「スパイアニマルGフォース」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

スパイアニマル・Gフォースの紹介:2009年公開。モルモット達の特殊部隊「Gフォース」の活躍を実写とCGで描いた作品。制作は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマー。音楽は「タイタンズを忘れない」のトレヴァー・ラビン。編集には「ターミネーター2」のマーク・ゴールドブラットが参加。豪華声優陣は「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジや「それでも恋するバルセロナ」のペネロペ・クルス、「アイアンマン」シリーズのジョン・ファブローなど。

この映画を無料で観る

予告動画

スパイアニマルGフォースの主な出演者

ダーウィン(サム・ロックウェル)、スペックルズ(ニコラス・ケイジ)、ハーレー(ジョン・ファヴロー)、ブラスター(トレイシー・モーガン)、フアレス(ペネロペ・クルス)、バッキー(スティーヴ・ブシェーミ)、ベン・ケンドール(ザック・ガリフィアナキス)、キップ・キリアン(ウィル・アーネット)、レナード・セイバー(ビル・ナイ)、マーシー(ケリ・ガーナー)

スパイアニマルGフォースのネタバレあらすじ

【起】- スパイアニマルGフォースのあらすじ1

FBIで動物達による部隊を編成していたベン博士は、予算の都合もあって閉鎖される事態を受けて行動を起こします。「Gフォース」のメンバーで、モルモットのダーウィン、ブラスター、ファレス、そしてモグラのスペックルズの4匹に任務を与えます。
家電製品において、No1を目指す事を考えたCEOのレナードは、製品に埋め込んだチップを使って強大な通信網の構築を考えていました。
ハエのムーチと共にGフォースの面々は彼の家に忍び込みます。苦難を乗り越えながら、ついにダーウィンはレナードのPCからデータを転送させます。
「クラスターストーム」と呼ばれるファイルを手に入れて、見つからないように全員で退却を図ります。ベンと助手のマーシーが迎えにきてくれて、大成功を収めます。
FBIの部長のキリアンがやってきて、ベンの研究の成果を見に来ます。Gフォースの運動能力や知力などを紹介していきます。
ベンは極めつきにと、レナードのPCから手に入れたファイルを見せます。FBIが2年がかりで捜査してきた事を、我々が達成したと知らせたかったのです。
しかし、ファイルにはコーヒーメーカーの資料しかなく、レナードは勝手に任務を行ったこともあって閉鎖を決めます。
連れて行かれそうになったGフォースのメンバーでしたが、マーシーが逃すことに成功します。キリアンの部下達は彼らを探します。 この映画を無料で観る

【承】- スパイアニマルGフォースのあらすじ2

Gフォースのメンバーはカゴの中に入って逃げたので、ペットショップに連れて行かれることになります。商品として檻の中に入れられます。
そこで出会ったのは、意地の悪いバッキーとお調子者のハーレーです。Gフォースのメンバーは、一刻も早くクラスターストームを止めなければと考えます。
モルモット目当てにやってきた人間達に、ファレスとブラスターが飼われることになります。全員で脱出した後、ラボに集合することにします。
スペックルズは死んだふりをして逃げようとします。しかし、ペットショップの店主がゴミ収集車に入れてしまって、ダーウィンはスペックルズが潰されたと思い悲しみます。
残されたダーウィンは、ハーレーと共にバッキーが黙っていた隠し通路から逃げ出すことに成功します。猫や犬に気づかれないように、タイヤを転がしてラボへと向かいます。
道中、レナードのコーヒーメーカーを見つけたダーウィンは、調べるためにもチップを抜き取ろうとします。すると、コーヒーメーカーが突然ロボットに変化して襲ってきます。
ハーレーが標的になって逃げた後、ダーウィンがロボットを引きつけます。道路に出て、車に轢かせてロボットを倒します。
ブラスターは、飼い主のラジコンカーを手に入れてファレスと共にラボへ急ぎます。ベンやマーシーと再会したダーウィン達でしたが、スペックルズの死に悲しみます。

