「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のネタバレあらすじ結末

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いの紹介:結婚式直前のバチェラー・パーティにラスベガスへとくり出した新郎と友人たちが、翌朝目覚めると昨夜の記憶がなくホテルの部屋はカオス状態で新郎は行方不明、必死に新郎を捜す彼らに次から次へとんでもないハプニングが降りかかってくる。2009年米国。監督:トッド・フィリップス。低予算で作られ公開時のスクリーン数も少なかったが、思わぬ大ヒットとなり続編が制作された。

予告動画

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いの主な出演者

フィル・ウィネック(ブラッドリー・クーパー)、スチュアート[スチュ]・プライス(エド・ヘルムズ)、アラン・ガーナー(ザック・ガリフィアナキス)、ダグ・ビリングス(ジャスティン・バーサ)、ジェイド(ヘザー・グラハム)、トレイシー・ガーナー(サーシャ・バレス)、シド・ガーナー(ジェフリー・タンバー)、レスリー・チャウ(ケン・チョン)、黒い方のダグ(マイク・エップス)、メリッサ(レイチェル・ハリス)、フランクリン(ロブ・リグル)、マイク・タイソン(マイク・タイソン)、Mr.クリーピー(トッド・フィリップス)、ウェイン・ニュートン(ウェイン・ニュートン)、ラスベガスの通行人(フィル・ミケルソン)

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのネタバレあらすじ

【起】- ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのあらすじ1

結婚式を2日後に控えたダグは、親友のフィルとスチュとラスベガスへバチェラー・パーティに行く計画でしたが、婚約者のトレイシーの弟アランも無理して連れて行くことになります。
アランはいい歳をして定職も友達もなく、学校やファミレスへの接近禁止命令を受けているトラブルメーカーで、酒とギャンブル禁止令が出ています。
フィルはイケメンで要領のいい妻子持ちの学校教師、スチュは歯医者で性格のきつい恋人のメリッサに尻に敷かれながらもプロポーズを計画しています。
トレイシーのパパが貸してくれたベンツのオープンカーでベガスに到着した4人は、ホテルのヴィラ・スイートに部屋を取り屋上でアランが持ってきた酒で乾杯します。
翌朝目覚めると、スイート・ルームは滅茶苦茶に荒れ果て、床を鶏が歩き、バスルームには虎がいて、スチュは前歯が抜け、ダグは行方不明。おまけにクローゼットには見知らぬ赤ん坊がいました。

【承】- ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのあらすじ2

フィル、スチュ、アランは赤ん坊を連れてダグを捜します。ホテルの玄関前の彫像にはマットレスが刺さっていて、配車係が回してきた車はベンツではなくパトカーでした。
3人には昨夜の記憶が全くありませんが、フィルの手首に病院の患者用リストバンドがあるのに気付いて病院でDrに話を聞くと、昨夜脳震盪で受診したフィルの血液から大量のルーフィーと呼ばれるドラッグが検出された事と、「教会で結婚した」と騒いでいた事を知ります。
その教会に行ってみると、スチュが見知らぬ赤ん坊の母親と結婚式を挙げたことが判明し、突然謎のアジア人たちに襲撃されます。
逃げ出して結婚相手のストリッパーのジェイドの家へ行った3人は赤ん坊を返しますが、そこへ警官が踏み込んでパトカー窃盗容疑で逮捕されます。
フィルが交渉した結果、警察見学に来ていた小学生たちの体験学習で犯人役をすることでチャラにする事になり、警官は子供たちに3人へスタンガンを撃ち込ませます。

【転】- ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのあらすじ3

やっとの思いで釈放された3人は、レッカー移動されたベンツを引き取りに行きます。
トランクの中に人が閉じ込められているのでダグだと思い大急ぎで開けると、全裸のアジア人が飛び出して3人をぶちのめし逃げて行きます。
アランは「実は、昨夜の酒にパーティを盛り上げようとドラッグを入れた」と告白します。
ホテルの部屋に戻るとマイク・タイソンが待っていて、ペットの虎を盗んだと言ってアランを殴ります。3人は虎を薬で眠らせベンツに乗せて返しに行きますが、途中で虎が目を覚まし暴れてベンツの内装をボロボロにします。
タイソンの豪邸で昨夜の防犯カメラの映像を見ると、午前3時半まではダグも一緒にバカ騒ぎしていたことがわかります。
途方に暮れていると4WDが体当たりして来てベンツは大破し、トランクに入っていたアジア人チャウが「昨夜カジノで大当たりして稼いだ8万ドルを3人が盗んで自分をトランクに閉じ込めた。明日の夜明けまでに8万ドルを返さなければ人質のダグを殺す」と脅します。

【結】- ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのあらすじ4

カジノへ行った3人とジェイドは、ブラックジャックでアランが「レインマン」ばりのカード・カウンティングの才能を発揮して8万ドルを稼ぎ出します。
夜明けのモハーベ砂漠でダグと金を交換しますが、人質になっていたのはダグと言う名のアランがルーフィーを買った黒人の売人でした。
結婚式まであと5時間、ついにフィルはトレイシーに電話して「もうダメだ」と言います。
その時、売人のダグの「ルーフィーってのは屋根(ルーフ)までぶっ飛ぶって意味だが…」という言葉を聞いたスチュは、ホテルの彫像に刺さっていたマットレスを思い出します。
「ダグはホテルの屋上だ!」
屋上で真っ赤に日焼けしたダグを発見し、飛行機は満席だったのでベンツを飛ばして結婚式場に急行します。
少し遅刻はしたものの、ダグとトレイシーは無事に式を挙げることができました。
ダグのポケットにはチャウの8万ドル分のチップが入っていました。
式場でメリッサと口論になったスチュは、キッパリ別れることにします。
ベンツの中にあったデジカメに、記憶が飛んだ時の4人のハメを外した写真が残っていました。(エンド・ロールで写真が流れます)

みんなの感想

  • 蚊帳の外さんの感想

    「ソウ」の様に、提示されたいくつもの謎が点と線が次々と見事に繋がる様は圧巻。おバカなアメリカンの事の顛末を見ているのに所謂「生暖かい目」にならないのはこの流れが秀逸だからで、コメディじゃなければ「ソウ」のフォロワーとしたらその続編より優秀。迫り来るタイムリミットも「ソウ」の様だし、登場人物も限定して謎解きする様も「ソウ」の様。
    コメディとしても秀逸なんだけど、映画「ホステル」の様な「共感出来ない、欧米人のチャラ男」具合でそこに引く人もいるかもしれない。チャラ具合について行けるかが最初のハードル。そこを越えれば極上の「ソリッドシチュエーション」なコメディ作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の商品はこちら