「人喰猪、公民館襲撃す!」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

人喰猪、公民館襲撃す!の紹介:韓国の山合いの小村で発生した無差別連続殺人事件が巨大な人喰いイノシシの仕業と知った村人たちの攻防を描く2009年制作のモンスターパニック・コメディ。原題は「차우(Chaw/チャウ)」(”捕獲罠””噛む””喰い尽くす””不出来な”などの意)。監督/脚本は「漁村の幽霊パクさん、出張す」のシン・ジョンウォン。音楽は「王になった男」のキム・ジュンソン。出演は「家族の誕生」のオム・テウン、「トガニ 幼き瞳の告発」のチョン・ユミ他、チャン・ハンソン、ユン・ジェムンなどベテラン俳優らが脇を固めている。

予告動画

人喰猪、公民館襲撃す!の主な出演者

キム・ガンス巡査(オム・テウン)、生態研究員スリョン(チョン・ユミ)、元猟師チョン(チャン・ハンソン)、猟師マンベ(ユン・ジェムン)、シン刑事(パク・ヒョックォン)、パク村長(キム・ギチョン)、ユ派出所所長(イ・サンヒ)、カク社長(チョ・ムニ)、パク巡査(チョン・ユンミン)、トックの養母(コ・ソヒ)、ガンスの母(パク・ヘジン)、ガンスの嫁ミヨン(ホ・ヨヌァ)など。

人喰猪、公民館襲撃す!のネタバレあらすじ

【起】- 人喰猪、公民館襲撃す!のあらすじ1

ヤンイ郡の山あいののどかな小村サムメリ。
密猟が社会問題となり、山の獣の受難が伝えられる中、猟師たちは今宵も獲れたての鹿肉のバーベキューで盛り上がっています。その1人が酔って掘り返された墓穴に落ち慌てますが、金の指輪を失敬しほくそ笑んだ直後、何かに襲われ草むらへと引きずり込まれます。
翌朝、墓が掘り返され埋めて2日の遺体が荒らされ金の指輪が盗まれたと騒ぎになりますが、現場の処理に来たユ派出所長やパク巡査らは、MBLの帽子が昨夜襲われた男の物だと気づきません。
その夜、パク村長とカク社長は、縁台の飯屋で都会人相手に有機野菜を売り物にした週末農場の儲け話で大いに盛り上がります。
一方、ソウル勤務のキム・ガンス巡査は、先輩から明日からサムメリの派出所に移動だと聞き唖然とします。その夜先輩と飲んでいたガンスは、認知症の母親と身重の女房連れて地方に移動かとこぼし、料理に混ざっていた豚の牙に悲鳴を上げますが、先輩は、田舎はトラクターの取り締まりだけだから楽だ、牙が出るなんていいコトあるかもなと笑います。
サムメリでは、自転車に乗った若い女性チュナが、祖父のチョン・イルマンのテドン鉄砲店を訪ねますが留守でした。その後、彼女は暗い道で自転車ごと坂を転げ落ちて足を痛め、不気味な唸り声を聞き、何とか坂の上に戻りますが、村人の車に撥ねられ昏倒、車の2人は飲酒運転と無免許がバレるのを恐れ、彼女を再び坂へと投げ落とします。彼女は生きたまま何かに襲われ貪り食われます。

翌日、引っ越しのトラックでやってきたガンスが、認知症の母親をドライブインに置き去りにする夢を見て飛び起きた頃、サムメリ近くの藪でキャンプをしていた男女2人組が、雑誌を握ったまま喰いちぎられたチュナの腕を発見します。
村に着いたガンスは、家の前で落書きをしていた少年が魔女のような女に叩かれるのを見て唖然としますが、村長が現れ、トックは霊媒師の婆さんと暮らしていたが、婆さん亡き後あの女が育ててると言い、所長は事件があって農場にいると話します。
農場では本署所属のシン刑事が事情聴取中で、所長とパク巡査たちはビニール袋に入った生首を持って現れます。2人は野生のイノシシの生態研究に来た研究員のスリョンとその先輩で、彼女は興味深げに生首を見ていましたが、気の弱い先輩は泥酔してたととぼけます。シン刑事は隙あらばサボろうとする所長たちにハッパをかけます。

