「マザーズデイ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

マザーズ・デイの紹介:2016年公開のアメリカ映画。それぞれ複雑な事情を抱えた人々が、母の日を迎える様を描いている。名匠ゲイリー・マーシャル監督の遺作となった作品で、家族と愛の絆をテーマに贈る傑作。ジュリア・ロバーツ、ジェニファー・アニストンなど豪華キャストが出演。

予告動画

マザーズデイの主な出演者

サンディ(ジェニファー・アニストン)、ジェシー(ケイト・ハドソン)、ミランダ(ジュリア・ロバーツ)、ブラッドリー(ジェイソン・サダイキス)、クリステン(ブリット・ロバートソン)、ヘンリー(ティモシー・オリファント)、ランス(ヘクター・エリゾンド)、ザック(ジャック・ホワイトホール)、ダナ(ジェニファー・ガーナー)、ティナ(シェイ・ミッチェル)、フローレンス(マーゴ・マーティンデイル)

マザーズデイのネタバレあらすじ

【起】- マザーズデイのあらすじ1

母の日は母親として最高の日ですが、それ以外の日はどうでしょうか。二人の息子をもつサンディが家にいると、元夫のヘンリーが裏口から入ってきます。
何やら大事な話しがあるとのことです。サンディは友人のジェシーに、ヘンリーが変な目で見てきたと相談します。
サンディとヘンリーは円満離婚したこともあり、ジェシーは復縁の話しなのではと電話で伝えます。
ヘンリーが切り出した話しは、再婚の報告でした。大昔に別れた若いティナが相手だと言うのです。サンディは取り乱してしまいます。
親権が半分ことなり、サンディは息子たちをヘンリーの家に預けに行きます。足を出したセクシーな格好のティナに、サンディはヘンリーに文句を言います。
ヘンリーは母の日に、子供たちを半日預からせてと言ってきます。サンディは反対します。
公園でサンディは、ジェシーとクリステンに会います。結婚が不安なクリステンに、アドバイスするサンディでした。
サンディはスーパーマーケットで、娘のタンポンを買っているブラッドリーに声をかけます。その後サンディはヘンリーからの電話で、パリに子供たちを連れて行くから、パスポートはあるか聞かれます。
13年も一緒にいて、一度もパリなんか行ってないサンディは、車の中で叫び続けます。ブラッドリーは一人で叫んでるサンディの姿を見ます。
サンディはインテリアデザイナーで、テレビショッピングで有名なミランダの面接に行きます。しかし、遅刻してしまって、夫のことや息子のことを話しまくるサンディでした。
面接に諦めて、持ってきた模型を捨てたサンディに、ミランダは話しがしたいと代理人に頼みます。そしてサンディを雇うことを決めるミランダでした。
ミランダは、作文のコンテストの受賞者がもらえる金のバングルをプレゼントします。サンディは喜びます。
サンディがジムにやってくると、そこはブラッドリーが働いている場所でした。ヨガのスタジオに行くサンディに見つかるまいと隠れるブラッドリーでした。
子供パーティーが開かれて、サンディはヘンリーの元に、子供たちを送らないでいました。ヘンリーが怒ってやってきます。
ヘンリーは子供たちに準備するように伝えます。しかし、言うことを聞かないので、捕まえに行くとプールが萎んでしまいます。
サンディが眠っていると、子供たちがパンケーキとプレゼントを持ってきてくれます。サンディはポテトマンをもらいます。
サンディの息子のマイキーは喘息を患っていました。予備の吸引器が見つからず、一人で面倒を見ていたティナはパニックに陥ります。
電話がかかってきて、サンディがアドバイスすると、ヘンリーが外から帰ってきます。マイキーを救急に連れていくことにします。サンディも向かいます。
マイキーは通常の状態に戻り、サンディはキャンディを買いに行きます。自販機で買っていると、商品が落ちてきません。
手を伸ばして取ろうとしていると、足が変な方向に曲がったブラッドリーが娘たちとやってきます。
一度は去ろうとしたブラッドリーでしたが、サンディに声をかけられます。サンディはバングルが引っかかって、手が抜けなくなっていました。
ブラッドリーが手を貸してあげて、サンディは無事に手が抜けます。キャンディも取れて、無事に事なきを得ます。
サンディは自分がバツイチであることを説明すると、ブラッドリーは妻は亡くなったのだと説明します。
サンディとブラッドリーがいる姿を見て、ヘンリーはニヤニヤします。サンディはいつか驚かせてやると言います。

【承】- マザーズデイのあらすじ2

ジェシーは両親に内緒で、インド人のコーリと結婚し、子供二人を授かっていました。コーリには、両親がアリゾナの認知症の介護施設にいると嘘をついていました。
ジェシーの姉・ギャビーは同性愛者で、マックスをパートナーとし、子供も授かっていました。もちろん両親に内緒です。
ジェシーらの両親は、トレーラー生活を送っていて、ジェシーは逃げ出そうと必死だったのです。
マックスは母の日のパレードに備えて、子宮をイメージしたピンクの車を作っていました。へその緒もイメージしています。
ある日、まさかのサプライズで両親が家にやってきます。全てのことがバレてしまい、嘘をつかれたコーリは出ていこうとします。
両親は出ていこうとしますが、車がパンクしていて、エンジンの部品が盗まれ、すぐに出発できませんでした。パンクは偶然で、エンジンの部品はギャビーの子供がいじったのです。
コーリの母とジェシーの母は、偶然ビデオチャットで話すことになります。お互いに黙っていられたことを話して、どこか気が合います。孫の可愛さが両者を癒やしていきます。
ジェシーとギャビーは、トレーラーの中で両親と話しをすることにします。子供を連れて出ていくと脅して、コーリもトレーラーに呼びます。
両親はジェシーとコーリに仲直りのキスをするように言います。コーリは嘘をつかれたことに、まだ怒っていました。
ジェシーの父が運転をし始めて、ブレーキが効かないのだと言います。しかし、衝突する寸前に、車は停止します。
死の恐怖で家族を一つにするために芝居をうったのです。ジェシーとコーリは仲直りをしてキスをします。
サプライズで、コーリの母がラスベガスからやってきます。しばらくいるつもりだと話します。

