「パパVS新しいパパ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

パパVS新しいパパの紹介:2015年公開のアメリカ映画。。ショーン・アンダース監督、ウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグが主演の作品。再婚相手の子どもたちに新しいパパと認められたばかりの男が、実父の登場に翻弄されるさまをコミカルに描く。

予告動画

パパVS新しいパパの主な出演者

ブラッド・ウィテカー(ウィル・フェレル)、ダスティ・メイロン(マーク・ウォールバーグ)、サラ(リンダ・カーデリーニ)、メーガン(スカーレット・エステヴェス)、ディラン(オーウェン・ウィルダー・ヴァッカロ)、レオ・ホルト(トーマス・ヘイデン・チャーチ)、Dr.フランシスコ(ボビー・カナヴェイル)、グリフ(ハンニバル・バレス)

パパVS新しいパパのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①バツイチ子持ちの女性・サラと結婚したブラッドが、義理の子・ディランとメーガンのよき父親になろうとする努力が報われた頃、実の父・ダスティがやってきた。家族を取り戻すために来たダスティと張り合うが、ブラッドはことごとく負けてしまう。 ②家を出て会社に寝泊まりしたブラッドだが、ダスティは子どもの送迎や行事に疲れる。ブラッドと打ち解けたダスティは町に留まり新たな家族を作るが、そこにも実父が登場!

【起】- パパVS新しいパパのあらすじ1

アメリカ。
ブラッド・ウィテカーは〝ザ・パンダ スムースジャズ ラジオ〟というラジオ局に勤務する男性です。
ブラッドは、バツイチの子持ち女性・サラと結婚して8か月になります。サラには、息子・ディランと娘・メーガンの二児の母親でした。
3年前に歯医者で歯のレントゲン撮影をした時に、トラブルで股間にレントゲンが照射され続けたブラッドは、それが原因で子どもができない身体になりました。それでもブラッドは父親になりたかったので、サラの子どもたちを可愛がります。
学校への送り迎えはもちろんのこと、子どもたちのイベントのボランティアなどを必死でこなすブラッドは、ほかの親御さんたちにも好感を持たれています。
結婚して8か月、ブラッドの努力の甲斐があり、子どもたちも少しずつなついてきました。
ある日、ディランがブラッドと2人だけの男同士の話をしたいと言い出して、ブラッドは意気込みます。ディランの話は上級生の4年の子たちがいじめてくるという話で、ブラッドは頼りにされたと内心喜びました。
さらに帰宅した娘・メーガンが、今度の『父と娘のダンス会』に一緒に来てくれと頼み、ブラッドは嬉しさのあまり大泣きします。
やっと真の家族になれたと思ったブラッドが幸福を噛みしめている時に、家に電話がかかってきました。それはディランとメーガンの実の父親であり、サラの元夫であるダスティ・メイロンからの電話で、会いに行くという用件です。
ダスティは特殊部隊の隊員でカメルーンにいましたが、アメリカに帰国するので立ち寄りたいというのです。
強がったブラッドは迎えようと思いますが、サラは嫌がりました。サラが言うには、ダスティは上手に振る舞って他人を自分の都合のよいように操作するところがあるのだそうです。
ラジオ局の社長男性レオ・ホルトも、気をつけろと警告しました。それでもブラッドは、大丈夫だと思います。

翌日、ラジオ局を早退したブラッドは、ダスティを空港まで迎えに行きました。
非常に言いにくいのですが、ブラッドは見た目が地味で華がありません。それに対して空港に現れたダスティは、男の目から見てもワイルドなイケメンでした。ダスティかと話しかけますが、「違う」と否定されます。
空港でダスティを拾えなかったブラッドが車で帰ると、家にハーレー(大型バイク)が止まっていました。家にいるのは空港で会った、「違う」と否定した男性です。やっぱりダスティだったのです。
ダスティは久しぶりに会ったディランとメーガンに歓待され、寝かしつける時にもおとぎ話で2人を楽しませ、しかも小遣いをやるという作戦で、8か月かけてブラッドが必死に築き上げた父親という地位を脅かしました。

