」。身震いと共に感動した場面です。
この作品はコミカルに、そして感動を上手に描いている素晴らしい傑作です。見ている人達に、勇気と元気を与えてくれ、人と人が笑顔で生きていくことの素晴らしさを伝えてくれます。彼らのクール・ランニング!の掛け声が、多くの人達の人生の旅に無事を祈っているように感じました。

映画の感想を投稿する

映画「クールランニング」の商品はこちら