【転】- マザーズデイのあらすじ3

ザックはショーティーの酒場で働いていて、恋人のクリステンにお笑いコンテストに出たいと申し出ます。
クリステンには赤ん坊のケイティがいました。ザックはクリステンと付き合って5年になります。結婚を申し込みましたが、断られていました。
もう一度申し込みますが、クリステンは分からないと答えます。
クリステンはザックのことを愛していますが、結婚することが怖いと思っていました。彼女は自分が何者か分からないのです。
養女であり、産みの母に会ったことがありませんでした。住所は知っていましたが、勇気がでないのです。
クリステンは勇気を振り絞って、ミランダのサイン会に行きます。代理人からは、名乗りでたのは君で4人目だと言われてしまいます。
証明書をクリステンが出しても、偽造だと言われます。金を払わないとまで言われて、クリステンは何も望まないことを母に伝えてと言います。
ザックがいくら連絡しても、クリステンは電話に出ませんでした。そのままお笑いコンテストに出ることになります。
ふくよかな男性のお客にケイティを頼むことにします。そのお客に渡すと、ケイティは泣き止みます。柔らかい胸が気に入っただと冗談が飛び交います。
最後に、ザックは母親は凄いと語ります。全身で子供のことを分かっているからだと話し、大きな拍手が送られます。
お客は赤ちゃんが可愛くて、知り合ったばかりの女性に、赤ちゃんを作ろうかなどと冗談を言います。
ケイティが戻ってきて、その様子を見ていました。母に会いに行っていたことをザックに説明します。
コンテストの結果は、満場一致でケイティが優勝となります。付添いとして、ザックがケイティを抱いて舞台に向かいます。
ミランダはクリステンと会うことにします。16歳の時に恋をし、妊娠が分かった途端、彼は引っ越していきました。
選択することは許されず、両親に義父母を見つけられました。条件として、ミランダは写真を送ってもらうことにしました。そうすれば子供の無事が分かるからです。ミランダは両親を、クリステンは義父母を亡くし、家族は二人だけとなっていました。
クリステンはミランダの番組に出してもらい、ザックにプロポーズをします。母の前で言いたかったのです。その番組は録画で、ザックは現れたクリステンに結婚を承諾してキスをします。
二人の結婚式がショーティーの店で開かれることになります。ミランダも来てくれて、ケイティを抱いていてくれます。ミランダの代理人が神父をしてくれて、ザックとクリステンは祝福されます。

【結】- マザーズデイのあらすじ4

ブラッドリーは妻・ダナと共に海兵隊に所属していました。彼女が亡くなって1年が経とうとしていました。
ブラッドリーには二人の娘、レイチェルとヴィッキーがいます。現在はジムで働きながら、娘たちのサッカーの指導者もしています。
しかし、ダナのビデオを何度見たりと、彼女を忘れることができないでいました。
ジムの女性から、良い人を紹介されます。セクシーなママで、刺激が強すぎました。
ある日、ブラッドリーはレイチェルからタンポンがいると言われます。スーパーに買いに行くと、2児の母のサンディが声をかけてきます。
彼女は車の中で一人叫んでいたりと、変わった人でした。ジムで彼女を見かけて、隠れるブラッドリーでした。
レイチェルにはトミーというボーイフレンドがいました。見てはいけないと思いつつも、二人がキスをしている姿を見て、平然を装うブラッドリーでした。
ブラッドリーは娘たちのためにも、母の日は祝わないほうが良いと考えていました。
朝目覚めると、娘たちがいません。彼女たちは母の墓地に花をそえて涙を流していました。
ブラッドリーは店で買い占めて、パーティーをすることにします。飲み物係にトミーを雇います。
ヴィッキーにはカラオケ機をプレゼントし、レイチェルには母の車の鍵をプレゼントします。もちろん車もです。
ブラッドリーはカラオケ機でラップを歌います。ノリノリになりすぎて、一階へと転げ落ちていきます。
足が変な方向を向いていて、病院へと行くことになります。そこでサンディと再会するブラッドリーでした。
最後にNG集などが流れ、ミランダ役のジュリア・ロバーツは、撮影中に列車が通ります。あまりに長い列車に、ムダ毛でもそろうかと冗談を言います。
母の日、おめでとう!

みんなの感想

ライターの感想

この映画は場面ごとに区切りながら、母の日を迎える人々の様子をそれぞれ映し出しています。前半に彼らの状況を説明し、そこから後半へかけての盛り上げ方はさすがと言わざるを得ません。
ゲイリー・マーシャル監督の素晴らしい出来の作品に再び出会える映画です。ストーリーの中で個人的にお勧めなのは、ザックとクリステンの話しです。ザックのコンテストでのやり取りや、ミランダとクリステンの母娘の姿に感動の渦が起こります。
もちろん他のストーリーも素晴らしいです。面白おかしくも、心温まる人間模様を描いています。その素晴らしい内容に、何度も見たくなってしまいます。
出演者が豪華過ぎるのも特徴で、彼らの演技力の凄さにも驚かされます。あれほど自然で温かく、そして面白く表現できる出演者の姿に、さすがスターと思います。
最後まで途切れることなく、見続けてしまう作品です。ぜひ一度、この素晴らしい映画を見て欲しいと思います。

映画の感想を投稿する

映画「マザーズデイ」の商品はこちら