「下妻物語」のネタバレあらすじ結末

下妻物語の紹介:ロリータとヤンキー、まったく異なるタイプの女子高生2人の間に芽生えた友情を描いた青春コメディ。原作は嶽本野ばら、監督は『嫌われ松子の一生』の中島哲也。2004年度の日本の主な映画祭で作品賞や監督賞など数多くの賞を受賞した。

この映画を無料で観る

予告動画

下妻物語の主な出演者

竜ヶ崎桃子(深田恭子)、白百合イチゴ(土屋アンナ)、桃子の父(宮迫博之)、桃子の母(篠原涼子)、桃子の祖母(樹木希林)、一角獣の龍二(阿部サダヲ)、磯部明徳(岡田義徳)

下妻物語のネタバレあらすじ

【起】- 下妻物語のあらすじ1

主人公は茨城県下妻市に住む女子高生・竜ヶ崎桃子です。ロリータ・ファッションをこよなく愛する桃子が軽トラックにはねられ、キャベツと共に宙を舞うシーンから物語は始まります。…場面は遡り、桃子の誕生から両親の離婚、生まれ育った尼崎から下妻にやって来るまでの出来事がテンポ良く描かれます。ある日、桃子の父親が作ったベルサーチのバッタモノを買いに、レディースの一員である白百合イチゴが桃子の家を訪ねてきます。外見も性格も真逆な二人ですが、桃子の見かけによらず物怖じしない胆の据わった性格を妙に気に入ったイチゴは、しばしば桃子の家に出入りするようになります。

【承】- 下妻物語のあらすじ2

イチゴはレディースの総長の引退パレードに合わせて特攻服に「ありがとう」と刺繍を入れてもらうため、代官山にいる伝説の刺繍屋を探したいと言います。資金稼ぎに桃子と共にパチンコへ繰り出し、店員に絡まれますが「一角獣の龍二」を名乗る極道に助けられ、イチゴはほのかな恋心を抱きます。二人は代官山を訪れ、桃子は大好きなブランド「BABY, THE STARS SHINE BRIGHT」の社長磯部に刺繍の腕を褒められますが、伝説の刺繍屋は見つからずイチゴは落胆します。桃子は代わりに特攻服の刺繍を引き受け、不眠不休で刺繍を仕上げます。桃子の刺繍を絶賛するイチゴを見て、桃子は今まで感じたことのない感覚を覚えます。

【転】- 下妻物語のあらすじ3

引退パレードが終わり、桃子はイチゴに呼び出されます。総長が「これからはこの人と走っていく」と紹介したのは一角獣の龍二だったとイチゴは語り、桃子が背を向ける中イチゴは初恋の終わりに涙を流します。一方、桃子は磯部に呼び出され、新作ワンピースに刺繍を入れてほしいと頼まれます。思い悩んでなかなか刺繍を仕上げられない桃子は、イチゴに電話をかけ「会いたいよ、イチゴ」と呟きます。イチゴはレディースの集会を放って桃子のもとへ駆けつけ、「お前ならできるよ」と励まします。黙り込む桃子は、隣で電話に出たイチゴが「ケジメ」と口にするのを聞きます。その帰り道、イチゴはレディースを抜けるかもしれないと桃子に打ち明けます この映画を無料で観る

【結】- 下妻物語のあらすじ4

イチゴに励まされワンピースの刺繍を仕上げた桃子ですが、イチゴの言っていた「ケジメ」の意味を知り、磯部にワンピースを届けられないと告げます。電話口で事情を察した磯部に背中を押され、桃子はイチゴを助けに祖母のバイクで全力疾走しますが、軽トラックにはねられます。…これが冒頭のシーンです。イチゴのことが頭によぎった桃子は再びバイクに跨り、イチゴがレディースにボコボコにされている中へと突っ込んでいきます。レディースに押しのけられてブチ切れた桃子は別人のように尼崎弁で啖呵を切り、イチゴも含めた全員が愕然とします。レディースの嘘も相まって桃子はイチゴを救い出すことに成功し、バイクで二人走り去っていきます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「下妻物語」の商品はこちら

下妻物語【Blu-ray】