翌日、バラバラ遺体がほぼ揃い、シン刑事とガンスは、昨日から孫娘が戻らない、遺体を確認したいと駆け込んできたテドン鉄砲店の主で元猟師のチョンと共に解剖室に向かいます。
解剖医は、傷口は金串のようなモノで引き裂かれているが傷口は荒く、遺体は殺害時刻も年齢も違う2体で、チョンの孫娘と40代男性だと分析、孫娘の遺体を見つめうなだれていたチョンは、どれとは断定できないがとてつもなく巨大な山の獣の仕業だと涙をこぼします。
シン刑事とガンスは、科捜研の捜査が終わるまでの数日間、入山禁止にすると言いますが、村長とカク所長は、週末農場は収穫期の今こそが儲け時で苦労が水の泡だ、風評被害を防ぐため村人にも言うなと詰め寄り、警備の増員を要求、禁止令を反故にします。
その夜、ガンスは自宅にシン刑事を招きますが、夜道ではトックの養母に絡まれ、身重の女房ミヨンの料理はマズく、ボケた母親と取っ組み合いのケンカをし、ガンスと怒鳴り合います。シン刑事は同情のため息をついていました。
翌日、週末農場の梨狩りの警備をしていたガンスが、先輩風を吹かせるパク巡査を一蹴した頃、客が蛇に噛まれ騒ぎになりますが、近くで巨大な足跡を調べていたスリョンが素早く応急処置をし事無きを得ます。けれど若い家族連れの夫が、巨大な動物に引きずられ森に消えます。怪物はガンスがピストルで何発撃ってもものともせず、山は立入禁止となりますが、村人たちは猛反発します。
その夜、村の酒場では、シン刑事がチョンと、スリョンも先輩と別の席で飲んでいました。チョンは山の獣とはイノシシで、山間開発で住処を失い密猟者にも狙われたイノシシは、飢えて墓を掘り返し人の腸の味を覚え人喰いになったと言い、一方スリョンはあれを捕獲すれば准教授になれる!先輩も結婚しなくちゃ!と励ましていました。

【承】- 人喰猪、公民館襲撃す!のあらすじ2

公園管理公団はイノシシ狩りに乗り出し、カク社長が招聘した猟師ペク・マンベはフィンランド人ハンター数人と物々しく登場し、半日で片付くと言い山に入り、その足跡から300キロはあると目星をつけます。一方、テントでは、スリョンと先輩が餌をまいといたから必ず来ると機材を構えていました。夜になり、マンベが暗視カメラでイノシシを発見して罠に追い込み、捕獲に成功しますが、途中、テントでは先輩がとばっちりで襲われ、引きずられていました。
翌日、”人喰いイノシシ捕獲!”のニュースに村中がわき、マスコミが来てマンベが取材を受ける中、チョンとシン刑事がやってきます。
マンベはチョンに、ショップを開いたと聞いたがこんな田舎とはと言い、あなたほどのハンターなら狩猟協会のポストを用意するのにと声を掛けます。チョンはそんなものはいらんと眉を顰め、クレーンで吊り上げられたイノシシを見て、こいつじゃないと呟きます。
満面の笑みで記念撮影をしていたマンベとカク社長と村長らは、隣に吊るされたイノシシのそばで「また事件が起きたらどう責任取るんだ」と話すガンスたちを小声でたしなめますが、撮影が終わった途端、カク社長が豹変、皆こいつが人喰いイノシシだと思ってる!あんたらが間違ってたら責任取れるのか?!と怒鳴ります。チョンは社長の襟首を掴み「大事な孫娘を失ったんだ!人命がかかってるんだぞ!」と責めますが、彼は今日中に入山禁止を解け!と怒鳴り、村長と去って行きます。
イノシシの腹には、丸呑みされた鶏やチュナの雑誌の残りが入っていました。チョンはオスが獲った獲物(犠牲者や遺体)をこのメスと輪食したんだ、2頭は番いで奴はまた村に戻ってくると話します。

