「ターミナル」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ターミナルの紹介:2004年公開。アメリカの空港から出ることができなくなった東欧人の奮闘、従業員との交流や恋模様を描いた作品。監督は「シンドラーのリスト」のスティーヴン・スピルバーグ。主演は「フィラデルフィア」のトム・ハンクス。「シカゴ」のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、「ラブリーボーン」でジョージ役のスタンリー・トゥッチ、「アバター」でネイティリ役のゾーイ・サルダナも出演。

予告動画

ターミナルの主な出演者

ビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)、アメリア・ウォーレン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)、フランク・ディクソン(スタンリー・トゥッチ)、ジョー・マルロイ(シャイ・マクブライド)、エンリケ・クルズ(ディエゴ・ルナ)、グプタ・ ラハン(クマール・パラーナ)、ドロレス・トーレス(ゾーイ・サルダナ)

ターミナルのネタバレあらすじ

【起】- ターミナルのあらすじ1

とあるニューヨークの空港では、主任を務めるフランク・ディクソンが不法入国など厳しく取り締まっています。
物語の主人公ビクター・ナボルスキーはクラコウジア国から、この空港にやってきます。パスポートが審査に引っかかってしまって、ディクソンの部屋に呼ばれてしまいます。
片言の英語しか分からないビクターは、ディクソンから説明を受けます。クラコウジア国ではクーデターが起こって、ビクターのビザは無効になってしまったのです。
入国することも帰国することもできなくなったビクターは、空港のロビーであれば捕まることがないと言われます。
つまり、法律の隙間に落っこちてしまったのです。食事のクーポンや公衆電話のクーポンをもらいます。パスポートは預かられてしまいます。
意味がほとんど分かってないビクターは、ロビーのテレビを見て母国で戦争が起こっている事に気づきます。
スーツケースを閉じるのに困っている女の子を助けに行ったビクターでしたが、食事のクーポンが風で飛ばされてしまいます。
清掃員のグプタがクーポンをゴミ箱に入れてしまいます。中身を調べたければ、アポを取って火曜日に来るように彼から言われます。
ビクターは電話をかけようとしますが、操作が分かりません。誰も教えてくれませんでした。
そして改装中のロビーで、椅子を改造してベッドにします。飛行機のライトに驚いてビクつきます。
上司の局長サルチャックから、ディクソンは席を譲る話しを受けます。喜ぶディクソンはミスを犯さないようにと警告されます。
よく分かってないビクターは、入国するために申請しに行きます。受付のドロレスが入国できないことを伝えます。

【承】- ターミナルのあらすじ2

ビクターは火曜日になってもクーポンは返してもらえませんでした。ロビーで生活しているビクターを迷惑がったディクソンは、出口の警備員が一定期間いなくなるとビクターに伝えます。
ビクターは出口に向かっていきますが、監視カメラが動いていて罠だと思います。ディクソンは外に出させて、他の管轄に任せて逮捕されればと考えていましたが、失敗に終わります。
ビクターは、キャビンアテンダントのアメリアが滑って転んだので助けに行きますが、彼氏と思われる人物がいてガックリします。
お腹の空いたビクターは、カゴを戻すと25セントもらえることに気づきます。次々とカゴを片づけてハンバーガーを食べます。
ロビーの本屋を使って、英語を覚えていきます。ディクソンがカゴを片付ける職員を配置します。ビクターが食べる物が無くなって出て行くと思ったのです。
懲りずにビクターはドロレスの受付に申請していきますが、通ることはありませんでした。そこにドロレスの事が大好きで、食事を運ぶ係のエンリケが話しかけてきます。
エンリケはドロレスの情報を聞き出してくれたら、代わりに食事を提供すると約束してくれたのです。
ディクソンは次の手を考えます。移民局に申請すれば、ニューヨークに行くことができると説明します。
申請するには、戦争が恐ろしくて帰国できないことを伝えなければなりません。ビクターは故郷が大好きで、怖くないと言います。ディクソンの作戦はまたもや失敗します。
アメリアは既婚者と付き合っていたことに気づきます。電話で悲しんでいると、ビクターが話しかけます。アメリアが食事に誘ってきますが、外に出れないビクターは無理だと伝えます。

