「ロードオブクエストドラゴンとユニコーンの剣」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣の紹介:2011年公開のファンタジー・コメディ映画。さらわれた姫君を救出するために向かった兄弟王子の活躍を描いた作品。監督は「スモーキング・ハイ」のデヴィッド・ゴードン・グリーン。出演は「マーシャル博士の恐竜ランド」のダニー・マクブライド、「127時間」のジェームズ・フランコ、そして「ブラック・スワン」のオスカー女優ことナタリー・ポートマンなど。

予告動画

ロードオブクエストドラゴンとユニコーンの剣の主な出演者

サディアス(ダニー・マクブライド)、ファビアス(ジェームズ・フランコ)、イザベル(ナタリー・ポートマン)、ベラドンナ(ズーイー・デシャネル)、コートニー(ラスマス・ハーディカー)、ジュリー(トビー・ジョーンズ)、リザー(ジャスティン・セロー)、タリアス王(チャールズ・ダンス)、ボレモント(ダミアン・ルイス)

ロードオブクエストドラゴンとユニコーンの剣のネタバレあらすじ

【起】- ロードオブクエストドラゴンとユニコーンの剣のあらすじ1

その昔、悪い魔術師は、姫君を使ってドラゴンを生み出そうとしていました。しかし、黄金騎士団によって失敗に終わります。姫君は100年後にも同じように救世主が現れることを祈ります。
それから100年が経って、ドワーフ王の元に仕事にきたサディアスは、女性に手を出して処刑されそうになります。
ドワーフ用の処刑台のサイズで死なずに済んで、自分の国に逃げるように帰ります。王である父から、簡単な仕事さえできないのかと怒られます。
そこに帰ってきたのは、次期国王とされている皆の英雄こと、サディアスの兄のファビアスです。サディアスは、自分にないものを持っているファビアスを妬んでいました。
ファビアスは、悪い魔術師のリザーから、囚われの身となっていた姫君、ベラドンナを助け出してきていました。彼女と結婚する事を報告して、盛大な結婚式が開かれることになります。
面白くないサディアスはいじけています。そこにファビアスがやってきて、最も偉大な結婚の付添い人をして欲しいと頼んできます。気をよくしたサディアスは引き受けることにします。
しかし、ファビアスの部下で騎士団のボレモントは悔しがります。自分こそが一番の付添い人だと、サディアスの悪口を言います。
結婚式が始まる事になりますが、ボレモントの悪口を聞いたサディアスは出席せずに外で遊ぶことにします。

【承】- ロードオブクエストドラゴンとユニコーンの剣のあらすじ2

仕方ないので、ボレモントが付添い人になって結婚式が開かれることになります。そこにリザーが現れて、ベラドンナをさらっていきます。
リザーは、ドラゴンを生み出すために処女のベラドンナが必要だったのです。
遊び疲れて帰ってきたサディアスは、ファビアスと騎士団と共に、ベラドンナ救出の旅に行くように父から命令されます。
まじかよと思いながらも、サディアスは呑気に馬車に乗って、召使いのコートニーとついていくことにします。
賢い魔術師の家に到着して、サディアスとファビアスは会いに行きます。彼から、リザーを倒すことができる唯一のユニコーンの剣の所在を示すコンパスを授けられます。
今夜は、野営することになります。準備をしていると、同行していたジュリーがリザーと内通しているのをコートニーは見てしまいます。
ファビアスとサディアスに知らせると、ジュリーが本性を現します。更にボレモント達騎士団もリザーに寝返っていました。ボレモントは自分を一番の付添い人にしなかった事を恨んでいたのです。
馬に乗って、ファビアスとサディアス、コートニーは逃げる事に成功します。しかし、白い民の女性達が近づいてきて、3人は捕まってしまいます。
マーティーティーが仕切っているコロシアムへと3人は連れてこられます。最強の戦士と戦いをさせられることになります。

