「ザ・マジックアワー」のネタバレあらすじ結末

ザ・マジックアワーの紹介:2008年公開の日本映画。三谷幸喜の監督4作目で、伝説の殺し屋を演じることになった俳優が、2つの犯罪組織が対立する町で巻き起こす騒動を、豪華キャストで描くコメディ映画。

予告動画

ザ・マジックアワーの主な出演者

村田大樹(佐藤浩市)、備後登(妻夫木聡)、高千穂マリ(深津絵里)、鹿間夏子(綾瀬はるか)、天塩幸之助(西田敏行)、長谷川謙十郎(小日向文世)、黒川裕美(寺島進)、マダム蘭子(戸田恵子)、鹿間隆(伊吹吾郎)、清水医師(浅野和之)、菅原虎真(市村萬次郎)、江洞潤(香川照之)

ザ・マジックアワーのネタバレあらすじ

【起】- ザ・マジックアワーのあらすじ1

クラブ「赤い靴」の支配人・備後は街のボス天塩商会・天塩の愛人・マリに手を出して、殺されそうになります。助かる唯一の道は伝説の殺し屋〝デラ富樫〟を連れてくることでした。
しかしデラ富樫は幻の殺し屋と呼ばれるほどで、誰も正体を知りません。5日で探し出すのは無理だと判断した備後は、売れていない役者・村田にその替わりをさせることにしました。
村田とマネージャー・長谷川に「村田主演の映画を作る」と嘘をつき、港町・守加護(すかご)に連れてきます。
持ちかけられた映画『さすらいのデラ富樫』はプロットだけで台本がなく、マネージャー・長谷川は怪訝に思いますが、初の主演をもらった村田は張り切りました。

【承】- ザ・マジックアワーのあらすじ2

村田が偽者のデラ富樫だと知るのは、備後、マリ、クラブの従業員・夏子とバーテンダー・隆の兄妹、港ホテルの女主人・マダム蘭子です。
天塩に引き合わされた村田は堂々と振る舞います。また言葉も奇妙な偶然が重なって、ばれることなく対面は終わりました。
天塩は村田を気に入り雇います。というのも、天塩商会と対立するもう1つの組織・江洞(えぼら)が、ほかならぬデラ富樫を使って天塩を暗殺しようとしたからです。
天塩は村田を自分の傘下に置くことで、命の確保をしたと思いました。
その頃、天塩商会にデラ富樫を名乗る男が現れたと聞き、江洞は哄笑し、本物のデラ富樫は怒ります。デラ富樫の顔は見えません。

【転】- ザ・マジックアワーのあらすじ3

マリは備後に、命は助かったのだから早く逃げようとそそのかしますが、備後は村田のその後を考え、なかなかふんぎりがつきません。
そうこうしているうちに、まず天塩に村田が偽者だとばれ、次に村田に映画の撮影ではないことが露見しました。
備後は天塩の前で、みんな死んだふりをする計画を立てます。村田は旧知のスタッフたちを呼び寄せて協力してもらい、盛大に火薬や血糊を仕込みました。
ところが天塩を騙す芝居を始めた途端、天塩は予想の裏を欠いた行動を取ります。国税局から目をつけられ、江洞に権力を握られた天塩は、やけで死にたいと言い出しました。
それを聞いたマリが心を動かされます。天塩とマリは愛の逃避行に出ました。

【結】- ザ・マジックアワーのあらすじ4

せっかく盛大に火薬や血糊を仕込んだのに、ふいになった一同があっけにとられていると、そこに本物のデラ富樫がやってきます。
デラ富樫は、村田と同じ港ホテルに泊まる船医・清水でした。アクションして負傷した村田の傷の手当てを、事情を知らない清水は何度も行っていました。
デラ富樫を騙ったと怒る清水(本物のデラ富樫)を前に、村田たちは芝居を打ちます。「俺に拳銃はいらない」と豪語し、指の動きだけで爆発を起こすものですから、本物のデラ富樫もびっくりして退散しました。
「マジックアワー(人生で最も輝く瞬間)」を味わいつつ、村田はそれでもまだ役者を続けようと決意しました。
(エンドロール)セットが組まれる様子。

みんなの感想

ライターの感想

マジックアワー。私の人生の中でも一・二を争うほどのコメディー映画です。
最近初めて知ったのですが、マジックアワーとは、「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」という意味を持った映画用語だそうです。
妻夫木聡演じる備後登という男に騙され、街で起こる事件全てが映画の撮影だと勘違いする佐藤浩市さん演じる売れない役者・村田大樹。
思い返せばタイトルの言葉通り、佐藤浩市さん演じる村田大樹の「人生で最も輝いてやる!」という意気込みが、嘘を疑う心さえも打ち消し、観る側からはひたすら笑える名作となっていったのでしょう。

映画の感想を投稿する

映画「ザ・マジックアワー」の商品はこちら