「ホームアローン3」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ホーム・アローン3の紹介:1997年公開のアメリカ映画。泥棒をあの手この手で撃退するいたずらっ子の活躍を描く人気コメディシリーズの第3作。主演には前2作のマコーレー・カルキンから交代して、「素晴らしき日」のアレックス・D・リンツが起用された。

この映画を無料で観る

予告動画

ホームアローン3の主な出演者

アレックス・プルット(アレックス・D・リンツ)、ピーター・ボープレー(オレク・クルパ)、アリス・リボンズ(リア・キルステッド)、バートン・ジャニガン(レニー・フォン・ドーレン)、アール・アンガー(デイヴィッド・ソーントン)、ミセス・ヘス(マリアン・セルデス)、カレン・プルット(ハヴィランド・モリス)、ジャック・プルット(ケヴィン・キルナー)、スタン・プルット(セス・スミス)、モリー・プルット(スカーレット・ヨハンソン)、スタッキーFBI捜査官(クリストファー・カリー)

ホームアローン3のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①国際犯罪者・ピーターら4人組は香港のバイヤーに頼まれ、シリコンバレーのミサイルのチップを盗む。空港の検査をパスするためおもちゃの車に入れたところ、入れ違いで別のものに。チップを探すため奔走するが、シカゴの14軒のどこにあるか分からない。 ②空き巣に入って探しているところを、みずぼうそうで学校を休むアレックスに見つかった。アレックスはピーターらを撃退した。

【起】- ホームアローン3のあらすじ1

香港のあるアジア系の男性に、ピーター・ボークレーという男性が依頼を受けます。
それは、軍事用ミサイルのデータが入ったチップ(基板、5cm×8cmくらいのもの、マイクロチップとは異なる)を盗んで来いというものでした。成功報酬は1000万ドル(約11億8000万円)です。
ピーターは他の3人組を雇って犯罪チームを組みました。そしてアメリカ、カリフォルニア州シリコン・バレーにある防衛技術研究所に入り、空軍NSB100Cシリーズのチップを手に入れます。
サンフランシスコ空港の検査でひっかからないよう、オモチャの車の中に入れて隠しました。それをオモチャ店の袋に入れて通ります。
ところが世間ではクリスマスシーズンでした。ピーターは気づかなかったのですが、同じ店の袋を持った乗客が山ほどいます。
手荷物を受け取る場所で手違いが起こり、別のおもちゃにすりかわってしまいました。ピーターは急いで他の3人と手分けして、空港内の全部の袋を見て回り、車のおもちゃを持った人物がいないか探します。
しかし、ありませんでした。あとは現在まさしく搭乗手つづきを取っている機内…つまり、シカゴ行きの機内に絞られます。
ピーターは急いでシカゴ行きの飛行機に乗り込みました。
・ピーター・ボープレー…主犯格の男。黒髪の中年男性。
・アリス・リボンズ…黒髪の若い女性。
・アール・アンガー…黒髪の長髪の若い男性。
・バートン・ジャーニガン…黒髪に碧眼の若い男性。
シカゴでおりて乗客の手荷物をじっくり観察していると、すぐには気づかなかったのですが、老婦人のカバンの中に店の袋がありました。ストールがその上にかかっていたため、気づきにくかったのです。
ピーターたちは急いでその老婦人・ヘスを追いましたが、ヘスはタクシーに乗り込みました。ジャーニガンがタクシーの写真を撮影し、タクシー番号を控えます。
夜、営業所に戻ってきた運転手に老婦人を送った場所を聞いて、「デボン・パークのワシントン通りにあるデカい古い家」「チューダー様式」「クリスマスの飾りつけをしていた」「その家だけ、雪かきをしていない」という手がかりを得ました。
早速ピーターらは移動します…。

ところがその家は昼間のうちに、近所の8歳の少年アレックス・プルイットによって雪かきがなされていました。アレックスはヘスに頼まれていたのです。
アレックスは必死で雪かきをしたのですが、ヘスは約束より遅いと文句をつけました。バイト料ももらえずじまいです。 この映画を無料で観る

