「ワイルドガール」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ワイルド・ガールの紹介:2008年公開。好き放題な生活を送っていた少女が、イギリスの名門女子高に通うことになって成長していく姿を描いた作品。主演は「アンファビュラス」のエマ・ロバーツ。「アイ・アム・ナンバー4」のアレックス・ぺティファー、「ショーン・オブ・ザ・デッド」のニック・フロストらも出演。

予告動画

ワイルドガールの主な出演者

ポピー・ムーア(エマ・ロバーツ)、キングスレー婦人(ナターシャ・リチャードソン)、既婚婦人(シャーリー・ヘンダーソン)、フレディ・キングスレー(アレックス・ぺティファー)、ドリッピー(ジュノー・テンプル)、ルビー(シェルビー・ヤング)、クリストファー(ニック・フロスト)

ワイルドガールのネタバレあらすじ

【起】- ワイルドガールのあらすじ1

主人公のポピー・ムーアは、ロサンゼルスのマリブで豪遊していました。父の新しい恋人が引っ越してくる日になります。
ポピーは友人を呼び出して、その恋人の私物をプレゼントします。恋人の衣服をつかんだまま、ポピーは海へと飛び降ります。
堪忍袋の緒が切れたポピーの父は、ポピーをイギリスの名門校に通わせることにします。ポピーは友人のルビーに電話することを誓います。
場違いな派手な服装をしているポピーが学校にやってきます。新入生のポピーを案内するのはケイトです。
この学校の生徒会長はハリエットで、彼女が学校を仕切っていました。ポピーはケイトやドリッピーのいる5人部屋で暮らすことになります。
携帯は取り上げられ、服装は制限され、就寝時間も決められてしまいます。ポピーが送ってきた服は、雨でずぶ濡れになってしまいます。
ご飯にも制限がかけられていて、ポピーは皆と違うお祈りをします。夜中にドリッピーが冷凍庫に忍び込んで、何かを食べているのを見つけます。
避難訓練が始まって、ポピーは別の方向へ逃げます。入った部屋は校長の息子のフレディの部屋でした。フレディはポピーの名前を知ります。
何かとポピーに突っかかってくるハリエットでした。部活中にフレディがやってきて、ポピーの名前を呼んできます。ハリエットはフレディに惚れていて、ポピーに激しく嫉妬します。

【承】- ワイルドガールのあらすじ2

ポピーはベンチに座っていると、ハリエットの企みで色んな物が入った水をかけられてしまいます。
落ち込むポピーにケイトが携帯を貸してくれます。どうやら皆は偽の携帯を預けていて、本物の携帯を預けてるのはポピーだけでした。
ポピーはルビーに電話をかけますが、ルビーの方は彼女を友達と思っていませんでした。
相部屋の皆からのアドバイスで、ポピーは放校されるように悪戯をすることにします。
ハリエットのチラシを公衆電話に貼り付けます。それから付き合っている二人の教師に悪戯をします。
校長へクレームが送られてきます。しかし、校長はポピーの父から頼まれた事もあって、暖かく見守ります。
これでは放校されないと考え、校長の息子であるフレディを誘惑する作戦を思いつきます。
フレディは交流会にやってきます。なのでポピー達は準備のために、街に買い出しに行きます。
あまりお洒落なドレスが無くて、ポピーがアレンジを加えてドレスを仕立てます。酒もポピーの力でゲットです。
仮装パーティーである交流会が開催されます。ハリエットはフレディにアピールしますが、微妙な反応です。

【転】- ワイルドガールのあらすじ3

セクシーなドレスで登場したポピー達はモテモテです。ポピーはワザと酔ったフリをして倒れます。
フレディに介抱を頼んでキスしようとしますが、デートをしようと誘われます。次のデートの時に持ち越しです。
翌日、ドリッピー達は二日酔いに悩まされます。試合中に吐いてしまったドリッピーでした。
ポピーが代わりに出場します。すると、どんどん勝ち上がって行きます。校長は練習の指示などをポピーに任せ始めます。
ルビーにメールを送ろうとしたポピーでしたが、フレディとのデートの時間になってパソコン室を出て行きます。
ログアウトしてなかったので、何者かが代わりにメールを送ります。
ポピーはフレディとのデートを楽しみます。キスもして思い出深い一日となります。
帰ってくると皆の様子がおかしいです。なぜなら何者かがポピーになりすまして、悪口をメールしていたからです。メールの内容をプリントアウトして置いて行ったのです。
皆はポピーに利用されてるだけと知って、嫌いになります。フレディにも同じ紙が置かれていて、ポピーは彼からも嫌われます。
キッチンで落ち込んでいるポピーは、癖でライターの火をつけたり消したりしています。カーテンに燃え移って、慌てて消します。誰かの足跡が聞こえたのです。
その時にドリッピーはいつものように冷凍庫に忍び込んでいました。部屋に戻って寝ていたポピーは目を覚まします。
消したはずの火が燃えていたのです。ポピーは急いで火事を知らせます。
消防隊員がやってきますが、ドリッピーを助けにポピーは向かいます。二人は無事に助かります。

【結】- ワイルドガールのあらすじ4

校長は犯人に名乗り出るように集会で言います。フレディは焼け跡からポピーのライターを発見して、残念に思いながら彼女に渡します。
ポピーは校長に事情を説明しに行きます。フレディに謝罪の手紙を渡してもらいます。
ドリッピー達はメールの送信時間から、悪口を書いたのはポピーでない事に気づきます。ポピーは学校の名誉裁判にかけられます。
本当の友達を得られたポピーは放校したくありませんでした。死んだ母が卒業生だったことを知って、充実した学生生活を歩むことができたのも理由です。
ハリエットは容赦なく、放校を要求してきます。ドリッピー達が生徒全員に協力を頼みます。
それはポピーがキッチンにいた時に、自分達もいたと主張するものでした。慌てたハリエットが、ライターが現場にあったことを話します。
ポピーとフレディしか知らない事を知っていたハリエットを生徒達は疑います。ハリエットがライターで再度火をつけたのです。
ハリエットは校長室に呼ばれて、学校を去ることになります。ポピーは元気に部活に参加します。その様子を見ていたポピーの父が、母にそっくりだと感動します。
負けそうになってた試合でしたが、気合を入れなおして見事に勝利です。ポピーと父が抱き合ってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画を見ていると元気が湧いてきます。特にポピー達が、最後の場面の試合で踊るダンスは気合が入ります。
見所は、ポピーが名誉裁判にかけられて自分の気持ちを喋る場面です。放校したかった彼女でしたが、本当の友達を作れたこと、亡くなった母の卒業した学校に通えて充実していたことを語ります。うるっと涙が出てしまいます。
ストーリーは分かりやすくて、様々な年代の方にも見やすく仕上がっています。校則やハリエットからの嫉妬などから、ポピーが気にせずぶっ飛ばしていく姿が面白いです。
主演のエマ・ロバーツは俳優のエリック・ロバーツが父で、ジュリア・ロバーツの姪っ子です。さすがの演技力に安心して見ることができます。容姿も美しくて、見ているだけで幸せになれるかと思います。
最後まで見終わって、高評価を得られる作品と思いました。元気な若者達の青春パワーを分けてもらい時には、この映画をお勧めします。

映画の感想を投稿する

映画「ワイルドガール」の商品はこちら