「デトロイト・メタル・シティ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

デトロイト・メタル・シティの紹介:2008年公開の日本映画。若杉公徳の同名人気コミックを映画化。自分の趣味嗜好とはまるで異なるジャンルの音楽でカリスマミュージシャンとなってしまった若者の悩みやジレンマをコミカルに描いた作品。

予告動画

デトロイト・メタル・シティの主な出演者

根岸崇一〔ヨハネ・クラウザーII世〕(松山ケンイチ)、相川由利(加藤ローサ)、西田照道〔カミュ〕(秋山竜次)、和田真幸〔アレキサンダー・ジャギ〕(細田よしひこ)、デスレコーズ社長(松雪泰子)、ジャック・イル・ダーク(ジーン・シモンズ KISS)、お母さん(宮崎美子)

デトロイト・メタル・シティのネタバレあらすじ

【起】- デトロイト・メタル・シティのあらすじ1

根岸は都会のおしゃれでポップなミュージシャンを目指し、大分から東京の大学へ進学しました。
大学時代は同級生・由利と知り合い、ギター片手にポップ系の甘~い音楽を歌うなど、根岸の生活は充実していました。
しかし数年後…根岸はデスメタル専門の事務所・デスレコーズに所属し、女社長の命令のもと「デトロイト・メタル・シティ(略称・DMC)」というバンドのボーカルになっていました。
メンバーは他にカミュこと西田と、ジャギこと和田で、根岸はヨハネ・クラウザーⅡ世という名で、金髪のウィッグに顔面を白く塗りたくり「俺は地獄のテロリスト!」と叫びます。低音で「殺せ」の連呼、「恨み晴らさでおくべきか」とも歌います…。

【承】- デトロイト・メタル・シティのあらすじ2

自分の目指す音楽性と異なる活動に、根岸は不満を抱えていました。しかしDMCの人気はうなぎのぼりで、根岸の不満は猛犬を2匹連れたドSの女社長が一蹴します。根岸のおしゃれな部屋は荒らされ、根岸は文字通り、本当に蹴られます、踏まれます…。
スタイリッシュな歌手になりたいのに、デスメタルでヒットしてしまった根岸は、そのギャップに日夜苦しんでいました。
そんなある日、根岸はほのかに思いを寄せていた同級生・由利と再会します。由利は雑誌の編集者になっていました。
大学時代を思い出した根岸と由利の仲は縮まります。しかし由利がデスメタルを軽蔑していることを知った根岸は、後ろめたい気持ちを抱いていました。

【転】- デトロイト・メタル・シティのあらすじ3

由利は根岸に売れっ子デザイナー・アサトヒデタカを紹介します。由利がアサトと親しく振る舞う様子を見た根岸は、ショックを受けました。
さらに後輩・佐治が、根岸のあこがれるポップ・ミュージシャンとしてデビューしたのを知り、根岸はさらにショックを受けます。
根岸はすべてを放り出して、実家に帰りました。
その頃、メタル界で全世界的に有名な、伝説の帝王ジャック・イル・ダークが引退宣言をします。引退ワールドツアーと銘打ち、各国でその国のメタルメンバーと競合する相手として、日本ではDMCが選ばれました。
根岸は戻る気になれません。実家の農業の手伝いと愛牛・キヨミの世話をして、根岸は日々無為に過ごしました。

【結】- デトロイト・メタル・シティのあらすじ4

実家に事務所から小包が届き、中にはメンバー・西田と和田、社長、多くのファンからの手紙がありました。
母の励ましを受けた根岸は、もう一度クラウザーとして頑張ろうと決意し東京へ向かいます。
由利は雑誌の取材のため対戦会場に行きました。メタル界の独特の雰囲気に呑まれつつも、由利はファンたちの心理を理解します。
ジャック・イル・ダークとの対戦会場へ向かった根岸は、ジャックと戦います。ジャックが差し向けたバファローをも、愛牛・キヨミへの愛撫でメロメロにしました。その姿を見た由利は、クラウザーの正体が根岸だと看破します。
DMCの演奏はジャックの心をつかみ、後継者の証としてギターを手渡されました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「デトロイト・メタル・シティ」の商品はこちら