「ブエノスアイレス恋愛事情」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ブエノスアイレス恋愛事情の紹介:2011年公開。バーチャル時代を生きる男女を主人公に、思うように行かない日常をユーモアを交えて描いている。グラマード映画祭のラテン映画部門で監督賞、作品賞、観客賞を受賞した作品。出演は俳優のみならず、アートディレクターの活動も行っているハビエル・ドロラス。そしてコロンブスの子孫で「女王ファナ」で主演を演じたピラール・ロペス・デ・アジャラも出演。

予告動画

ブエノスアイレス恋愛事情の主な出演者

マルティン(ハビエル・ドロラス)、マリアナ(ピラール・ロペス・デ・アジャラ)、アナ(イネス・エフロン)、ルーカス(アドリアン・ナヴァーロ)、ラファ(ラファエル・フェロ)、マルセラ(カーラ・ピーターソン)、医者(ホルゲ・ラナタ)、マリアーナの元カレ(アラン・パウルス)、マルティンの元カノ(ロミナ・パウラ)

ブエノスアイレス恋愛事情のネタバレあらすじ

【起】- ブエノスアイレス恋愛事情のあらすじ1

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでは、多くの建築物が立ち並んでいました。多くの人々が住んでいても、コミュニケーションは少ない現代です。
とあるマンションで一人暮らしをしているマルティンは、ウェブデザイナーの仕事を行っています。仕事は順調ですが、人と接することはほとんどありません。
全てがインターネットを通して行われています。彼は恐怖症を患っていて、医者に相談してカメラで撮影しながら、人のいる外へ出かける事を勧められます。
出かける時は、リュックサックに必要な物を詰めて行きます。調子が悪いと感じて医者に相談すると、異常は無いと言われます。リュックは軽くしたほうが良いと言われます。
7年前、マルティンは恋人から家に戻らないと言われていました。彼女と可愛がっていた犬と一緒の日々を送っています。 この映画を無料で観る

【承】- ブエノスアイレス恋愛事情のあらすじ2

マルティンは犬の面倒を見てもらおうと、ネットで申し込みをします。アナという若い女性がやってきて、一緒に犬達と散歩に行きます。
それからアナと肉体関係を持ち始めて会うようになります。しかし、アナの携帯は恋人らしき人物からの連絡が多い様子です。
アナとは上手くいかなくなったのか、マルティンはネットで知り合ったマルセラという女性と会います。
彼女とデートをしてホテルに行きますが、失敗してしまって落ち込むマルティンでした。
一方、マリアナは4年間付き合った彼氏と別れて、元住んでいた部屋に帰ってきていました。建築家になりましたが、建築が苦手でしていませんでした。
マネキンを使って、ディスプレイの仕事をする毎日です。本の中のウォーリーを探すのが日課となっています。

【転】- ブエノスアイレス恋愛事情のあらすじ3

ある日、マリアナは仕事先の男性から夕食を誘われます。20階にあるレストランに誘われますが、閉所恐怖症のマリアナは階段で行くことにします。
途中までは男性もついてきますが、バテてしまってマリアナは一人で登ります。男性がエレベーターで先に行って、レストランで待ちます。マリアナは彼を置いて一人で帰ることにします。
ある日、プールの会員のマリアナは、泳いでいるとバテてしまいます。そこで知り合った精神科医の男性とデートに行きます。ホテルでベッドに入りますが、上手くいきませんでした。
マリアナは彼氏との思い出の写真をパソコンから消していました。そして店のディスプレイで、マネキン代わりに自分がポーズをとります。
マリアナは、唇にピアスをつけることにします。そして靴箱と呼ばれるマンションから、陽の光を入れるために窓をつけることにします。 この映画を無料で観る

【結】- ブエノスアイレス恋愛事情のあらすじ4

その頃、マルティンも同じように窓を作っていました。隣のマンションに住む二人は、お互いに窓の場所が広告と重なり合って面白い状態です。
仮想世界の時代となった現代で、マルティンとマリアナはチャットをすることにします。二人はネット上で知り合い、マルティンはマリアナに朝起こして欲しいという理由から、電話番号を教えようとします。
すると停電が起こってしまって、パソコンの電源が落ちます。ロウソクを買いに行った二人は、偶然にもリアルで出会います。
その日以外でも二人は、すれ違っていましたが、近くで見たのは初めてでした。ロウソクを灯した後、電気が復旧してロウソクを消します。
そしてある朝、マリアナはマルティンが散歩している姿を見つけます。慌てて部屋から飛び出して、彼に会いに行ってエンディングです。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、大都市において近くにいても、コミュニケーションをとらず一人ぼっちな人々と建築物の関係性、そして仮想世界の時代となった現代を問題提起しているように感じました。
マンションを靴箱と表現していることや、様々な建築物が登場するのが特徴的な映画です。その建築物の側面と人間性を例えたりと、奥の深い内容です。
面白い場面では、マルティンとマリアナが窓を開けたシーンがあります。広告と重なり合っていて、マルティンの窓は男性の股間の場所で面白かったです。
今作では、マリアナがウォーリーの本を、マルティンはアトムのフィギュアを登場させます。親近感の湧く場面です。
ストーリーは淡々と描かれていて、テンポが良い印象です。バックで流れる音楽も良くて、お洒落な演出で見続けてしまいます。所々想像力のいる場面がありますが、そこが更にオシャレ感を高めてると言えます。
最後まで見終わって、インターネットの普及や人の欲求が創り出す物について深く考えさせられました。物やバーチャルなものが与える影響を、真剣に考えさせてくれる映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ブエノスアイレス恋愛事情」の商品はこちら