「ハッピーフライト」のネタバレあらすじ結末

ハッピーフライトの紹介:2008年公開の日本映画。パイロット、副操縦士、CA(キャビンアテンダント)、管制官、整備士など、航空機業界の知られざる興味深い内幕を、涙と笑いを交えて浮き彫りにした作品である。

この映画を無料で観る

予告動画

ハッピーフライトの主な出演者

鈴木和博(田辺誠一)、原田典嘉(時任三郎)、望月貞男(小日向文世)、斉藤悦子(綾瀬はるか)、田中真里(吹石一恵)、木村菜摘(田畑智子)、山崎麗子(寺島しのぶ)、高橋昌治(岸部一徳)、ライン整備士(田中哲司)、バードパトロール(ベンガル)

ハッピーフライトのネタバレあらすじ

【起】- ハッピーフライトのあらすじ1

鈴木は航空機の副操縦士で、現在は機長昇格訓練生です。ホノルル行きの国際チャーター便NH1980が、機長昇格のための最終路線審査でした。
当初は横(副機長の席)に乗る運航部門指導教官は温厚な望月が予定されており、期待した鈴木でしたが、当日になって望月が風邪を引いたため、指導教官が原田に変更になります。原田は見るからに頑固そうで威圧感を与える風貌で、鈴木は一気に緊張しました。
フライト前の1980便は整備士によって作業を完了し、なんとか離陸準備を完了させます。 この映画を無料で観る

【承】- ハッピーフライトのあらすじ2

新人CA(キャビンアテンダント)の悦子は今回国際線デビューです。チーフ・パーサー・麗子がCAを取りまとめるフライトでは「水をたくさん飲まないとならない(いっぱい泣くから)」という噂が流れるほど厳しいらしく、悦子は戦々恐々としました。
いよいよ1980便は離陸します。航空機発着時に鳥と衝突する「バードストライク」を回避する役目のバードパトロール・馬場(通称バード1号さん)は、折悪しく愛鳥連盟の抗議に捕まってしまい、空砲で鳥を追い払う役目を果たせませんでした。そしてこれが、1980便の運命を左右することになります。

【転】- ハッピーフライトのあらすじ3

離陸してからも機内の裏側は大混乱でした。デザートのチョコレートケーキの解凍に失敗した奈々のおかげで、CAたちは急遽空の上でデザート作りをするはめになります。また客席には偉そうなクレーマー・清水や、乗り物酔いしやすいカツラの男性・丸山はじめ、CAに次々と用事を言いつける乗客ばかりで、悦子は辟易しました。
そんな時、大変な事態が起こります。機体に異常が発見されたのです。機のエアデータ・コンピュータが狂った表示を示し始め、高度ならびにバランスを正常に保つことができなくなりました。
鈴木はパニックに陥りますが、それでも原田とのやりとりを経て、東京に引き返す決断を下します。

【結】- ハッピーフライトのあらすじ4

その頃管制塔に「離陸時に鳥がぶつかった」という情報が入ります。飛行機好きが作ったブログをチェックした管制塔では、機体にカモメが衝突している画像を確認しました。
また機内でも鳥衝突の知らせが入り、鳥がエンジンに入りこんだトラブルかと思われます。
結局、カモメが衝突したことで左のピトー管(速度計)が故障したことがトラブルの原因でした。右側のピトー管の整備は持ち越しでした。
飛行機をつつがなく着陸させて安堵した鈴木は、このフライトが最終審査であることを忘れています…。乗客は無事を喜びながら降りていきました。
(エンドロール)鈴木は機長に昇格し、袖の階級章が4本になっています。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハッピーフライト」の商品はこちら