【承】- パパVS新しいパパのあらすじ2

何よりも、ダスティに全く相手にされていない感じを受けたブラッドは、その日から必死で張り合おうと思います。
ダスティが「自分は身を引くつもり」と言う交換条件として1週間の滞在を許してほしいと言ったので、ブラッドは受けました。「ダスティは人を丸めこむのが上手なのだ」とサラはブラッドに訴えますが、ブラッドは聞き入れません。
翌朝、ダスティは早朝に起きてジョギングも済ませ、子どもたちが起きてくる頃には朝食も作っていました。しかもジョギング中に見つけた捨て犬・チューマ(「腫瘍」という意)を家に招きます。
断ると殺処分になると言われたブラッドは、飼わざるをえない状況に追いやられました。
ダスティのバイクが邪魔なのでどけようと運転したブラッドは、アクセルを吹かしすぎて家に突っ込み、壁を壊してしまいます。
ブラッドは軽傷を負いましたが、バイクは無傷でした。
ブラッドの代わりに車を運転したダスティは、子どもたちを学校に乗せた後、ブラッドを会社に送ります。車中でダスティは「サラは妊娠を望んでいると思う」と囁き、ブラッドは動揺しました。
会社についてきたダスティは、警戒しろと警告するレオ社長の胸についているバッジを見て空挺師団のものだとほめたたえ、あっという間にレオ社長は懐柔されます。
ジングル(ラジオのコマーシャルに入れる短い音楽)のレコーディングを見学したダスティは、歌手よりもいい声で歌ってみせました。結果、ダスティの声がジングルに起用され、それが使われるたびに1回182ドル(約21000円)の金がダスティの懐に入ることになります。
帰宅すると壁の修理に便利屋の黒人男性・グリフがやってきていました。ダスティは「自分たちだけでできるだろう」とけしかけ、グリフを追い払う役目をブラッドにさせます。
グリフは黒人だからクビにしたのかと言い、ディランとメーガンにも人種差別する人間なのだと誤解されました。ダスティはけしかけておきながら、家に工具がないのなら便利屋を雇えと言います。
その夜、ブラッドはサラに子どもが欲しいのかと聞きました。サラは「確かに赤ちゃんは欲しいが、現状で満足」と答えます。それよりも、ブラッドがディランとメーガンのいい父親になってくれたことが何よりも嬉しいと言いました。

確かにブラッドはいい父親でした。校外授業、ガールスカウトなどには積極的に参加しますし、バスケのコーチや教会のボランティアも務めます。

【転】- パパVS新しいパパのあらすじ3

その間にディランは便利屋の黒人・グリフを手なずけて手伝わせ、家の庭に子ども用の秘密基地やスケートボードができる場所を作っていました。
華麗にダスティがスケボーを操るのを見たブラッドは対抗しようとしますが、ジャンプしすぎて電線に当たり、感電します。
ダスティだけでなく黒人のグリフも気づけば家にいるのが当たり前になっていました。家はどんどんダスティのペースになっていきます。

ディランがまたいじめられて帰ってきました。ブラッドは平和的に解決したいと思いますが、ダスティは反撃の仕方を教えようとします。
サラの判断で、最低限の反撃方法だけ教えることにしましたが、ディランは消極的です。説得してくれと言われたブラッドは「昔自分もいじめられていたが、殴り返したらいじめがやんだ」と話してディランをその気にさせました。
しかし嘘をつくのが嫌いなブラッドは、すぐに先の話を否定します。実際のブラッドは、私立に転校していじめから逃げました。それを聞いたディランは、私立に転校したいと言い出します。
ブラッドはそれを制して、続きを話しました。「でも今では悔いている。逃げることを覚えたから。もしダスティのような父が自分にいれば、逃げることを覚えなかったのに」と言って、ディランに反撃の仕方を覚えろと諭しました。ディランもそれに従います。
ダスティは誠意あるブラッドに感嘆し、お礼に不妊治療の権威エミリオ・フランシスコ医師を紹介すると言いました。サラは喜びます。
それを聞いたレオ社長は「はめられた」と言いました。ブラッドの検査結果で生殖能力がないと分かれば、サラが落胆するだろう、それが作戦なのだと言います。そして実のところ、ダスティはそのつもりでした。

エミリオ医師に紹介し、ブラッドの検査が行なわれました。結果、レントゲン照射とは関係なく、睾丸の形が少し変わっていて血流が滞り、生殖機能が低下しているのではないかと言われます。
さらに後日の検査で、ブラッドは生殖能力を持っていると判明しました。ダスティという強いライバルの出現で、皮肉にもブラッドの男性ホルモンが活性化されたらしのです。
それを聞いたダスティは、複雑な気持ちになりました。
ダスティは最初「身を引く」と言っていましたが、それは真っ赤なウソでした。本当はブラッドを家から追い出して、家族を取り戻したいと思っているのです。
これからは正々堂々と勝負するとダスティはブラッドに言い放ちました。ブラッドもダスティに対抗心を燃やします。