夜、村の公民館では”人喰いイノシシ捕獲祝賀会”に村人全員が集まり、件のイノシシの丸焼きが振る舞われ、中にはガンスの嫁と母親もいました。けれどマンベは浮かない顔で、猟犬相手に気になる事があると呟いています。外ではスリョンが、奴はまだ絶対山にいる、3年もかけたプロジェクトなのに!とイラつき、大ケガの先輩に当たり散らしています。
チョンの店にはシン刑事とガンスがいて、事件解決で捜査本部は解散、入山禁止は解除、シン刑事は本署に戻れと言われたと頭を抱えていました。チョンはまた民家を襲うとは言うものの、山に入るのを躊躇っている様子です。
一方、公民館はカラオケで盛り上がり、ヤケになったスリョンや先輩も熱唱していましたが、唸り声と地響きがして、壁に大きなものがぶち当たる振動が走ります。
初めに気づいたマンベは、ライフルを撃って村人を静め狙いをつけますが、音は公民館の周囲をうろつきスリョンはビデオを構えます。村人たちの多くは怯えて逃げ回り、男衆はバリケードを作るなどパニックになります。
外で蠢く影にマンベが発砲すると、パク巡査は窓付きのトラクターに立てこもり、所長が入れてくれ!と取りすがっても無視します。マンベが壁際で怯える包帯だらけの先輩にどけー!と叫んだ瞬間、先輩は跳ね飛ばされ、獰猛で凶悪な面構えの巨大なイノシシが現れ、逃げ惑う人々を次々と跳ね飛ばしていきます。その牙は太く鋭く、皮膚は分厚くチェーンソーでも歯が立ちません。
若い巡査たちは天井の梁に逃げ、所長は巨体に踏まれ壁に叩きつけられます。パク巡査はその惨事の中、立てこもったままで、一瞬使命を思い出してガンスに電話を入れ「公民館がイノシシに襲われてる、サムメリは俺が守るから来なくていい」と言い発進準備をしますが、マンベの弾が固い皮膚に跳ね返されるのを見た途端、エンジンを切ります。
マンベはライフルを構え巨大イノシシと真正面から対峙しますが、彼をはるかに越える巨体と圧倒的な風格に気圧されて失禁、イノシシは彼を無視して山へと戻って行きます。

駆けつけたガンスたちは酷い有様に驚いてケガ人を搬送、ガンスは妻と母親の無事を確認します。所長は白目を剥いて倒れていて「パク巡査は最低」と呟き、トラクターの中で固まっていたパク巡査は、自分は1人でサムメリを守った、奴は仲間とも知らず丸焼きもくわえて行ったと笑いどやされます。村長は動揺して証言すらあいまいで、スリョンの先輩はネコ車で運ばれて行きました。
チョンは公民館の隅でドラム缶を盾にして怯えるマンベを見つけて叩き、何やってたんだ!このバカ!村人は見殺しか!と叱りますが、彼は先輩の教え通り使えるものを使っただけだ!とキれ、昔、毒蛇に噛まれた俺を山に置き去りにしたくせにと罵ります。チョンは裏切って去ったのはお前の方だと辛そうに言いますが、マンベは「人間なんて喰って喰われて裏切るもんさ」と言い捨てます。
その一件で亡くなったのは、マンベの愛した2匹の猟犬だけで、彼が河べりに作った墓に首輪や骨ガムを供え泣いている傍で、チョンは静かにその骨を撒いていました。

