「ライフイズデッド」のネタバレあらすじ結末

ライフ・イズ・デッドの紹介:2012年制作の日本映画。徐々にゾンビ化するウィルスに侵された青年の葛藤や、恋愛、家族との絆を描いた作品。古泉智浩のコミックが原作。日本の風景と共に出現するゾンビが笑いを誘うホラー・コメディ。

この映画を無料で観る

予告動画

ライフイズデッドの主な出演者

赤星逝男(荒井敦史)、赤星消子(ヒガリノ)、面井厚紫(川村亮介)、矢白祐樹(阿久津愼太郎)、蒼木茜(しほの涼)、誤藤治黄(永岡卓也)、桜井碧(中島愛里)

ライフイズデッドのネタバレあらすじ

【起】- ライフイズデッドのあらすじ1

兄・赤星逝男と妹・消子がウォーキングしていると、近所の荒木さんがゾンビ化して歩いてきます。奥さんが家に連れて帰ろうと奮闘しているので、消子が手伝いに行きます。
荒木さんは自我が崩壊していて、自分の妻を吹き飛ばします。消子が襲われ始め、逝男が名前を呼んで暴走を止めようとします。
荒木社長、荒木部長、荒木課長、と順に呼んでいると、係長で「はい?」と反応します。警察がやってきて、ボムガンで荒木さんの首から上を吹き飛ばします。飛び散る血を消子は浴び続けます。
2年前から、世界規模でアンデットウィルス(UDV)が蔓延し始めました。日本の感染者は200万人にも及びます。
逝男は現在レベル2と呼ばれる危険度のUDV患者です。政府はUDV患者の首に巻くセーフティバンドと、登録証を義務付けます。彼らから身を守る術として、ボムガンを開発しました。
UDVは噛まれたり、輸血、性行為で感染します。症状は5つのレベルに分けられます。レベル1~3は体に緑の湿疹が出て、腐臭がしてきます。そして運動機能が徐々に低下していきます。
レベル4になると、発作が出て意識が無くなります。暴力的になり、一定の行動を繰り返すようになります。レベル5では心肺停止状態になり、アンデット状態として動き続けます。治療法が見つかってないことから、首を切り落とすしかなくなります。
誤藤医師と看護師の桜井が、逝男の検診にやってきます。レベル3の初期状態になったと告げられ、両親はボムガンの携帯を義務付けられます。
ボムガンは正式には銃とは違い、時限炸裂弾と呼ばれるものです。花火と同じようなものです。ガンとした見た目から、ガンと思ってしまうのも無理ありません。
申請書の紙を渡された逝男の両親に、医師は決まりごとですからと説明します。消化器と一緒で万が一の時のためだと納得させます。
夜になると、逝男がUDVであることから、冷やかしを言ってくる人がいます。父はそんな奴に向かって、無神経に言ってくるお前こそゾンビだと言ってやります。
逝男には元恋人の茜がいました。彼女としか性行為をしてないことから、逝男は検査に行くように勧めます。性行為の後、お金だけもらって彼女は帰っていきます。 この映画を無料で観る

【承】- ライフイズデッドのあらすじ2

桜井に想いを寄せる逝男は、バンドをしていたことを聞かれて、ギターの練習を始めます。指が上手く動かなくなっていて諦めかけます。消子がドントギブアップだよと、応援してくれます。
申請していたボムガンが来て、逝男の父・浩止は鏡の前で格好良くポーズを決めます。逝男がつい見てしまって、何も言わずに去ります。
ボムガンを申請したこともあり、今月の請求額が高額で逝男の両親は頭を抱えます。スーパーでアルバイトをしている消子は、シフトを増やして頑張ると言います。
消子は美少女キャラバンに応募して、賞金100万円を狙います。しかし、スーパーの店長から、UDVが家族にいることを追求されます。そのことで客からクレームが来て、消子は解雇を言い渡されます。
退職金として3万円渡すからと言われ、消子は倍出すように交渉します。店長は自分の財布から追加して、5万6千円を渡します。
消子に想いを寄せる同級生の矢白は、隠れて彼女の様子を見ていました。助けたい気持ちに我慢できなくなり、お金を彼女に渡します。
茜は、自分の腕に緑の湿疹が出ていることに気づきます。化粧で隠して、彼氏と思われるヒデアキの家に行きます。ヒデアキからザリガニの臭いがすると言われます。
逝男は法律で決まっていることから、首にセーフティバンドを取り付けられます。あるUDVの女性がお風呂に入っていると、バンドが誤作動を起こして頭が吹き飛びます。「なんでーーー」と叫ぶ言葉が、彼女の最期の言葉となります。
消子のお尻を悪ガキが触ってきます。逝男の親友の厚紫が追い払います。厚紫は消子に想いを寄せていて、逝男に彼女が好きな人がいるのか聞きます。
逝男は少し前に告白されて、好きな人がいるから断ったと言ってたのを話します。自分のことかもと思った厚紫は、逝男のことをお兄ちゃんと呼び始めます。
悪ガキは野良ゾンビを発見して面白がります。野良ゾンビはファックしていて、記念撮影しておっぱいを触ってやります。しかし隙を疲れて、服の上から噛まれてしまいます。
矢白はお金を渡すために、消子の家まで押し入ってきます。逝男が気付いて、中に入りなよと案内します。
気持ちをぶつけてくる矢白は、消子の頭を撫でてあげます。消子は逝男に撫でてもらっている時のことを思い出します。笑顔になってしまいますが、いかんいかんと矢白は帰ることになります。

