「ゴーストバスターズ2」のネタバレあらすじ結末

ゴーストバスターズ2の紹介:1989年公開のアメリカ映画。『ゴーストバスターズ』の続編で、表題は「幽霊退治人」という意。解散したゴーストバスターズのメンバーが、ある騒動の収束のため、5年後に再び結成する話。

この映画を無料で観る

ゴーストバスターズ2の主な出演者

ピーター・ヴェンクマン博士(ビル・マーレイ)、レイモンド・スタンツ博士(ダン・エイクロイド)、イゴン・スペングラー博士(ハロルド・ライミス)、ディナ・バレット(シガニー・ウィーバー)、ルイス・タリー(リック・モラニス)、ウィンストン・ゼドモア(アーニー・ハドソン)

ゴーストバスターズ2のネタバレあらすじ

【起】- ゴーストバスターズ2のあらすじ1

前作(『ゴーストバスターズ』参照)でゴーストバスターズは、NY市を破壊神・ゴーザから救いました。
しかしその際に破壊した建物などの賠償金を市と州から請求され、さらに数々の違法行為の責任を押し付けられます。ゴーストバスターズ社は破産してしまいました。
それから5年後のことです。
解散したメンバーたちは、それぞれ別の道を歩んでいました。ピーターは視聴率最悪のテレビ番組『超能力アワー』の司会者をし、イゴンは今度は心理学を研究しています。そしてレイモンドはオカルト本屋を経営するかたわら、たまにウィンストンとゴーストバスターズの仮装をして芸人活動をしていました。 この映画を無料で観る

【承】- ゴーストバスターズ2のあらすじ2

ディナは一時ピーターと付き合っていましたが、その後別れて別の男性と結婚し、さらに離婚、現在は8ヶ月の息子・オスカーと暮らしています。
ある日オスカーを乗せた乳母車が勝手に動き出し、車を避けて車道を走り、交差点の真ん中で突然止まる、という怪奇現象が起きました。ディナはイゴンにこっそり相談します。
しかし勘のよいピーターにあっさりばれ、ピーターはディナとよりを戻すきっかけにしようと奮闘しました。
ピーターとイゴン、レイモンドの3人が霊力探知計で調べたところ、ディナの自宅には異常ないものの、乳母車が動いた交差点で異常な数値が出ました。

【転】- ゴーストバスターズ2のあらすじ3

地下に秘密があると睨んだ3人は、深夜に道路を無断で掘ります。
すると地下には廃止された旧NY地下鉄の線路があり、真っ赤なスライム状の霊体が流れていました。レイモンドはサンプルを採取します。
しかし誤って電力ケーブルを切断してNY市は停電し、3人は逮捕され裁判にかけられました。しかし裁判時にサンプルのスライムから裁判長が昔死刑にした殺人犯の霊が復活して暴れ始め、裁判長は退治した3人を無罪にしゴーストバスターズを再結成させます。
レイモンドとイゴンは、スライムが人間の感情を反映させることに気づきました。

【結】- ゴーストバスターズ2のあらすじ4

同じ頃マンハッタン美術館の『カルパチアのヴィーゴ』の肖像画に宿る大魔王・ヴィーゴは、自分が乗り移る肉体としてディナの息子・オスカーを狙います。ヤノシュ教授を使ってオスカーを誘拐しました。
ヴィーゴは地下に流れる真っ赤なスライムを吸い上げ、マンハッタン美術館を包みました。そして新年の瞬間と共にオスカーの肉体に乗り移る儀式を進行させます。
ゴーストバスターズはスライムを善の象徴・自由の女神にかけて動かし、悪のスライムを蹴散らしながら美術館に潜入しました。そして弱って絵に戻ったヴィーゴの霊にレーザービームを当て、祓います。
オスカーは無事、ディナのもとに戻りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ゴーストバスターズ2」の商品はこちら