【転】- 人喰猪、公民館襲撃す!のあらすじ3

翌日、所長が留守のためガンスはやむなく派出所勤務に出かけて行きますが、チャンの店には、マンベとシン刑事がいて、イノシシ狩りの準備をしていました。そこにスリョンがやってきて奴を捕獲したい!一緒に連れてって!と騒ぎますが、シン刑事に追い出されます。
チョンは山でヤギを飼ってる家にキャンプして探そうと言い、猟師だった父親の熊狩り用のライフル=ソ連製のモシン・ナガンを用意します。昼時、店の外階段で菓子パンを齧っていたスリョンの横にマンベが座り、パンと牛乳を貰い仲良くなります。
一方、ガンスは、嫁が昼寝をしていた隙に母親がいなくなり、村を探しても見つからず、山を探すため加わり、再度頼みに現れたスリョンをチョンが許可して、総勢5人の捜索チームとなります。
行く道でチョンは、日帝時代、日本軍が豚の改良のため家畜用の外来種と野生のイノシシを交配させ失敗、それが野生化して繁殖、大きいモノは500キロを超え、10センチの鉄板をも突き破る、虎ですら勝てないバケモノだと話します。

山にはトックと養母の奇妙な小屋もありますが、彼らはチャンの父の代からの馴染みの老人が暮らす樹上の山小屋にたどり着きます。
老人はブツブツ言っては笑う変人で、スリョンはチンパンジー研究で知られるジェーン・グドールのように世界を回りたいと話します。そこにマンベが人喰いイノシシの糞と体毛を持って帰り、捕まえた奴よりずっとでかいと言いますが、スリョンが演出しビデオを撮りなおしたりするうち、突然老人が「バチが当たるぞ!」と言い、昔話を始めます。
その昔、焼き畑農業をするため山に火を放つと、巨大で飢えたイノシシが出て村が襲われ、村人たちは逃げ去ったが、国中の狩人が退治に立ち上がり”稲妻落とし”で捕獲した。けれど、狩人たちは次々と死んだりおかしくなり、ある者は足を、ある者は頭を失い、その時巨大イノシシを捕獲したチョンの父親ペンマンは目を失った、そうして人間が入山しなくなり、ようやく山は元の姿に戻ったが”稲妻落とし”はまだどこかに残ってると言うのです。”稲妻落とし”とは、木組みの上に大量の岩石を乗せ、獲物が餌に喰いつくと支えが外れ岩石が落ちる仕組みの大掛かりな罠の事です。
また夜には、チョンが日本統治時代のカルト教団白白教の教祖は2000人もの信者を殺害したが、追い詰められこの山で自殺した、身体は喰われ頭しか見つからなかったと話し、人喰いイノシシは存在するのかと聞かれたスリョンは、学名”ホロコロス・マイナー・チャゲニ”と言って外来種と混ざる事でDNAが突然変異を起こし人を喰らいだすこともある、あのイノシシもその可能性が高く未確認の種だと話します。
その時、地響きと吠え声がして小屋が揺れ、一同は警戒しながら森に出ますが、出て来たのはガンスの母親でした。

翌朝、皆は老人が作ってくれた虫の朝食をなんとか食べ、ガンスの母親を残して森に入り、”稲妻落とし”を発見して修理する一方、マンベはGPS探知機と連動した最新式のダイナマイトの罠を仕掛けます。やがて足跡や糞を辿りって巣穴を発見し内部に侵入、中には数匹のウリ坊がいましたが、チョンとマンベは人喰いのDNAを持っているため根絶やしにすると言い1匹残して殺害し、巣穴に火を放ちます。
彼らが巣穴から出た時、外には怒り狂った人喰いイノシシがいて襲い掛かり、しつこく追われます。彼らは何とか下水管に逃げ込み難を逃れますが、ガンスが尻を負傷し、チョンに弾丸の火薬の荒療治を受けます。ウリ坊はスリョンのバックの中に大事に入れられていましたが、チョンは奴は必ず子供を殺された復讐にやってくると言います。

