「マネーショート華麗なる大逆転」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

マネー・ショート 華麗なる大逆転の紹介:時は2005年、舞台はアメリカ・ウォール街。アメリカの金融界、さらには世界の金融界の中心ともいえるこの場所で働く人々。2008年に起こったリーマンショックの前日談ともいえるこの映画。2016年アカデミー賞5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。

予告動画

マネーショート華麗なる大逆転の主な出演者

クリスチャン・ベール(マイケル・バーリ)、スティーヴ・カレル(マーク・バウム)、ライアン・ゴズリング(ジャレット・ベネット)、ブラッド・ピット(ベン・リカート)

マネーショート華麗なる大逆転のネタバレあらすじ

【起】- マネーショート華麗なる大逆転のあらすじ1

元神経科医という肩書きを持ちながら投資会社を経営するマイケル・バーリ。
目の前に採用試験に来ている男にほとんど何の興味も示さないまま、ハードロックと画面上の数字だけに興味を持っている様子を見ると、少し変わった性格の持ち主に見えるが、投資家たちからの信頼は抜群にあるように見えます。
ヘッジファンドを経営するマーク・バウムは、常に何かにイライラとしています。
最近自分の兄を自殺で亡くしたにもかかわらず、自分や兄の死からは目を背け、仕事に没頭しています。
そうすること許す社会に対して常に怒りながら。
若き銀行家のジャレット・ベネットは、世界金融の中心地ウォール街で活躍しています。
ただあるパーティーで彼は耳寄りな情報を耳にし、彼は銀行家として驚くべき行動に出ることになります。
そのジャレットとは対照的に元銀行家として登場するのが、ベン・リカートです。
彼はウォール街を離れ、静かに暮らしています。
自分で作った野菜を食べ、自分の時間を大切にして。
この一見何も関係のなさそうな4人ですが、ある事実に気がつくことで、それぞれが別々のルートで同じ結果を迎えることになります。

【承】- マネーショート華麗なる大逆転のあらすじ2

ハードロックを聴きながら画面上の数字を一心不乱に見つめるマイケル。
ある日彼はあることに気がつきます。
当時バカ売れしていたCDOと呼ばれる金融商品(証券)の中に、サブプライムローンが含まれていることに。
さらにこのサブプライムローンが不良債権化すれば、これが含まれる金融商品であるCDOを持っている投資家たちにも被害が及ぶであろうことに。
そこでマイケルが取った行動は、この危ないCDOに警鐘をならし、アメリカの経済を未曾有の危機から救うことではなく、当時バカ売れしていたサブプライムローン市場が破綻した際の保険(CDS)の話を銀行に持ち込み、自分はその保険料を銀行に払うということでした。
まさかサププライムローン市場が破綻するとは思っていない銀行は、マイケルをあざ笑いながら、この保険をマイケルに売ります。
そのマイケルの動向に気がついたのが、銀行家のジャレット・ベネットでした。
彼はこのCDSの話をマーク・バウムが経営するヘッジ・ファンドに持ち込みます。
にわかには信じらない話に驚くマークですが、同僚と一緒にサブプライムローンについて調べ始めます。
時を同じくして、サブプライムローンに起因する住宅バブルの崩壊に気がついた2人の若者が、元銀行家のベン・リカートに連絡を取ります。

【転】- マネーショート華麗なる大逆転のあらすじ3

同僚たちと一緒にサブプライムローンの調査に向かったマークは、実際の状況に愕然とします。
銀行家たちは、何の審査をすることもなく、到底返済などできないであろう低所得者層に向けてサブプライムローンを複数組ませていたのです。
初めは住宅ローンの崩壊など信じられなかったマークですが、次第にその信憑性を信じるようになり、最後にはCDSの購入に踏み切ります。
ただその時のマークの心境は、お金儲けができることを喜ぶというよりは、こんな大規模の詐欺を許している銀行・証券会社・格付け機関・政府に対して怒っているというものでした。
その頃、若い2人の投資家を手助けするべくベンは、彼らとともにラスベガスへ。
そこでCDSの購入にこぎつけた彼らは大喜び。
だがその2人を叱りつけるようにベンは言います。
「分かっているのか!お前たちが儲けるということは、住む場所やこれからの将来を無くす人が大勢出るということだ。そのことがお前たちにはわかっているのか!」と。
ここに来て映画ではあることが明らかに観客に伝わります、マイケル、マーク、ジャレットそしてベンがそれぞれに行っていたことは、この国・アメリカの経済が破綻することに賭けることだったのです。

【結】- マネーショート華麗なる大逆転のあらすじ4

マイケル、マーク、ジャレットそしてベンたちがそれぞれに予想した通りの結果が起こり、彼らは巨額の富を手にします。
だが彼らの表情には勝利の喜びも、大金を手にした満足感も、将来への期待感も感じられません。
彼らには分かっていたのです。
彼らはリーマンショックで損をするどころか、大金を手に入れることができました、それはすなわちこのアメリカという国の経済が破綻したことを意味します。
そしてそのツケを払わされるのは、この巨大な詐欺を企んできた銀行や証券会社、そしてそれを見過ごしてきた政府ではなく、真面目に生活し税金を納め、知識がないばかりに銀行や証券会社にまんまと騙されることになった一般の市民たちです。
爽快な後味の映画とは残念ながら言えません。
最後にこの映画は次のような言葉で締めくくられます:「リーマンショックで負債を支払いきれなくなった銀行は、税金を使って救済されました。リーマンショックを生み出す原因となったサブプライムローンを作り、売り出した人々は誰一人として実際の罪には問われなかったのです。そして今、銀行や証券会社たちは再び、サププライムローンに類似する商品を売り出そうとしています。」

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「マネーショート華麗なる大逆転」の商品はこちら