「ベイビーメイク私たちのしあわせ計画」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ベイビー・メイク 私たちのしあわせ計画の紹介:2012年制作のアメリカ映画。子供が欲しい愛する妻のため、仲間と共に精子バンクに強盗を計画する夫の姿を描いている。テレビでも活躍するジェイ・チャンドラセカールが監督を務め、自身も出演してユーモラスな作品へと仕上げた。ポール・シュナイダーとオリヴィア・マンの絶妙な夫婦仲にも注目の作品。

予告動画

ベイビーメイク私たちのしあわせ計画の主な出演者

トミー(ポール・シュナイダー)、オードリー(オリヴィア・マン)、カレン(アイシャ・タイラー)、ダレル(ウッド・ハリス)、ロン(ジェイ・チャンドラセカール)

ベイビーメイク私たちのしあわせ計画のネタバレあらすじ

【起】- ベイビーメイク私たちのしあわせ計画のあらすじ1

トミーはオードリーと結婚して3年が経っていました。オードリーはそろそろ子供をと提案しますが、トミーはえっちな玩具の話しを持ち出します。とまあ冗談はおいといて、二人は子作りを様々な場所で行います。
それから9ヶ月が経ちますが、子供が一向にできません。トミーはうっかり仕事だと言ってしまいます。オードリーは義務だと思っているのと怒ります。トミーはうまく言い訳します。
実はトミーは昔、パサデナの精子バンクで精子を売っていました。一回85ドルで20回提供し、儲けていました。そのお金で、オードリーとの結婚指輪を買いました。
オードリーはここだけの話しとして、友人3人に子供ができないことを話します。すると町中に噂は広まり、トミーは世界中の人に話したのかとオードリーに問いかけます。
オードリーはヴィッケリー先生の受診の予約をとります。病院でしごくことに、トミーは乗り気ではありませんでした。友人のウェイドがこっそりと、トミーの元カノのターニャの裸の写真をポッケに入れてあげます。
検査当日、トミーはビデオを見ながら、検査用の精子を出すことに勤しみます。ボタンを間違えたのか、音量が大きくなりすぎます。女性医師から音量を下げるように言われ、トミーは帰ることにします。
オードリーは家で出して持っていけば良いとアドバイスします。彼女が出かけた後、トミーは妄想しながら出すことに勤しみます。
途中、教会の女性がカタログを持って訪ねてきます。トミーは、今はイエス様はタイミングが悪いかもと言います。
もらったカタログが気になり、トミーは枕の中にしまい込みます。再び妄想していると、イエス様が出てきて、出すことができません。

【承】- ベイビーメイク私たちのしあわせ計画のあらすじ2

トミーはウェイドが渡してきたターニャの写真を使っては駄目だと思います。近くにあった雑誌の拍子のメロンをおっぱいに見立ててフィニッシュです。
急いで病院に持っていくと、タイヤがパンクしてしまいます。何とか時間までに精子を届けることに成功しますが、ターニャの写真を洗面所に置いてきたことを思い出します。
ウェイドに頼んで取りに行ってもらいます。風で写真は飛ばされて、ウェイドはメロンの凄さに驚きます。するとオードリーが帰ってきて、ウェイドは慌てて隠れます。
オードリーがシャワーを浴びだして、ウェイドは窓の外にぶら下がります。トミーが急いで帰ってきて、オードリーには写真が見つからずに済みます。
検査の結果、オードリーに問題はありませんでした。問題なのはトミーの精子でした。彼の精子は数が少なすぎて、画像で見ると酔ってるみたいでした。
精子の少ない原因は、睾丸の打撲の可能性がありました。トミーは度々、睾丸に打撃を受けていましたが、覚えがないと嘘をつきます
小型カメラで検査しても、方法が見つからなければ、ドナーを頼むしかないとヴィッケリー先生は言います。
うっかりトミーは、精子バンクに提供したことを話します。オードリーはトミーに、20人も子供がいることを知ってブチ切れます。
トミーはパサデナの精子バンクに行って残ってないか聞きます。1つだけ残ってると聞きますが、職員がよく見ると、3週間前にカップルに売っていたことが分かります。
トミーはそのカップルの連絡先を無理やり手に入れます。事情を説明しに、カップルの家に行くと、レズリーとジェフリーが出てきます。二人はゲイでした。
トミーは費用などを出すから返して欲しいと申し出ます。しかし、ジェフリーはレズリーに似た人の精子を探していて、どうしてもトミーのを使いたいと言います。
諦めかけていたトミーに、レズリーがこっそりと精子を返すと言ってきます。その代わり、レズリーはトミーの穴に突っ込みたいと言います。トミーが困っていると、レズリーは自分の穴に入れてくれてもと提案します。

