「ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツ」のネタバレあらすじ結末

ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツの紹介:1990年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第2弾。前作で結ばれた2人に今度は女の赤ちゃんが生まれ、またもや騒動が勃発する。

予告動画

ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツの主な出演者

モリー(カーティス・アレイ)、ジェームズ(ジョン・トラボルタ)、スチュアート(イライアス・コティーズ)、ロージー(オリンピア・デュカキス)、マイキーの声(ブルース・ウィリス)、ジュリーの声(ロザンヌ・バー)

ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツのネタバレあらすじ

【起】- ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツのあらすじ1

公認会計士のモリーとタクシー運転手のジェームズは結ばれて、モリーの息子・マイキーとともに幸せな結婚生活を送っていました。そのマイキーももうすぐ3歳を迎えようとしています。しかしマイキーを中心に回っていた世界が変わろうとしていました。モリーとジェームズの間に、待望の赤ちゃんが生まれるからです。モリーは無事に女の子を出産し、マイキーは妹であるジュリーと会いました。マイキーは自分の天下が終わることを確信します。

【承】- ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツのあらすじ2

1年後モリーとジェームズの家に闖入者が現れます。モリーの弟スチュアートでした。スチュアートは勤務していた会社を辞め、モリーの家に転がり込んできたのです。面白い叔父さんの出現に、マイキーとジュリーは喜びます。しかしこのころから、幸せな家庭に少しずつ暗雲がたちこめていました。ジェームズはタクシー運転手を辞めて、念願のパイロットへの夢を果たします。しかし小型セスナのパイロットですので、お給料はいまひとつでした。

【転】- ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツのあらすじ3

微妙な空気の家庭にスチュアートまで居候を始め、しかもモリーは弟に甘いので、家ではモリーとジェームズの諍いが絶えません。ジェームズはとうとう家を飛び出してしまいました。家庭が崩壊するかと危ぶまれますが、ある嵐の日にモリーがジェームズを心配して空港まで駆けつけたことから、2人の仲は元通りになります。ジェームズは家に戻ってきました。

【結】- ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツのあらすじ4

相変わらず居座るスチュアートを加えての、奇妙な同居生活にトラブルが起きます。スチュアートが留守を預かっているとき、強盗が入ってきたのです。スチュアートが強盗を捕まえようと躍起になっているあいだに、キッチンが火事になりジュリーが取り残されてしまいます。しかしマイキーが無事にジュリーを救出し、兄と妹の関係は深まりました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツ」の商品はこちら

ベイビー・トーク 2 リトル・ダイナマイツ [DVD]