【転】- ロードオブクエストドラゴンとユニコーンの剣のあらすじ3

ファビアスが戦士を倒します。しかし、マーティーティーが壺を使って、自らの手を蛇へと具現化して襲ってきます。
その大きさは巨大で、ファビアスでも手に負えません。そこに参加させられていた黄金騎士団の唯一の生き残りのイザベルが戦いに参加します。
彼女の舞い踊る剣捌きによって、マーティーティーは指を失います。そして、イザベルの槍で腹を刺されて、マーティーティーは死亡します。
4人は現場から脱出することに成功します。ファビアスは、イザベルと同じ方向だからと街まで一緒に行こうと誘います。
サディアスはイザベルの美しさに惚れてしまいます。ファビアスに協力してもらって、夜に二人きりにしてもらいます。
そこでついついサディアスは、コンパスの事や旅の目的を喋ってしまいます。翌朝、イザベルはコンパスを持って逃げてしまいます。
実は、彼女はリザーの3人の母に一族を殺されたのです。その敵討ちの旅の途中だったのです。
ファビアスは、サディアスの軽率ぶりに激怒します。兄弟喧嘩となって次の街に到着すると、ファビアスは一人で行くと告げます。
サディアスとコートニーは、街の酒場でイザベルを発見します。ボコボコにやられてしまいますが、コンパスだけ盗み返すことに成功します。
ファビアスに渡しに行こうとすると、ボレモント達にファビアスが捕まってしまったのを見てしまいます。

【結】- ロードオブクエストドラゴンとユニコーンの剣のあらすじ4

イザベルが取り返しにやってきて、サディアス達はファビアスが捕まった事を話します。兄弟が捕まった悲しみが分かるイザベルは、一緒に助けに行ってくれます。
一行は、ユニコーンの剣があるとされている迷宮にたどり着きます。内部に侵入するとミノタウロスが襲ってきます。
3人はバラバラになってしまいますが、サディアスがユニコーンの剣を見つけます。剣を使ってミノタウロスを倒して、戦利品としてミノタウロスのペニスを手に入れます。
真の勇者として認められたサディアスは、今までの自分とは違って大きな人間へと変わって行きます。
そしてリザーのいる建物に向かいます。捕まっているファビアスを助け出して、剣を彼に渡します。
4人は、リザーがドラゴンを生み出す儀式を行っている場所へと到着します。リザーは3人の母を召喚して、魔法を放ってきます。
イザベルは、リザーの3人の母親を倒して敵討ちを果たします。ファビアスは、リザーに剣を突き刺して倒します。
ベラドンナを救出することに成功して、一行は城へと戻ります。イザベルは、仕事があるためついてきませんでした。
結婚式が盛大に開かれます。サディアスは、任務をこなしてきた事で父から褒められます。それはファビアスのおかげだと、人間的にも成長した様子です。
寝る時間になって、一人になれたサディアスは、イザベルの事を考えながら自慰を始めます。
すると、彼女が仕事が早く終わったからとサディアスの部屋にやってきます。盛り上がってベッドインできるかと思いきや、彼女は悪い魔女によって貞操帯をつけられていました。
サディアスは、イザベルと一緒に悪い魔女を倒しに向かいます。エンディングです。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、下ネタ満載で大人向けの内容となっています。特に見所なのは、ミノタウロスのペニスをサディアスが手に入れて、仕事に向かうというイザベルに渡すシーンです。触りたくないと言うイザベルの姿が面白かったです。
その他にも、変態要素がたっぷりと詰まっています。賢い魔術師の変態っぷりに、ジュリーのアソコが無かったりと無茶苦茶な演出で笑わせてくれます。
印象的だったのは、イザベル演じるナタリー・ポートマンのビキニ姿が見れる所と、本人かは分からないのですが、貞操帯をつけている場面です。男性陣には喜ばしい映像ではないかと思います。
ストーリーはというと、ドラゴンを生み出して世界征服を目論む魔術師が、姫君を必要としてさらっていきます。それを兄弟王子が協力して助け出しに行くといった内容です。
戦闘シーンが何度かあり、それは真面目にできています。リザーがベラドンナをさらいにくる場面では、魔法と剣の戦いが繰り広げられて、迫力満点です。
また、馬車でのファビアス達とボレモント達の戦いも迫力が凄いです。最後のリザーとの戦いも、ファンタジー要素とアクション要素が混ざった攻防が繰り広げられて夢中になります。
戦闘シーンでは、内臓が飛び出たりとグロい描写も含まれています。あと、サディアスがそそのかされて、獣の心臓を食べさせられる場面など大人向けの描写も登場します。
最後まで見終わって、大人が楽しめる要素満載だと思いました。下ネタ好きで、迫力ある戦闘、ファンタジーなストーリーが好きな方にはたまらない作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ロードオブクエストドラゴンとユニコーンの剣」の商品はこちら