【承】- ホームアローン3のあらすじ2

その代わりに、ヘス夫人が「サンフランシスコで買ったパンの代わりに間違って入っていた、車のおもちゃ」をもらいました。アレックスは喜びます。
そこへピーター4人組が到着しました。雪かきをしてしまった今となっては、デボン・パークのワシントン通りのチューダー様式の、クリスマスの飾り付けをした家は「全部該当する」ことになってしまいました。14軒あります。
ピーターはやむをえず、翌日の昼間から1軒ずつしらみつぶしに当たってみようと考えました。昼間の留守中に、空き巣をして車のおもちゃを探すのです。

アレックスは昼間から身体がかゆかったのですが、その夜から水ぼうそうにかかっていることが判明しました。治るまで、家でおとなしくしていないとなりません。
ところが父・ジャックも母・カレンも会社を休めません。兄・スタンと姉・モリーも学校を休むわけにはいきません。
アレックスはひとりで留守番することになりました。
アレックスは発明が趣味の男の子で、動物も好きです。遠くまで電波が飛ぶようにしたリモコンを作ったり、白いハツカネズミのドリスや金魚のスティービーを飼ったりしています。
昼間することがないアレックスは、通りを双眼鏡で見ていておかしなことに気づきました。通行人の女性・アリスは近所のジョニーの犬を散歩させ、ずっと行ったり来たりしていて、もう1人の男性・アンガーも行ったり来たりしています。
向かいの家にピーターが侵入しているのを見たアレックスは、警察に電話しました。パトカーが出動し、ピーターらは一足先に逃げていきます。
防犯ベルは、ピーターの手下・ジャーニガンが電気工事の振りをしてロック解除していたので、鳴りませんでした。盗まれたものがないので、アレックスはいたずら電話をしたと疑われます。
翌日、今度は別の家にその男が侵入しているのを見たアレックスは、再び警察に電話をしましたが、同じ状態でした。いたずら電話と決めつけられたアレックスは憮然としますが、証明するものがないので困ります。
同じ頃、ピーターらも困っていました。14軒を1軒ずつ見て回るのは大変な上に、毎回パトカーが来て邪魔されます。
可能であるならば、通報している奴が誰か突き止めたいと思います。
向かいのヘス夫人宅に侵入した時、ようやく店の紙袋を見つけたピーターですが、肝心のおもちゃがありません。そこへまたパトカーが現れ、ピーターは天井に貼りついて隠れます。

【転】- ホームアローン3のあらすじ3

証拠となるものを作ればいいのだと考えたアレックスは、ヘス夫人にもらったラジコンカーにビデオカメラを装着し、犯行現場を録画してやろうと考えました。
そしてピーターたちが家に入った順番を見て、次はアルコット宅に侵入するだろうと目星をつけます。
翌日、アルコット宅にラジコンカーを走らせたアレックスは、想像どおり犯行現場を押さえました。ところが途中、ピーターに車を見つけられ、録画テープを抜き取られます。
ピーターは最初、ビデオカメラの方に気を取られました。そのせいで、ラジコンカーがチップを入れたあの車だと気づくのが遅れます。
その間にアレックスは急いでラジコンカーを引き返しました。
ラジコンカーは取り戻しましたが、どこの家かはピーターたちにバレてしまいます。
証拠のビデオテープを取り出そうとしたアレックスは、テープが抜き取られていることに気づきました。
証拠のテープがないのに、なぜ執拗にラジコンカーを狙ったのか疑問に思ったアレックスは、車を開けて中のチップを見つけます。
そこには「AXUS(空軍防衛)」と書かれていました。空軍防衛事務所に電話をかけて事情を説明しますが、電話をかけた先は新人募集窓口でした。
しかしこの連絡がスタッキーFBI捜査官の耳に入ります。
スタッキー捜査官はピーターたちを長年追跡していました。しかし決定的証拠がないために、今まで逮捕に至りません。
チップ紛失の知らせも受けていたスタッキー捜査官は、やっとピーターのしっぽを掴むチャンスだと思い、シカゴへ急ぎました。

