「ハード・ウェイ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ハード・ウェイの紹介:1991年制作のアメリカ映画。ハリウッドのトップスターが、役作りのためにニューヨーク市警の刑事と一緒に殺人犯を追うようになることから始まる騒動を、コミカルなタッチで描くアクションである。

この映画を無料で観る

予告動画

ハード・ウェイの主な出演者

ニック・ラング(マイケル・J・フォックス)、ジョン・モス刑事(ジェームズ・ウッズ)、パーティ・クラッシャー(スティーヴン・ラング)、スーザン(アナベラ・シオラ)、ベニー刑事(ルイス・ガスマン)、ブリックス署長(デルロイ・リンドー)、ボニー(クリスティーナ・リッチ)

ハード・ウェイのネタバレあらすじ

【起】- ハード・ウェイのあらすじ1

ニック・ラングは人気絶頂のハリウッド俳優です。ファンも大勢いて豪勢な生活ですが、ニックの夢はアクション俳優になることです。依頼される役はアイドル路線の二枚目役ばかりで、ニックはもっとシブい大人の役をしたいのです。そんな折、ある映画の刑事役のオーディションが催されることを知ったニックは、応募を決めました。そして偶然テレビで目にし、「これこそ真のデカだ」と惚れこんだNY市警の殺人課の刑事・ジョン・モスに弟子入りすることにします。モスはその頃、連続殺人鬼である通称・パーティ・クラッシャー(パーティ潰し)を追うのに躍起になっていました。クラッシャーは、客の多く集まる場所で銃を乱射し人を殺す犯罪者です。

【承】- ハード・ウェイのあらすじ2

モスは署長に突然呼び出され、事件から外れてニックを相棒にしろと言われました。大物俳優のニックに怪我を負わせてはならないと考えた署長は、もっと安全で無難な捜査にニックを同行させろとモスに指示します。事件から外されても、モスはひそかにクラッシャーの捜査を続けました。モスはしぶしぶニックを連れて捜査に出ますが、興奮したニックは空回りしてモスの足手まといになります。またニックは刑事の私生活も知りたいと言い、モスの家にまで押し掛けました。モスには娘がいるバツイチの女性・スーザンと恋人同士になっていましたが、そのデートの場にまでニックが現れるので、モスは辟易します。

【転】- ハード・ウェイのあらすじ3

ストーカーばりに自分につきまとうニックにノイローゼ気味になったモスは、仲間の刑事に相談を持ちかけます。そしてある夜、クラッシャーが現れた現場で、ニックは一般人を誤射してしまいました。動転するニックにモスは「自分が罪をかぶるから、ハリウッドに戻れ」と言い、ニックは素直に従います。実はこれはモスが仲間の刑事と示し合わせた、ニックを追い払うための偽の芝居でした。空港まで行ったニックは「モスに罪を着せるのは悪い」と引き返し、自分が騙されたことを知り怒ります。そのときクラッシャーが現れた一報が入りました。ニックも現場へ急行し、なんとニックがクラッシャーを逮捕します。 この映画を無料で観る

【結】- ハード・ウェイのあらすじ4

しかしクラッシャーはすぐに護送車から逃げ出しました。そしてモスの恋人・スーザンを人質にとってニックの映画看板の宣伝用ハリボテに立てこもります。モスとニックはクラッシャーと激闘を繰り広げ、クラッシャーはハリボテから墜落死しますが、直前にニックはクラッシャーに脇腹を撃たれてしまいました。瀕死の重傷を負っていてもなお演技のことばかり考えているニックを見て、モスは「自分は刑事バカだが、こいつは役者バカだ」と初めてニックを理解し親近感を抱きました。…その後、関係者一同は、完成した試写会に呼ばれます。映画でニックは、モスが語ったシブい台詞をみごとにパクっており、モスは怒りながらも笑っていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハード・ウェイ」の商品はこちら