「ファンシイダンス」のネタバレあらすじ結末

ファンシイダンスの紹介:1989年公開の日本映画。周防正行・監督の一般向け映画の第1作である。岡野玲子のコミック『ファンシィダンス』を原作に、寺の跡取り息子として禅寺の修行に励む大学生の姿を描く。原作は「ィ」だが映画では「イ(大文字)」。

予告動画

ファンシイダンスの主な出演者

塩野陽平(本木雅弘)、赤石真朱(鈴木保奈美)、塩野郁生(大沢健)、笹木英峻(彦摩呂)、信田珍来(田口浩正)、良好(渡浩行)、晶慧(甲田益也子)、北川光輝(竹中直人)、寿流(菅野菜保之)、古参(徳井優)、硫一(大槻ケンヂ)、南拓然住職(村上冬樹)、塩野静子(宮本信子)

ファンシイダンスのネタバレあらすじ

【起】- ファンシイダンスのあらすじ1

陽平はパンクロックバンドでリードボーカルを務める、平凡なお調子者の大学4年生の男でした。
しかし陽平の実家は寺でした。陽平は寺の10代目の跡取りとして、禅寺に修行に行かねばなりません。
陽平は恋人・真朱(まそほ)を置いて、田舎の禅寺・明軽寺に修行に入りました。
修行には弟・郁生も来ていました。郁生は実家を継がず(実家は兄の陽平が継ぐから)、養子に入る「逆玉の輿」を狙っての修行です。
修行僧として寺に入った陽平を待っていたのは、修行と称した厳しいしごきの生活でした。食事は基本的に朝は粥、他も一汁一菜とつつましやかで、掃除、座禅、法務(寺の仕事全般、檀家さんへ廻るなど)…ストイックな生活です。 この映画を無料で観る

【承】- ファンシイダンスのあらすじ2

しかし陽平は修行により、仏門の様式美に惹かれていきます。
また先輩の古参なども「手の抜き具合」を心得ており、寺の僧侶が留守にする夜にこっそり寿司の出前を取るなどしております。陽平らも寺の僧侶の留守を狙って、菓子折りを盗み食いしました。
柿ドリンクを売る会社・木本商会に就職したアツシが、参禅に来ます。すました顔で修行する陽平を見たアツシは「真朱が硫一と付き合い始めた」と嘘をつきました。陽平は平静さを装いますが、内心は穏やかではありません。
そんな陽平を真朱が訪ねてきました。真朱は自分の誕生日を忘れていた陽平に怒っています。真朱は色仕掛けで陽平を誘いますが、その現場を寿流に目撃されました。

【転】- ファンシイダンスのあらすじ3

何かと問題の絶えない陽平は、罰として名物住職・南択然老師のもとで修業します。
老師は少し痴呆が入り始めているのかと疑われる人物ですが、無邪気なご老人で、陽平は老師と過ごす生活に安らぎを覚えました。
そうしているうちに、修行の一年が経過しました。修行は一年で終わりです。
解放される日も近いと喜んだ陽平ですが、寺の僧侶たちの陰謀(?)により、陽平は「首座(しゅそ)」という修行僧のリーダーの役目を命ぜられました。これにより、山から降りる日も延期されてしまいます。
落胆した陽平ですが、晶慧から「あなたに(首座が)務まるとは思わない」発言をされ、一念発起して頑張りました。老師のもとで修業に打ち込みます。 この映画を無料で観る

【結】- ファンシイダンスのあらすじ4

ついに法戦式の日が来ました。法戦式とは、修行と悟りについての大問答を一生に一度勤める儀式です。
陽平はここで、光輝らとともに、難しい問答も立派にこなしました。
しかし最後になって、陽平を嫌う寿流から「修行中に女人(にょにん)と会っていたのはどういうつもりか」と問われた陽平は、堂々と「あるがままだ」と答えます。陽平の成功は目前でした。
しかしそこで歩み寄ってきた真朱に、ついふらふらと陽平はキスをしてしまいます。これによって修行は失敗しました。
破門だと言われた陽平を庇ったのは老師でした。陽平は再び寺の老師のもとで、修行を続けることになりました…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ファンシイダンス」の商品はこちら