【転】- スパイアニマルGフォースのあらすじ3

しかし、悲しんでいるままでは、クラスターストームは発動してしまいます。ベンがもう一度データを見ようとすると、ウィルスに感染していることが分かります。
クラスターストームの発動まで後30分しかありません。そこにキリアンの部下達が捕まえにやってきて、ベンがGフォースに新車を授けます。
キリアンの部下達とダーウィン達との激しいカーチェイスが繰り広げられます。ダーウィン達は見事に振り切ります。
もう一度レナードの家へとやってきて、ダーウィン達は侵入してトラップをくぐり抜けていきます。ハーレーには脱出ルートで待っておくように言っておきます。
その頃、レナードは通信網ができると共謀者達とワクワクしています。レナードは「ヤンシュウ」という謎の人物と今回の件を企んでいました。
そしてクラスターストームが発動され、ケーキに釣られて電子レンジに入ったハーレーは閉じ込められます。電子レンジがロボットに変化してダーウィン達に襲い掛かってきます。
外でも、レナードの製品がロボット化して襲ってきていました。レナードは通信網の構築を考えていたのに、思いがけない事態に混乱します。キリアン達が踏み込んできて、レナードを助けに来ます。
ダーウィン達は、トラップを利用してロボットを破壊します。爆発によって道が差し止められて、ダーウィンのみが先へと進むことができます。他の3匹は後から行くことを伝えます。

【結】- スパイアニマルGフォースのあらすじ4

ダーウィンがその先で見たのは、パソコンをたたいているスペックルズでした。全ての黒幕はスペックルズで、彼がヤンシュウでした。
スペックルズはゴミ収集車に潰されていませんでした。彼は、家族を人間に殺された恨みから、この恐るべき行動に出たのです。
スペックルズが巨大化したロボットを使って、FBI捜査官達を攻撃していきます。ダーウィンは、クラスターストームにウィルスを感染させて倒そうと内部で奮闘します。
もうダメだと思った時、迷惑ばかりかけていたハーレーが男を見せて助けてくれます。ダーウィンは、スペックルズにベンや自分達という新しい家族がいること、このような破壊していたら酷い事をした人間と同じじゃないかと説得します。
スペックルズは、自分の愚かさに気づいてロボットを止めようとします。しかし、制御が効かなくてどうしようもなくなります。
ダーウィンが決死の覚悟で、ウィルスを入れたPDAをセットすることに成功します。ロボットは破壊されて平和が戻ります。
しかし、ハーレーはダーウィンを助けたことで息がない様子です。ダーウィンが自分の思いを伝えます。
すると鼻がピクピク動き出して、ケーキの匂いを嗅がせるとハーレーが復活します。ダーウィンと兄弟になれることを知って喜びます。
スペックルズは、レナードの家電製品のリコールを受けて、その仕事を手伝うことになります。この仕事が終わったら、皆の元に戻りたい事を伝えます。
キリアンは左遷されて、遠い雪国に飛ばされます。FBIの上層部から、閉鎖されないことを伝えられて、Gフォースが正式にスパイとして認められます。
全員にバッジが配られて、ダーウィンがハーレーにも渡します。ルーキーとしてメンバーに迎えられたハーレーは大喜びです。終わりです。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、Gフォースの可愛い動物達の大活躍の場面の数々です。その愛くるしさはたまらないです。
特にお調子者で、ケーキが大好きなハーレーの可愛さは突出しています。ずっと檻の中で家族ができるのを待っていたハーレーは、ダーウィンがやってきて大喜びです。
猫や犬に怯える姿や、ロボットから逃げる時はお腹がポッコリでていて大ピンチになったり、レナードの家では食べ物に釣られてドジを踏んでいきます。
そんなハーレーですが、最後の最後には男を見せます。落ちてきたダーウィンを救うために、自らが命を賭けて飛び出します。
そして死んでしまったと思われますが、ケーキの匂いで目を覚まします。スパイになるための訓練をすることになりますが、すぐにズルをしようとします。
そのおドジでサボりがちだけど、やる時はやる姿が可愛くてたまらなくなります。バッチをもらった時の喜びようも最高でした。
また、今作では迫力のアクションシーンが多数用意されています。FBIとのカーチェイスでの車が吹っ飛ぶ場面や、スペックルズが巨大化させたロボットとの戦いなど見所満載です。
この作品の制作費は1億5000万ドルにも及んでいて、その理由の分かる演出の数々です。興行収入は3億ドル近い数字を叩き出し、大ヒットしました。
可愛い動物が大好きな方、子供さんにはとても喜んでもらえる作品です。

映画の感想を投稿する

映画「スパイアニマルGフォース」の商品はこちら