「ジャージの二人」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ジャージの二人の紹介:無職になった息子と、仕事嫌いな父親。ワケありの親子が避暑のために北軽井沢の山荘に出掛ける。
芥川賞作家長島有の同名小説を2008年に映像化。監督は数々のヒット作を生み出した中村義洋。伝説のバンドシーナ&ロケッツの鮎川誠や、中村作品常連の堺雅人がまさかの古いジャージに身を包んだコメディ劇。

この映画を無料で観る

ジャージの二人の主な出演者

息子(堺雅人)、父(鮎川誠)、息子の妻(水野美紀)、花子(田中あさみ)、岡田(ダンカン)、遠山(大楠道代)

ジャージの二人のネタバレあらすじ

【起】- ジャージの二人のあらすじ1

真夏。仕事を辞め小説を書こうとしている息子(32)とグラビアカメラマンの父(54)は、愛犬ミロを連れ避暑のために群馬・北軽井沢の山荘にやってきました。避暑と言えば聞こえはいいですが携帯も繋がらなければカマドウマも発生する山奥で、父が幼少時に住んでいたと思われる古い家でした。
山荘は肌寒く、息子の祖母が集めていた色んな小学校のジャージを父が段ボールから出し、父子は互いに気に入ったジャージに袖を通しました。
仕事や三度目の結婚で築いた家庭が順調ではない父は、夜も眠れずにいました。一方の息子も妻に浮気をされ、妻に内緒で山荘に来たのでした。
近所に住む遠山が度々訪ねて来ます。父は遠山にカメラの修理を依頼されました。遠山とは古い付き合いですが、彼女は一度も家にあがったことがありません。父は遠山が魔女なのではないかと睨んでいました。
息子は広大なレタス畑で、片手を挙げている女子中学生を見かけます。初めは何をしているのか分りませんでしたが、携帯の電波が三本立つ穴場だと教えて貰いました。 この映画を無料で観る

【承】- ジャージの二人のあらすじ2

息子は早速、畑から妻に電話をかけますが、慌てた様子の妻に「後でかけ直す」とすぐに切られてしまいます。浮気相手の子供が欲しいと妻に言われたことを思い出した息子は苛立ち、道に迷ってしまいました。
父が車で迎えに来ると、山荘の五右衛門風呂を作ってくれた父の友人岡田も同乗していました。岡田の妻は男を作り家を出て行ったと聞き、息子は他人事に感じられません。寒がる岡田に父はジャージを貸そうとしますが、岡田が手持ちのトレーナーを着たため、父は残念そうな顔をしていました。
眠れぬ父はジャージに書かれた「和小」という校名を“なごみしょう”と読むのだと思いつきます。また父は、息子の夫婦関係がよくないことにも気付いていました。そして自分も離婚危機にあることを告白し、明日帰ろうと息子に告げました。
岡田が携帯を開閉する音で目が覚めた息子は、彼をレタス畑に連れて行きます。妻へ電話ですがる岡田の姿を息子は、切なげに離れた場所から見ていました。

【転】- ジャージの二人のあらすじ3

岡田を駅に送り、父子も帰り支度を始めました。二人はジャージを持帰ることになり、息子は父が着ていた「和小」がいいと言ってジャージを交換しました。

1年後。父と息子、息子の妻が山荘へ向かいました。レタス畑で妻に腕を組まれた息子は、咄嗟に拒みます。妻は別れたと話していた浮気相手とまだ続いていたのです。
息子の妻が買ってきたジャージを着ると、父は「あるのに…。」と、やはり残念そうです。息子は和小を、父は新たに田井小というジャージを着ました。
二日後、妻は先に帰りました。父子は“山荘に来ないか”というメールを知人に送ると、父の娘で息子の異母兄弟の花子が遊びに来ます。
ミロの鼻に癌の可能性があるおできが出来ていました。遠山がよく「化膿症」と呟くので、息子らはおできのことだと思いました。

【結】- ジャージの二人のあらすじ4

父は花子に古いジャージを用意しますが、花子は息子の妻が置いていった今時のジャージを着たため、がっかりしました。
花子がビデオを見たいと言うので、三人は遠山の家にデッキを借りに出かけました。会話の成り行きで、父が元々は大自然専門の写真家だったことを知った花子は喜びます。グラビア撮影をしているせいで、娘が片身の狭い思いをしているのではないかと父はずっと心配していました。
花子のピアノの先生の訃報が届き、父と花子は急遽帰ることになりました。父は帰ったら自然の写真を撮ろうと決意します。帰る前、遠山が直ったカメラで家族写真を撮ってくれました。一人残った息子は、嵐になった夜に小説を書きあげました。朝になり遠山が写真を届けに来ます。三人はまるで携帯の電波マークのような並び方でした。遠山は「まだ“かのうしょう”を着ているのね」と呟き、息子は気付きます。
息子はレタス畑で、妻から「一人で暮らす」とのメールを受信します。そして父に、「和小は、かのうしょうです」とメールを送りました。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

ゆる~く、クスっと笑ってしまう作品でした。ストーリーに深みは感じられませんでしたが、〝携帯”・〝かのうしょう”というキーワードがパズルのように組み立てられていく展開は周到でした。

それにしても、あの鮎川さんが終始ジャージ姿で登場するので、よくこの作品に出演したなぁ…と思いましたが、意外にも似合っていました。ジャージ姿の堺さんも何故かいつもより精悍な顔立ちに感じました。
とにかく不思議さ満載の作品でした。

映画の感想を投稿する

映画「ジャージの二人」の商品はこちら