「スーパーバッド童貞ウォーズ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

スーパーバッド 童貞ウォーズの紹介:2007年のアメリカのコメディ映画。童貞の冴えない高校生3人組が、卒業パーティーで意中の女の子との初体験を目指す青春コメディ。全米で初登場1位となり大ヒットしたが、日本では劇場未公開作品。

予告動画

スーパーバッド童貞ウォーズの主な出演者

セス(ジョナ・ヒル)、エヴァン(マイケル・セラ)、フォーゲル(クリストファー・ミンツ=プラッセ)、スレイター(ビル・ヘイダー)、マイケルズ(セス・ローゲン)、ベッカ(マーサ・マックアイサック)、ジュールズ(エマ・ストーン)、ニコラ(アヴィヴァ)、フランシス(ジョー・ロー・トルグリオ)

スーパーバッド童貞ウォーズのネタバレあらすじ

【起】- スーパーバッド童貞ウォーズのあらすじ1

高校生のセスの最大の関心事は、卒業パーティーに参加して童貞を捨てられるか否かということでした。友人で同じく童貞のエヴァンと下ネタで盛り上がっていると、クラスのヤンキーから「お前らなんかパーティーに呼ばない」と笑われ、セスは唾を吐きかけられてしまいます。
エヴァンはクラスの女子ベッカに片想いしており、彼女からジュールズの家で開かれるパーティーに誘われ、喜んで聞き入れます。しかし、セスはベッカを嫌っていました。幼い頃、セスは男性器の絵を描くことに熱中していました。あるときその絵をベッカに見られてしまい、セスはキリスト教原理主義者の校長にこっぴどく叱られてしまったのです。
家庭科の授業でジュールズとペアを組むことになったセスは、彼女からパーティーに誘われて舞い上がります。そこへ2人の友人で同じく童貞のフォーゲルが登場し、酒を買うための偽のIDカードを所持していることを話します。セスはジュールズから酒代の100ドルを預かり、意気込んですっかり妄想モードに突入していました。
ところが、フォーゲルの偽のIDカードは低品質で、名前が何故かマクラヴィン(ファーストネームなし)で、年齢は25歳、臓器提供者、出身はハワイ州となっていました。

【承】- スーパーバッド童貞ウォーズのあらすじ2

口論の末、フォーゲルが単身で酒屋に突入します。偽のIDカードが無事に承認されて、いざ会計というところで、フォーゲルはいきなり強盗に殴り倒されてしまいます。
セスとエヴァンは、酒屋にパトカーが到着して困惑します。セスはフォーゲルを置いて酒を調達しようと主張しますが、エヴァンが反対します。そんなところへバックしてきた車がセスを撥ねます。運転手が示談にしたいと主張すると、セスは金か酒を要求します。運転手はパーティー会場に行くと酒があると言って、2人を車に乗せます。
一方、フォーゲルはスレイターとマイケルズという2人の警官から取り調べを受け、パーティー会場までパトカーで送ってもらうことになります。しかし、バーで騒ぎがあると無線が入り、そのまま現場へと向かいます。酔っぱらいの老人を確保する際に偶然フォーゲルが活躍したことで、警官たちから気に入られてしまいます。
その頃、見知らぬパーティー会場に到着したセスとエヴァンは、血眼になって酒を探し回ります。そこでセスはダンスしている女性に絡まれ、セクシーなダンスを繰り広げます。有頂天になるセスでしたが、ズボンに生理の血が付いていると指摘されます。パーティー会場の見せ物になったセスは地下室に降りていき、そこでビールを発見します。

【転】- スーパーバッド童貞ウォーズのあらすじ3

セスを探すエヴァンは、たまたま入った部屋で天使の歌声をもつ歌手と人違いをされてしまい、無理やり歌わされます。
セスは見知らぬ男性から先ほどダンスをした女性は婚約者だと絡まれ、何故か警察に通報されてしまいます。その頃フォーゲル一行は射撃大会に興じていましたが、セスとエヴァンがいる家から通報が入ります。
スキを見て逃げ出したセスとエヴァンは、口論になってしまいます。セスはエヴァンとフォーゲルが、卒業後一緒の大学に進むことを責め立てます。エヴァンもセスのせいで自分が童貞であると反論します。
一方、運転中にスターウォーズごっこをしていた警官2名は、不注意でセスを撥ねてしまいます。警官は何故かセスとエヴァンを逮捕すると言って、威嚇射撃をします。フォーゲルはようやく2人と合流し、3人揃って逃走します。
やっとの思いで3人はバスに乗りますが、酔っぱらいの老人に絡まれた拍子に、エヴァンがベッカに頼まれていた酒瓶を割ってしまいます。残されたわずかな酒を持って、ようやくパーティーをやっているジュールズの家へと辿り着きます。フォーゲルが何気なく大学寮でエヴァンと同室になることを話すと、セスは怒りを露わにするのでした。

【結】- スーパーバッド童貞ウォーズのあらすじ4

パーティー会場に入ると、エヴァンは泥酔状態のベッカに2階の部屋へ連れ出されます。積極的なベッカに戸惑いを隠せないエヴァンでしたが、彼女がベッドで嘔吐してしまい、童貞を捨てるチャンスを逃します。
一方やけ酒気味のセスは、ジュールズとの会話中に突然キスをします。ジュールズが拒否するとセスはショックで泣き出し、飲み過ぎで倒れてしまいます。ジュールズはセスの巨体を顔面で受けてしまい、大騒ぎになります。
その頃フォーゲルは女の子にコンタクトをとり、本番を迎えようとしていました。しかし、何故か警官たちが乱入してきて、驚いた女の子は逃げてしまいます。そこでフォーゲルは、警官に大勢の前でパトカーに連行されるパフォーマンスを頼み、先ほどの女の子の気を引くのでした。
我に返ったセスは、飲み過ぎで眠り込んでしまったエヴァンを抱えて自宅に帰ります。セスはエヴァンとフォーゲルが大学寮で同室になることは知っていたと明かします。エヴァンはセスに反論したことを謝罪し、互いにアイラブユーと言って眠りにつきます。
翌朝2人は、エヴァンが大学寮で使う布団を買いにショッピングモールへ行きます。そこでジュールズとベッカに遭遇し、昨夜の失態を詫びます。そして、セスとジュールズ、エヴァンとベッカの組み合わせで買い物をすることになります。待望の女の子と一緒になったものの、どこか名残惜しそうなセスとエヴァンの視線のやりとりが映し出される場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

下品で馬鹿なのにどこかやさしい後味の、素敵なアメリカンコメディでした。高校生はもちろん、大人も馬鹿ばかり出てくるので、ハマる人にはきっと楽しい世界観だと思います。本作はタイトルにもなっている童貞云々よりも、思春期の男の子の友情に重きが置かれていました。卒業後離れ離れになってしまうセスとエヴァンが寄せ合う気持ちや、女の子が入ってきたことで、男同士でいる心地よさを失ってしまう切なさのようなものが、見事に描き出されていました。ラストのショッピングモールでの2人の表情が可愛くて、とても良かったです。

映画の感想を投稿する

映画「スーパーバッド童貞ウォーズ」の商品はこちら