「ドレミファ娘の血は騒ぐの」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ドレミファ娘の血は騒ぐの紹介:1985年に製作・公開された日本映画。脚本・監督は「クリーピー 偽りの隣人」の黒沢清。主演は洞口依子。原題は「女子大生 恥ずかしゼミナール」だった。

予告動画

ドレミファ娘の血は騒ぐのの主な出演者

秋子(洞口依子)、平山教授(伊丹十三)、エミ(麻生うさぎ)、吉岡(加藤賢崇)、ゼミ生(岸野萌圓、勝野宏、新田努、神藤光裕、立原由美、久保田祥子、渡辺純子、今野詩織、林珠実、岩岡禎尚、角田亮、高橋健司、篠崎誠)

ドレミファ娘の血は騒ぐののネタバレあらすじ

【起】- ドレミファ娘の血は騒ぐののあらすじ1

高校を卒業し、田舎から出てきた少女・秋子は、同郷でバンドをやっていた恋人の吉岡実を追って、彼が在籍する大学へとやってきました。
さっそく秋子は吉岡が所属するという音楽サークル「ベラクルス」の部室を訪ねます。そこでは学生が激しく愛し合っており、秋子は部室を飛び出します。すると、今までセックスをしていたエミという学生が、何もなかったように秋子に話しかけてきます。秋子は「東京の大学生って恥知らずなんですね」と軽蔑しながら、彼女に吉岡が専攻している心理学科の平山ゼミまで案内してもらいます。
心理学の研究室を訪ねると、ゼミ生に吉岡は最初の数回しかゼミに参加していないと教えられ、秋子は仕方なく教室を後にします。

【承】- ドレミファ娘の血は騒ぐののあらすじ2

平山ゼミでは、人間の恥ずかしさについての研究が行われていました。平山教授は「人は恥ずかしいところを布で隠すようになり、どこを見られると恥ずかしいのかを人に教えてしまっている。恥ずかしいところを覚られないように、いずれ人類は裸になる」という独自の理論を展開し、学生たちとかみ合わない議論を繰り広げます。
吉岡の行方がつかめない秋子は、大学寮のエミの部屋に泊まることにします。ところが、寮の赤電話の前で女学生がテレフォンセックスをし、エミは秋子が見ていることも構わず、押入れの中で自慰行為を始めます。たまらなくなった秋子は部屋を飛び出し、野宿します。
翌日、秋子は高校の同級生の寺岡という男と再会を果たします。口説こうとする寺岡を、秋子はバッサリと断ります。

【転】- ドレミファ娘の血は騒ぐののあらすじ3

その後、秋子が「ベラクルス」の部室を訪ねると、吉岡とエミがセックスをしている現場に居合わせます。秋子はようやく憧れの吉岡との再会を果たしますが、当時の彼とは似ても似つかない軽薄でいい加減な男に成り下がったことに失望します。
抱き続けた夢が壊れ、秋子は田舎に帰る決心をします。しかし、そこに平山教授が現れ、「新自由心理学-知れば知るほど恥ずかしい」という著書を秋子に渡します。「恥じらい」の心理を独自の視点から研究している平山は、秋子を研究対象としてゼミへの参加を勧めます。
平山ゼミへ行くと、学生たちが平山提案の「恥ずかし実験」を無断で行っていました。すっかり淫乱の場と化した教室を見て、平山教授は怒り狂います。

【結】- ドレミファ娘の血は騒ぐののあらすじ4

肉欲を爆発させた教え子たちに見切りをつけた平山教授は、秋子を連れて地下の特別実験室へと向かいます。
道中、吉岡から自分が処女ではないことを暴露された秋子は、「恥ずかし実験」にふさわしい被験者ではないと肩を落とします。しかし、平山教授は「あなただけは真の恥ずかしさを知ることができる。そのことによって真の恥ずかしさを知ることができる」と彼女を励まします。
全裸にさせられた秋子は実験台の上に乗り、平山教授に股間を覗かれます。奇怪な「恥ずかし実験」は秋子をたちまち辱め、痺れを切らした平山教授は秋子の足に口づけを落としますが、その後の行為は拒絶されます。
秋子が目を覚ますと、平山教授の姿は消えていました。所在なく歩いていると、学生の1人に大学に戻らないかと声をかけられます。秋子は平山ゼミ生と戦争ごっこに興じ、アカペラで子守唄を歌う場面で、物語は幕を閉じます。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

今をときめく黒沢清監督の作品です。10代の学生たちが主人公の映画なのにちっともフレッシュさがなく、作品全体が空虚というか、すっからかんな感じがしました。恋や単位、就活、SNS上の人間関係など悩み多き現代の学生たちが観れば、当時のずいぶんとのんびりした世界観に脱力するかもしれません。

映画の感想を投稿する

映画「ドレミファ娘の血は騒ぐの」の商品はこちら