【転】- ベイビーメイク私たちのしあわせ計画のあらすじ3

ウェイドに相談したトミーは、精子バンクから盗むべきとアドバイスされます。成功させるためにも、ウェイドは元インディアン・マフィアの回収屋・ロンを紹介します。ロンは5000ドルで提案してきます。トミーは住宅貯金の1万ドルから出すことにします。
トミー、ウェイド、ジグザグ、ロンは念入りに計画を立て、今回の作戦を砂漠の精子作戦と名付けます。
オードリーは中国人の赤ちゃんを見て惚れてしまいます。トミーに養子を探すことを提案します。養子の費用は1万ドルでした。
トミーはウェイドと共に作戦の中止をロンに伝えに行きます。彼は了承しますが、コカインを鼻から吸っていました。また、ロンは受け取った5000ドルを全て使ってしまっていました。
母が肝臓を壊して、緊急で金が必要だとトミーは訴えます。最善を尽くすというロンでした。
オードリーは養子のことがどうでもよくなります。風で流れたターニャの写真を見つけたからです。オードリーは家から出て行ってしまいます。ウェイドのだとトミーは訴えますが、それならなぜ家にあるのかと言われます。
トミーは再度、精子バンクを襲うことを決意します。友人のダレルも参加することになります。必要な物を取りに行くといって、ダレルは逃げていきます。
トミーがロンに作戦の再開を伝えに行くと、彼は肝臓を用意してくれていました。母のことは嘘なんだとトミーは言います。嘘をつく奴は信用できないと、ロンはさらに5000ドルを要求します。
トミーは4000ドルを持ってきていて、ウェイドが40ドル、ジグザグが8ドル出します。それでもロンは難色を示すので、ウェイドがターニャの写真を出します。ロンは彼女と会えることを期待し、引き受けてくれます。

【結】- ベイビーメイク私たちのしあわせ計画のあらすじ4

そもそも精子バンクに行って、自分の精子を盗む奴なんていませんでした。だから警備なんていません。ロンはボロい商売だと笑います。
侵入しに向かいますが、ロンは暗証番号を忘れて、ピッキングキットのケースが開きませんでした。なので、窓ガラスを割って侵入します。するとロンは暗証番号を思い出します。
別々にトミーの精子を探しに行きます。ウェイドは高所にある容器をとろうとして、うっかり落としてしまいます。床が精子だらけになって、つるつる滑ってしまいます。
トミーは自分の精子を見つけて、容器を手にとります。しかし、皮膚にくっついてとれなくなってしまいます。無理やり剥がすと、皮膚がとれてしまいます。
外の車で待機していたジグザグは、パトカーを見つけて中止の合図のクラクションを鳴らします。
ジグザグは逃げ出して、トミーたちは集合して隠れます。ロンが結婚したての新婚が乗った車を奪ってきます。
その車で逃げてると、ジグザグと衝突事故となります。そこへパトカーがやってきて、トミーは溶け始めてる精子を持って逃げ出します。
オードリーは留守電から気づいて車を走らせます。ウェイドから精子を手に入れたことを聞いて、急いでトミーの元へ向かいます。
トミーは立て籠もっていました。警官に説得されている中、オードリーが駆けつけます。オードリーは説得に向かわせてもらいます。
オードリーはターニャで抜くはずないのにと理解を示します。トミーはメロンで抜いたことを謝ります。
トミーとオードリーが外に出ていくと、警官たちが銃を向けてきます。
ロンたちの協力により、精子の入った容器の撹乱作戦が成功します。トミーたちは捕まりますが、オードリーは精子の容器を持って帰ることに成功します。
20ヶ月の奉仕活動の後、ロンとターニャの子が誕生します。そしてトミーとオードリーの間には、三つ子が生まれていました。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、精子バンクに自分の精子を盗みにいくという変わった趣向が斬新な作品です。
細かい部分にまで笑いを含めていて、精子の容器がくっついたりと、ほのぼのとした空気の中でドタバタ劇が繰り広げられます。
子作りをネタにした下ネタのオンパレードの作品ですが、夫婦の愛の再確認ができる場面など、感動することもできます。ぜひご夫婦揃って、大いに笑ってください。

映画の感想を投稿する

映画「ベイビーメイク私たちのしあわせ計画」の商品はこちら