ラジコンカーを狙って4人の泥棒グループがやってくると思ったアレックスは、幾度となくいたずら電話だと思われていたので警察を信じず、父は出張中で母にも信じてもらえないので、自分ひとりで返り討ちに遭わせようと決意します。
そしてひそかにひとりで準備を開始しました。

翌日。犬を連れたアリスがアレックス宅を訪問しますが、犬笛を吹いてアリスの周りを回らせた後に走らせ、アレックスはアリスの足をリードで縛って転倒させます。
アリスはズボンのお尻部分が破れました。アレックスは犬を解放します。
吹雪がシカゴを襲います。気になった母・カレンはヘスに電話をし、見に行ってもらうように言いました。ヘス夫人はアリスに拉致され、手足と口にガムテープを貼られてガレージに拘束されます。ガレージを少し開けているので、寒さでヘス夫人は弱ります。
アンガーとジャーニガンを感電させたアレックスは、さらに爆竹花火で攻撃しました。

【結】- ホームアローン3のあらすじ4

ピーターがアンガーのところに来てテグスに気づき、罠だと思って切断しますが、切断する方が罠でした。上から本が入った箱が落ちてきます。
ジャーニガンは釣りの金具が肩にひっかかり、取ると水が上から降ってきました。冷たい思いをします。
ピーターとアンガー組は、やっと立ち上がったところで今度はバーベルが落ちてきました。
別れて別々の入り口から入ろうと作戦を立てます。
アンガーが窓を開けるとしっくいのパチンコが当たり、べとべとになります。しかも両足がくっついてしまいました。
ピーターはスプレーを浴びて目の周りだけ黒くなり、爆竹攻撃を受けます。
アリスは塀を越えると泥沼にはまり、さらにもう1回泥沼に落ちます。
ジャーニガンは開いた窓を見つけて入ろうとして、芝刈り機に頭頂部を刈られました。そこだけ髪の毛が短くなります。
その間、母・カレンのところにFBIのスタッキー捜査官から連絡が入り、アレックスがトップシークレット並みの物を手に入れてしまい、悪党4人組に狙われていると知ります。
母・カレンは急いでスタンとモリーを学校へ迎えに行き、FBIと共に家に急行しました。

4人が合流した頃に、カレンからの電話が入り、留守電にメッセージが吹き込まれます。
ピーターらはFBIが向かっていることを知り、逃げようとしました。
その時、アレックスが見つかります。
アリスはアレックスを追って小さなエレベーターに入ろうとしましたが、エレベーターの床が抜けていてお尻から1階に着地します(かなり痛そう)。
アンガーはシャワー室でオウムと遭遇し、ジャーニガンはハツカネズミのドリスに股間をかじられた後、2人はぶつかりました。
アレックスは通りに出て、FBIにチップがあることを言います。
アンガー、ジャーニガンはトランポリンを見つけて、ジャンプできると思って着地しますが、それはトランポリンに見せかけたプールでした。寒さで凍っており、その場から動けなくなります。
アレックスはその後、ヘス夫人を見つけて拘束を解き、助けます。
ピーターはアレックスの背後に近づきましたが、にせものの銃にすりかえられていました。
FBIの到着でピーターは小さな倉庫に隠れますが、オウムがやってきてマッチを擦り、ロケット花火を打ち上げられて居場所がばれます。
4人組は逮捕され、アレックスは6桁の賞金(1000万円単位の賞金)を手に入れました。いたずら電話の濡れ衣も晴れて、家族からねぎらわれます。
逮捕された4人組は、もれなくアレックスからみずぼうそうを伝染されました。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

『ホーム・アローン』シリーズ、安定のシリーズ第3作。
但し少しマンネリ気味でもある。
申し訳ないが、マコーレー・カルキンのシリーズを上回ることはできないな…と思う。
決して悪くはない。どちらかというといい方なのだが、前作品と較べるとどうしても二番煎じの感が否めない。
加えて悪役がいまひとつ。ピーターは私、ずっと草刈正雄に似てるなあ…と思いながら見てました(笑)。

映画の感想を投稿する

映画「ホームアローン3」の商品はこちら