「トッツィー」のネタバレあらすじ結末

トッツィーの紹介:1982年公開のアメリカ映画。売れない男優が知恵を巡らせて女装したところ、一躍大人気スターになるという、コメディ映画。ダスティン・ホフマンが主演を務め、女装を披露している。

トッツィーの主な出演者

マイケル・ドーシー〔ドロシー・マイケルズ〕(ダスティン・ホフマン)、ジュリー・ニコルズ(ジェシカ・ラング)、サンディ・レスター(テリー・ガー)、ロン・カーライル(ダブニー・コールマン)、レス・ニコルズ(チャールズ・ダーニング)、ジェフ・スラッター(ビル・マーレイ)

トッツィーのネタバレあらすじ

【起】- トッツィーのあらすじ1

マイケルは40歳目前の売れない俳優で、若い役者に演技指導もしています。しかしマイケルはこだわりすぎる完璧主義者で、演出家と揉めるなどトラブルメーカーと見られ俳優としては失業中です。
同居人で脚本家をめざすジェフとマイケルは、ウエイターのアルバイトもしていました。
ある時、マイケルが演技指導する俳優の女生徒・サンディが、病院を舞台にしたソープドラマ(昼ドラ)のオーディションを受けると言い出します。
マイケルは必死でサンディの演技指導をし、翌日オーディション会場までついていきましたが、サンディはオーディションに落ちました。
納得いかないマイケルは女装し、ドロシーと名乗って会場に乗り込みます。

【承】- トッツィーのあらすじ2

ディレクター・ロンの尊大な態度に、マイケル〔ドロシー〕は怒る演技を見せました。するとプロデューサー・リタが気に入って採用します。マイケルは看護師役・ジュリーとその時に出会い、一目惚れしました。
こうしてマイケルは、女装してドロシーとして撮影に臨むことになります。
病院理事・エミリーの役をみごとにこなしたドロシーは、一躍大人気スターになりました。
マイケルはジュリーのことが好きですが、ジュリーは横柄なディレクター・ロンと付き合っていて、しかもロンのジュリーへの態度は尊大です。またマイケルも思わぬことでサンディと肉体関係になってしまい、サンディはすっかりマイケルの恋人気どりでした。

【転】- トッツィーのあらすじ3

ある日ドロシーは、ジュリーに台本の読み合わせのため家に招かれます。ジュリーは未婚の母で、これをきっかけにジュリーは女同士ドロシーを頼るようになりました。
ドロシーはジュリーの父・レスを紹介されます。ドロシーはブルースター医師役の俳優ジョンにもアタックされており、困りました。
大人気スターとなったドロシーですが、相変わらずロンは偉そうな態度を取り、ドロシーに対して「トッツィー(可愛い子ちゃん)」と呼びかけます。
ドロシーはロンはよくない男だとジュリーにさとし、ジュリーもロンとの別れを決めました。
そんなジュリーにある時マイケルはキスしようとしますが、ドロシー姿なのでレズビアンと勘違いされます。

【結】- トッツィーのあらすじ4

ジュリーはドロシーが女だと信じ切っていました。マイケルはドロシーが本当は男だと打ち明けたくなります。
マイケルにつきまとうサンディに、マイケルは「別に好きな女がいる」と言い、別れました。
ジュリーの父・レスにプロポーズされたり、医師役のジョンに家に押しかけられたりし、ドロシー役は限界です。マイケルはカミングアウト(告白)しようと考えました。
超人気番組となったドラマの公開生放送が決まります。
生放送の場でマイケルはドロシー姿の女装を解き、自分は男であったと告白しました。番組は混乱しますが視聴率は上昇します。
その後改めてマイケルはジュリーに告白し、ジュリーもマイケルの愛を受け入れました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トッツィー」の商品はこちら