「グレムリン」のネタバレあらすじ結末

グレムリンの紹介:1984年公開のアメリカ映画。クリスマスに贈られた珍しいペットの飼育方法にまつわる騒動を描いたSFブラック・コメディ。禁忌を犯して異常繁殖したペットが騒動を巻き起こす。

この映画を無料で観る

予告動画

グレムリンの主な出演者

ビリー・ペルツァー(ザック・ギャリガン)、ケイト・ベリンジャー(フィービー・ケイツ)、ランダル・ペルツァー(ホイト・アクストン)、リン(フランシス・リー・マッケイン)、ルビー・ディーグル(ポリー・ホリデイ)、ピート(コリー・フェルドマン)、ミスター・ウィング(ケイ・ルーク)

グレムリンのネタバレあらすじ

【起】- グレムリンのあらすじ1

ペルツァー家はアメリカのキングストン・フェールズという土地で暮らす家族です。
父・ランドは発明家で、変わったアイテムを作っては営業に出かけ、母・リンはそれを陰で支える女性です。息子・ビリーは真面目に育ち、銀行に勤務していました。
ある日ランドはチャイナタウンに営業に出かけた折、骨董屋で変わった生き物・モグワイを見つけました。モグワイは子犬ほどの大きさで、茶色と白のぶち模様の、耳の大きなピグミーマーモセットのような生き物です。
老店主に売り物ではないと断られたランドは、孫にこっそり売ってもらい、ビリーへのクリスマスプレゼントにしました。動物好きのビリーは喜び、ギズモと名付けます。 この映画を無料で観る

【承】- グレムリンのあらすじ2

ところでモグワイを飼育するにあたり、3つのルールがありました。
1.日光に当ててはならない
2.水をかけたり、濡らしたりしてはならない
3.真夜中(深夜0時以降)に餌を与えてはならない
翌日、仲良しの少年・ピートが遊びに来たので、ビリーはギズモを見せました。その際に日光が少し当たり、ギズモは嫌がります。
ピートがうっかりギズモに水をかけると、ギズモから毛玉が転がり出て5匹の新たなモグワイが誕生しました。
不思議に思ったビリーは、母校の生物教師・ハンソンに1匹託します。
ギズモはビリーになついて、美しい声で歌いました。分裂してできたモグワイの1匹、頭の白いストライプはずるそうな顔をしています。

【転】- グレムリンのあらすじ3

その日の夜、時計が止まっているのを知らずに、ビリーは深夜に新たなモグワイたちに餌をやってしまいました。
モグワイたちはさなぎになり、数時間後、羽化します。出てきたのは、凶悪な顔の小さな怪物でした。ちょうど伝説上の生き物〝グレムリン〟のようです。
ストライプをリーダーとするグレムリンたちは、街のプールに入って数を増やし、悪戯を始めました。
悪戯とはいっても小さな怪物のすることですから、スケールは小さいものです。ただ数が圧倒的に多いので、街は大混乱に陥りました。
ビリーは同じ職場の女性・ケートと仲良くなり、いっしょにグレムリンの騒動を収束しようと奔走します。

【結】- グレムリンのあらすじ4

映画館に集合して「白雪姫」を見ているグレムリンの裏をかき、ビリーはガス栓を開いて映画館を爆破しました。しかしストライプだけ生き残ります。
ストライプは仲間を増やそうと、おもちゃ屋のある百貨店に入り、噴水をめざしました。
そのタイミングでギズモがカーテンを開きます。日の光を浴びたストライプは死にました。
この騒動がきっかけで、ビリーとケートはいい雰囲気になりました。
クリスマスの夜に、チャイナタウンの骨董屋の老店主がペルツァー家を訪問します。
店主は「モグワイを飼うのはまだまだ早いな」と言い、ギズモを連れて帰りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「グレムリン」の商品はこちら