【結】- パパVS新しいパパのあらすじ4

4月なのにクリスマスプレゼントだといい、ブラッドは子どもたちのご機嫌をとりました。
メーガンにはポニーを、ディランにはNBA(バスケットボール)のプレーオフチケットをプレゼントします。
しかし会場へ行ってみると、トレーニング担当のマルコがディランの顔見知りで、ディランは大好きなコービー選手に紹介してもらえましたし、VIP席で観戦できて大喜びしました。
いっぽうブラッドは、そのチケットを手に入れるために1万8000ドル(約212万)を払っており、それを知ったサラは怒ります。やけ酒をあおったブラッドは試合途中のイベントで酔っ払ってコート内で暴走し、追い出されました。
家族にもあきれられたブラッドは、ダスティに完敗したと思い、家に帰らずに会社に寝泊まりします。
ダスティは勝利を噛みしめました。

ところがダスティが父親役を始めると、大変だということにすぐ気付きます。
子どもたちの毎日の送り迎え、地味なボランティア活動、そんな役目はできないとダスティは早々に音をあげました。ブラッドは実の父親でもないのにそれをこなしていたのだと、サラはダスティに言います。
ラジオ局に黒人のグリフがやってきて「パパは簡単に家族をあきらめたりしない」と励ましました。その言葉に心を撃たれたブラッドは、もう一度がんばろうと思います。
娘のメーガンの『父と娘のダンス会』の日、ダスティはバーで飲んでいました。やってきたブラッドに対し、自分は父親に向きそうにないから、諦めて町を出ると言います。
ブラッドはディランを引き立てて2人で会場へ行き、メーガンの元へ向かいました。
その時、ディランがその会場でいじめられているとメーガンが言いました。ブラッドとダスティが行くと、ディランが尻もちをついていますが、いじめている相手はなんと女の子です。
ブラッドとダスティは「最低限の反撃の仕方」を教えましたが、それは相手が男の子だと思いこんでのことでした。慌てて制止しようとしますが、ディランは教わったとおりに「パンチ&股ぐらを蹴る&罵倒する」を実行します。
少女はディランのことが好きで、好きだからいじめていたのでした。少女の父が怒って、父親は誰だと詰め寄ります。2人を前にして、実の父・ダスティと戦おうとします。
ダスティも応戦しようとしましたが、娘のメーガンの目があるので、ダンスの戦いにしようと言いました。
ダスティに続いてブラッドも踊り始め、相手の男は怒る気が失せます。
みんなもダンスを始め、ディランも相手の女の子と踊って和解しました。
ブラッドはディランに、町に残って子どもたちの成長を見守れと言います。
ブラッドは家を留守にしたことをサラに謝罪しました。

後日。
ディランは町に残り、ラジオのジングルで儲けた金で、ダスティの家の向かいに城を絶てます。
そしていつの間にか子持ちの新たな妻・カレンを迎えました。カレンにはアドリアナという娘がいます。
ブラッドとサラにも息子が生まれました。グリフという名をつけます。便利屋の黒人・グリフとも家族同然と付き合いを続けています。
ある日ダスティの城へ、カレンの元夫かつアドリアナの実の父・ロジャーがやってきました。ハーレーで乗りつけたロジャーはムキムキマッチョで、ダスティは勝てる気がしません。
友好的に接しようとロジャーかと話しかけたダスティに、ロジャーは「違う」と否定しました。以前似たような光景を見たような…(笑)。歴史は繰り返すのです。
ダスティがロジャーに勝てるのかは分かりませんが、ダスティにはブラッドという味方がいます。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

このラストは想像できんかった!(笑)
パラマウント配給だし、『テッド』のマーク・ウォールバーグが出ていて、なぜこれが劇場スルーされたのかが判らない。
うまくまとまっていると思ったんだけどもな。
少し接する分には人当たりのよいダスティ。しかし元妻のサラがいうとおり、うまいこと自分のペースに持ち込んで人を操るのがうまい。
ブラッドがどんどんダスティの罠にはまってしまう過程もきちんと描かれていて、文句なしに面白かった。

映画の感想を投稿する

映画「パパVS新しいパパ」の商品はこちら