【転】- ターミナルのあらすじ3

ビクターはアメリアに誘われた店の食事代金をロビーの職員に聞きます。そしてロビー内の全店に働かせて欲しいと面接を頼みに行きます。どこも雇ってはくれませんでした。
改装中の場所で、ビクターは得意のペンキ塗りと工事を始めます。親方がやってきて、他の組のエリートだと思います。引き抜かれたビクターは、翌日から働いてくれと言われます。
高給取りになったビクターを、ディクソンが気づいて勾留します。そして空港に査察官がやってきて、次期局長もかかっているディクソンは気を引き締めます。
査察官に説明している途中、薬を持って入国しようとする男性が暴れます。男性はミロドラゴビッチという人物で、父親に持って帰る薬だと説明します。
ディクソンは書類が無いと没収になることを説明します。しかし、言葉が通じずにビクターを呼びます。
ビクターの隣国から来ていて、説明がお互いに伝わります。没収されそうになって、ビクターが父親でなく、ヤギのための薬だと変更します。
動物の薬だと没収されないのです。ミロドラゴビッチがヤギ用と言って、彼は没収されず捕まることもありませんでした。
ディクソンは問答無用で対応していて、警備員達も銃を向けていました。査察団に見られて、サルチャックからビクターを見習うようにと注意されます。
ビクターの英雄話はロビー中に広まります。ディクソンから通訳すれば、ニューヨークに行かせてやると言われていましたが、ディクソンは認めませんでした。
ビクターはロビーのスーツ屋さんで、かっこ良いスーツを購入します。そして、帰国してきたアメリアを食事に誘います。

【結】- ターミナルのあらすじ4

食事場所はエンリケやグプタなどが店員を務める高級レストラン風の店です。アメリアは20年間空港に勤めて、ポケベルで呼び出されっぱなしでした。
彼からの連絡を待っていましたが、ビクターのポケベルと一緒に遠くに投げます。ビクターは入国できるようになったら、ポケベルに連絡が来る予定だったのです。
ビクターはアメリアにナポレオンが贈ったプレゼントを次に会った時にと約束します。それは1000個の噴水で、ビクターは工事に取り掛かります。
エンリケが最後のお願いと、ドロレスに結婚指輪を渡してほしいとビクターに頼んできます。ドロレスはビクターが友人というエンリケに初めて会って結婚することにします。
ディクソンはアメリアを呼び出してビクターの事を説明します。アメリアは上手く説明できてなかったビクターに、嘘をつかれたと怒ってきます。
ビクターはピーナッツの缶の中にある真実を話します。中には亡くなった父親が好きだったジャズ演奏者達のサインが入っていました。
最後の一人のサインをもらいにビクターはやってきたのです。1000個の噴水は流れませんでしたが、感動したアメリアはビクターとキスをします。
クラコウジアの戦争が終わって、ビクター達は喜びます。一日だけの入国ビザをアメリアがビクターに渡します。
既婚者の彼に頼んだのです。アメリアは彼と行ってしまって、ビクターは寂しげに見守ります。
ドロレスにビザを持っていくと、ディクソンのサインが必要と言われます。ディクソンはサインをせずに、パスポートを渡して帰国を命じてきます。
そして、エンリケやグプタの不正を餌に脅してきます。友人の彼等を巻き込むわけにはいかないビクターは、帰国を選びます。
その話しを聞いていた警備員が、グプタに報告します。グプタは飛行機の前に飛び出して、捕まることを選びます。
ビクターが空港から出て、ジャズ演奏者の最後の一人のサインをもらいに行きます。缶に全てのサインが集まってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、噴水の前でビクターとアメリアがキスする場面です。噴水は出ないのですが、飛行機のライトが反射して、とても綺麗でロマンチックな演出が施されています。素敵な場面で一番印象的でした。
また、随所に面白い場面が散りばめられています。グプタやエンリケ達がレストランの店員を演じている場面があります。エンリケは良く分かってないので、適当に布巾やパンを置いていくのが面白かったです。
そしてグプタが皿回しをしていて、驚きました。最後は失敗して、すごい音がして立ち去ります。
グプタ演じるクマール・パラーナは、他の番組でも皿回しのパフォーマーとして出演したことがあるそうです。見応えのある皿回しで、ぜひ見て欲しい場面になります。
グプタは他にも美味しい所を持っていっていて、飛行機をモップでペタッと止めてしまいます。
あと、ビクターが壁のペンキ塗りの技術を買われて、雇われる場面は面白かったです。親方が他の組から引き抜こうとしたのは笑ってしまいました。
その後、ディクソンがビクターの働きぶりを映像で見ているのですが、そのテキパキしたビクターの様子は面白かったです。
ちなみにクラコウジアは架空の国だそうで、ビクター演じるトム・ハンクスのクラコウジア語はアドリブだそうです。
エンディング間近で登場するサックス奏者はベニー・ゴルソン本人が演じています。短い時間になりますが、彼のサックスの音色が聞けるのも、この映画の魅力です。
空港は大勢の人が行き交う場所です。多くの人が話すこともなく、淡々と利用して過ぎ去る場所のようにも思えます。
しかし、この映画で一人の男性が巻き起こすドラマが、空港という場所が利用するだけのものでなく、多くの人達に出会いと感動を与える場所であることを伝えているようにも思えました。
人間性を愛するビクターの言動を通して、多くの人達が好きになっていきます。その姿に感動させられることは間違いなしで、お勧めの作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ターミナル」の商品はこちら