「テルマエ・ロマエⅡ」のネタバレあらすじ結末

テルマエ・ロマエⅡの紹介:2014年公開の日本コメディ映画。4月26日(よい風呂の日)に公開された。主要キャストは前作を概ね継承し、ブルガリアのオープン・セットのヌ・ボヤナ・フィルム・スタジオで大々的な撮影が行われ、琴欧洲も出演している。

予告動画

テルマエ・ロマエⅡの主な出演者

ルシウス(阿部寛)、山越真実(上戸彩)、ハドリアヌス皇帝(市村正親)、ケイオニウス(北村一輝)、アントニヌス(宍戸開)、マルクス(勝矢)、アケボニウス(曙太郎)、コトオウシュヌス(琴欧洲勝紀)、山越修造(笹野高史)、浪越徳三郎(菅登未男)

テルマエ・ロマエⅡのネタバレあらすじ

【起】- テルマエ・ロマエⅡのあらすじ1

ハドリアヌス皇帝が民の支持を得ていたローマ時代。公衆浴場テルマエの技師・ルシウスは現代日本とローマとを行き来し日本の風呂文化を吸収することで、今では大人気の技師として皇帝の信頼も得ていました。コロッセオでは戦いを繰り広げるグラディエーター(剣闘士)達が疲れており、彼らがくつろげる癒しの浴場を作る命令がルシウスに下ります。現代日本にタイムスリップしたルシウスはマッサージチェアと入浴剤に感動しました。その後グラディエーターたちは、粉末状の温泉成分入りの風呂に浸かり、人力のマッサージチェアで疲れを取りました。前作ラストでテルマエの漫画を出版社に持ち込んだ真実は、「風呂が描けていない」と言われます。

【承】- テルマエ・ロマエⅡのあらすじ2

原稿がボツになった真実は研究も兼ね、温泉風呂の雑誌記者となっていました。子供達の娯楽風呂を作れと言われたルシウスは日本の屋内温泉プール施設に行き、ウォーター・スライダーなるものを目撃し衝撃を受けます。そこでルシウスは真実と再会を果たし喜びました。北方での戦いに疲れたケイオニウスに簡易風呂を送ることになったルシウスは、きこりが使う解体可能の組立式樽風呂(と、与作の歌「ヘイヘイホー♪」)を学びローマ時代に戻ります。バイアエの地に一大温泉郷を作るよう皇帝に指示されたルシウスは、草津温泉にワープしました。ルシウスは、偶然草津に来ていた真実に案内してもらい温泉卓球、射的、ストリップ、ラーメンを知ります。

【転】- テルマエ・ロマエⅡのあらすじ3

皇帝に反目する元老院がルシウス暗殺を狙い山賊を派遣しますが、逆に彼は山賊を使いバイアエに温泉を掘ろうとします。工事でぎっくり腰になったルシウスは、現代で浪越に鍼灸で治してもらいました。真実や浪越、力士達を巻き込んでローマに戻ったルシウスは、グラディエーターの偽ケイオニウスに出会います。平和路線の皇帝に反対し強きローマを目指す元老院の作戦で、偽物はケイオニウスの兄でした。偽物はコロシアムで活躍し民の人気を得ています。偽ケイオニウスは史実を知る真実を魔女扱いし、真実は捕らえられました。しかしアケボニウスが真実を逃がす手伝いをしてくれ、真実とルシウスはバイアエに逃亡します。

【結】- テルマエ・ロマエⅡのあらすじ4

偽ケイオニウスが大勢の軍勢を引き連れて追ってきました。しかしバイアエに皇帝と本物のケイオニウスが現れて、偽ケイオニウス(兄)の陰謀は失敗に終わります。さらに山賊達、力士達とアケボニウスが掘削を続けていた山から温泉が湧き出ます。温泉郷「湯ートピア」は完成しました。浪越は皇帝の治療をします。ルシウスと真実は別れの時を迎えました。真実はルシウスが北方のテルマエ建造事故で亡くなることを彼に告げますが、ルシウスは仕事で死ねるなら本望と言います。現代日本に戻った真実は「テルマエ・ロマエ」という漫画を描き連載を勝ち得、映画化もされます。撮影現場に真実が行くと、井戸からワープしたルシウスが顔を覗かせました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「テルマエ・ロマエⅡ」の商品はこちら

テルマエ・ロマエ2―小説版 (角川文庫)