「ラストキス」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ラストキスの紹介:2006年のラブコメディ映画。現代カップルの実情を様々な角度から絶妙に描いている。脚本は「ミリオンダラー・ベイビー」「クラッシュ」のポール・ハギス。製作総指揮には「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ。出演は「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」のザック・ブラフ、「ジェシー・ジェームズの暗殺」のケイシー・アフレック、テレビドラマ「The O.C.」のレイチェル・ビルソンなど。

この映画を無料で観る

ラストキスの主な出演者

マイケル(ザック・ブラフ)、ジェナ(ジャシンダ・バレット)、クリス(ケイシー・アフレック)、スティーヴン(トム・ウィルキンソン)、キム(レイチェル・ビルソン)、イジー(マイケル・ウェストン)、ケニー(エリック・クリスチャン・オルセン)、アリアナ(マーリー・シェルトン)、リサ(ローレン・リー・スミス)、アナ(ブライス・ダナー)

ラストキスのネタバレあらすじ

【起】- ラストキスのあらすじ1

交際して3年になるマイケルとジェナ。ジェナの妊娠が発覚して彼女の両親とお祝いをします。結婚を考えたりしていると、マイケルは人生が終わってしまうようで不安になります。
マイケルは友人のイジー、クリス、ケニーと独身最後の楽しみとしてストリッパーを呼んで見物します。イジーは突然泣き出して、マイケルと外に出ます。
イジーは恋人のアリアナと別れたばかりで、まだ彼女の事を愛していました。彼女のおかげで人生はめちゃくちゃになり、仕事を辞めて南米に旅に出ようと考えます。
共通の友人の結婚式に招待された4人と恋人達。そこにはアリアナが出席していて、イジーは未練たらたらです。
ケニーは結婚や子供に興味のない女性と盛り上がります。マイケルは学生でフルート奏者のキムと出会います。学校に会いに来てほしいと頼まれます。
ジェナの母、アナは夫のスティーヴンの冷静な態度に腹を立てていました。幸せなジェナを見て嫉妬をしたのです。
クリスは妻のリサと赤ん坊の世話で大変です。怒り散らしてくるリサに我慢の限界にきているクリスでした。 この映画を無料で観る

【承】- ラストキスのあらすじ2

マイケルはジェナから家を購入しようと迫られます。ますます不安になっていくマイケルでした。
ケニーの家にきたクリスは、イジーと旅に同行することを決めます。ケニーは結婚式で知り合った女性と良い関係で満足していました。なので誘いを断ります。しかし、後で両親に会わせられそうになって同行を決意します。
マイケルはキムに会いに行きます。家まで車で送っていき、週末パーティーに一緒に行くことになります。ジェナから電話がかかってきて、赤ちゃんの検診日をうっかり忘れてて急いで向かいます。
アナはずっと秘密にしていた不倫相手に会いに行きます。よりを戻そうと考えていましたが、彼は若い女性と結婚していて落ち込みます。そしてスティーヴンに暴露して家を出て行きます。
クリスは別居することをリサに伝えます。リサはやり直そうと考えてましたが、それを聞いて激怒します。クリスは家から追い出されます。
マイケルはクリスを巻き込んでパーティーに行こうとします。クリスと食事に行ってることにして、マイケルはキムと出かけます。

【転】- ラストキスのあらすじ3

イジーはケニーと旅用のキャンピングカーを購入しに行きます。家から電話がかかってきて、イジーの父が亡くなったことが分かります。
マイケルはキムとパーティーを楽しんで青春を思い出します。盛り上がってキスをしてしまいます。最後まではジェナを裏切れないため、できませんでした。
イジーの父のお通夜にジェナは出席します。みんな集合していました。携帯の電源を切っているマイケルと電話がつながりません。
クリスがお通夜に来てたので、マイケルの事を聞きます。何も知らないとしか言わないクリスに、嘘であることにジェナは気づきます。女といることに感づいたジェナでした。
怒り狂うジェナは家に帰ります。やっとマイケルに電話がつながると、ジェナの怒りの声で驚いたマイケルが車で木にぶつかります。
慌てて帰宅したマイケルは嘘をつき続けます。クリスから電話がきてバレたことが分かります。キスをしたことを言うとジェナはマイケルを追い出します。
マイケルはキムの家に行って最後までしてしまいます。翌朝、出勤しようとするとキムに連絡してと言われます。
アナは家で待ち続けているスティーヴンを見て、翌日家に帰ることにします。少しずつやり直しでいこうと頑張ります。

【結】- ラストキスのあらすじ4

怒り狂い傷心しているジェナは実家に帰ります。アナがアドバイスしますが、ジェナは我を忘れるほどに怒り狂っています。
マイケルはジェナの実家に電話すると、アナが電話にでます。これから行くことを告げます。すると会社にキムがやってきて、オリジナルアルバムをプレゼントしてくれます。
内緒にしていた子供が生まれることを告げて、マイケルはキムに謝罪をしてジェナの元に戻る事を伝えます。
クリスとケニー、イジーは旅に出ていました。しかし、クリスだけは途中で帰ることを決めます。
リサに会いに行くと、疲れたと言う彼女は赤ん坊をクリスに渡します。月曜日に迎えにいくと告げてリサは家の中に戻ります。
マイケルが実家にやってきますが、中に入れてもらえません。アナがジェナと話しをします。とにかく話し合うことが大切だとアドバイスします。
マイケルはジェナに真実を話します。キスだけ?と聞かれて、追い出された後やってしまったことを告げます。ジェナは更に怒り始めて二人の家まで車で帰ります。
ジェナはマイケルを中に入れませんでした。マイケルは何日も待つことします。途中、隣人の人達が飲み物を分けてくれます。
雨に打たれてるマイケルにジェナは、祖母が亡くなった時と同じくらいの喪失感を味わったと説明します。マイケルは、もう一度新しい関係を築こうと必死に頼みます。翌日、ジェナがマイケルを家に入れてエンディングです。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、ジェナとマイケルの喧嘩っぷりです。特にジェナの演技が素晴らしく、本物としか思えません。凄まじい怒りっぷりで大変な事になってしまいます。これだけ感情を強くぶつける表現力には驚きました。
面白いのはクリスがジェナにマイケルの事を追求される場面です。何も知らないと言い続けるのですが、ジェナがどんどんヒートアップしてクリスはどうにもならなくなります。
そしてマイケルとジェナが家で会った時に、クリスがマイケルに電話をかけて「ジェナにバレた」と一言告げた時は面白かったです。
この作品で勉強になったことがあります。それはキムが結婚制度ができた時は、平均寿命が30歳だった時と言う場面があります。だから、華やかな衣装を着るんだとマイケルが話した時は歴史を学んでいるような気分になりました。
また、言い訳にしか聞こえませんでしたが、マイケルが人は過ちから学ぶと言います。中々確信的な事を言うマイケルに感心しました。行動した事は感心できませんでしたが、その後の何日も外で頑張る姿には拍手をあげたいと思います。
最後まで見終わって、テレビドラマや映画などで見たことある人ばかりで演技力が凄かったです。脚本も素晴らしくて最後まで夢中になってしまいました。

映画の感想を投稿する

映画「ラストキス」の商品はこちら