【転】- ライフイズデッドのあらすじ3

気分転換にと、厚紫が逝男と消子を湖に連れていきます。ゾンビが現れて、厚紫がキックしてボコボコにします。
逝男はもういいよと止めに入ります。厚紫は、ゾンビが持っていたエッチなDVDに見覚えがあります。そのDVDは、消子のために生まれ変わろうと厚紫が捨てたものでした。DVDを湖に投げ入れると、ゾンビは拾いに行って沈んでいきます。
茜は、ヒデアキの首にバンドがついていることに気づきます。彼は喧嘩で噛まれていたのが原因だと語ります。茜にも病院に行くことを勧めます。
桜井と誤藤は付き合っていて、後輩から借りた逝男のバンドのCDを聞きます。変なのと笑い、こんなに激しい曲を弾いてると病気が悪化すると誤藤は言います。
セーフティバンドは見直され、逝男は取ることが出来ます。しかし桜井からCDを聞いたと言われ、自分の黒歴史を知られたと、ベッドの中でモゾモゾします。
そんな逝男の元に、厚紫が面白いものがあると一枚のエッチなDVDを持ってきます。なんと茜が出ていたのです。
見た衝撃から、逝男はゾンビ化してしまいます。厚紫は消子に相談し、部屋に閉じ込めることにします。
逝男の両親が帰宅し、全員で逝男の部屋に乗り込みます。眠っている逝男に、浩止が心臓が動いているか確かめます。
するとゾンビ化はまだしていなくて、全員で逝男をベッドの上に乗せます。気がついた逝男は、眠いからと再び眠りにつきます。誤藤が診察すると、逝男のレベルが4まで進行していることが分かります。
茜は、ゾンビになったヒデアキに薬と食事を与えます。拘束しているので大丈夫ですが、茜の財布は大丈夫ではありませんでした。
目を覚ました逝男は、厚紫にゾンビになったか聞きます。謝る逝男に、厚紫はやり残したことはないのかと問います。
好きな桜井のために曲を書き、想いを伝えたいと答えます。厚紫が撮影をし、逝男がギターを持って愛していることを伝えます。
動かすのも辛い指で弾いたため、逝男の指は血だらけでした。厚紫が撮影した動画を添付し、桜井にメールを送ります。

【結】- ライフイズデッドのあらすじ4

ゾンビに噛まれた悪ガキが、廃墟で消子に襲いかかります。童貞のまま死にたくない彼は、消子の家族にゾンビがいることを理由に平気だと考えたのです。
矢白が助けに来て、消子は家に逃げ帰ります。矢白は悪ガキに噛まれて病院に行きますが、感染してないと医師から告げられます。感染したかったため、残念に思います。
茜は逝男から、もうじき死ぬことを知らされます。逝男はいつものように彼女にお金を渡し、喧嘩しあうのが割と楽しかったことを告げます。
消子は服を着たままシャワーを浴び、汚れを落とします。逝男のシャツを着て部屋に戻ります。
その頃、厚紫は消子のベッドで、好きだ~と叫びながら興奮していました。布団をもとに戻して、クローゼットの中に隠れます。
消子がベッドの上に寝そべり、兄のギターの音を聞いています。何気なくクローゼットを開けると、中には厚紫がいました。
驚いた声を聞いて、逝男がやってきます。厚紫は土下座をし、湖の件に免じて許して欲しいと頼みます。
声を震わせながら許すと消子は言い、逝男はよく言っとくからと厚紫を家に帰らせます。茜は家に帰り、ごめんねと告げてヒデアキに内臓を食われます。
美少女キャラバンの結果が届き、消子は徐に封を切ります。少しずつ開いていくと、落選の文字がありました。
逝男のメールの受信箱に、桜井からの返信が届きます。恋愛対象として、そもそも考えられないと書いてありました。
消子は落選したことに苛立ちを隠せず、逝男の部屋に飛び込んできます。そして逝男のギターをベランダから放り投げます。
お兄ちゃんなんて大嫌いと叫ぶ消子は、逝男に抱きつきます。そのまま倒れると、逝男の心臓が動いてないことに気づきます。
浩止の叫び声があがり、完全にゾンビとなった逝男が1階にゆっくりと降りてきます。ボムガンで撃とうとしますが、愛する我が息子を母は撃てませんでした。
かかってこいと浩止が取っ組み合いを仕掛けます。しかし、逝男の力は強く、外に出させてしまいます。
ただ、よく見ると逝男は、外に投げ出されたギターを弾きにいくのが目的でした。静かな夜、庭でギターを弾くゾンビ化した逝男の姿が映し出されます。
赤星家の3人は、全員でボムガンを持ち、引き金をひきます。首から上が吹き飛んだ逝男の血が、彼らに降り注がれます。
それから1年の月日が経ち、病院内でUDV患者に向けて、消子がストレス発散ライブを開きます。母の手には、逝男の遺影がありました。
消子は語ります。1年前に兄を亡くしたこと、そしてこれから歌う曲は兄を想って作った曲ですと。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、肩の力を抜いて視聴できる緩さが特徴的です。首から上が吹き飛んだり、血が吹き出たり、内臓が出たりとグロテスクな描写はありますが、家族の絆や恋愛も同時に描いていて、まったり視聴できます。まったりしたホラー映画が見たい時にお勧めです。
兄のことを想う妹の姿、家族みんなで逝男を支える姿に心温まる作品でもあります。厚紫のお気楽な感じも癒やしを与えてくれます。
また、矢白の消子を想う気持ちに若いっていいなって思いました。
今作では、若手俳優やアイドルが出演していて、ファンの方は彼らを見るだけでも楽しめます。ファンでない方も、イケメンや可愛いアイドルに、この子誰だろって気になること間違いなしです。
最後まで見終わって、お風呂場で叫びながら、誤作動で頭が吹っ飛んだ女性が面白かったです。

映画の感想を投稿する

映画「ライフイズデッド」の商品はこちら