夜。人喰いイノシシが無惨な我が仔の死体を嗅ぎ、慟哭の咆哮を上げている頃、湖の岸辺に寝転んで夜明かしをしていたチョンとマンベは昔話で笑い、チョンは「お前は俺の下にいる男じゃない」と言い、マンベは、マスコミに名を売るため高級車やいい服で飾り立てたが全ては無意味だった、猟師は山で暮らさないと、それが男のロマンだとこぼします。またパク刑事は、10年かけて刑事になったと言い、生活のために巡査をやってると笑うガンスに、上手く行かないときは流れに身を任せろと話します。
皆が寝静まった深夜、GPSの反応に気づいたマンベは、1人で様子を見に行き人喰いイノシシに襲われ、ナイフ一丁で闘うはめに。一同は救出に向かいますが、熊撃ち銃は不調で当たらず、傘を広げて抵抗したところ、イノシシははずみで”稲妻落とし”に挟まり身動きが取れなくなります。マンベは重傷で動けず、チョンは再び彼を見捨てる決断をし皆を連れて逃げ出します。
一同は草むらを逃げ回りますが、イノシシはしつこく追ってきて、カバンのウリ坊も哭き叫んでいます。チョンは奴はわしらを殺し村も血祭りにする気だと言い、シン刑事はガンスに自分は応援要請に行くから、囮になってイノシシを引きつけろ!成功したら特進だ!と迫ります。ガンスはウリ坊を抱え上げヒョンスと共に草むらを駆け出し、逃げ出したシン刑事とチョンは途中トックの養母に襲われ、ズボンを奪われます。

【結】- 人喰猪、公民館襲撃す!のあらすじ4

ガンスとヒョンスは坂を転げ落ち、ぬかるみにはまりますが、蛇がイノシシの鼻に噛みついた隙にトンネルへと逃げ込みます。
2人はそこにあった手漕ぎのトロッコで線路を逃げますが、イノシシは高い橋をものともせず追いかけてきます。トロッコは狭い坑道を抜け、人気の無い工場の中に突っ込み止まります。
2人は入り組んだ工場内を逃げ回りますが、その度ウリ坊が哭き見つかってしまいます。やがて2人は高い梯子の上に昇り一息つきますが、イノシシは下をうろつき、万が一諦めたとしても村が襲われるのは確実です。
その時、スヒョンがエレベーターで”稲妻落とし”をやろう!と思いつき、ガンスがウリ坊でシャフトにおびき寄せ、自分が箱を落として押し潰すと言い出します。ガンスはついてないとこぼしながらパイプを伝って落下し再び尻を打ち、ヒョンスは何とか操縦室にたどり着きます。
ガンスは工場内を逃げ回り、ウリ坊をシャフトに投げ入れ誘い込みには成功しますが、イノシシは彼を威嚇し、なかなかウリ坊に気を向けません。そしてようやくウリ坊を嗅ぎ始めた瞬間シャフトを閉め、ヒョンスがエレベーターを落とし、イノシシを押し潰します。
それでもイノシシは死なず、ガンスはそばにあったダイナマイトで吹き飛ばそうと言いますが、ヒョンスがウリ坊を救い出すと哀しそうにじっと見つめていました。2人は罪悪感に駆られ、ガンスは本署に任せて逃げようと言い出しますが、ヒョンスは私たちが見送らないとと言い離れようとしません。ガンスは「でもな、俺の手柄だ」と言ってダイナマイトに火をつけ、シャフトごとイノシシを爆破します。
2人は爆風に吹き飛ばされ気を失いますが、ガンスが生まれた子供がウリ坊で皆が大ウケする悪夢にうなされ飛び起きると、皆は気づいた彼を見て胸をなで下ろし笑っていました。その中には身重のままのミヨンもいて、所長は新聞社が取材に来てると言い、チョンはわしの跡を継がんか?とからかい、シン刑事は特進とは言っても殺人事件じゃないからなと渋い顔で彼を見送り、救急車で運ばれて行きました。
森の中には、生き延びたウリ坊が餌を探していましたが、カメラを見つめ、笑ったように目を細めます。

スタッフロールが流れた後、腹に傷を負ったマンベが見知らぬ小屋の中で、オムツ姿で吊るされている事に気づき狼狽えています。周りには血の付いた出刃包丁や手鉤が転がっていました。そこにトックの養母が現れ、彼が「おばさん、誰だ?!」と叫ぶと、彼女はデカい包丁を研ぎながら「おばさん?”お母さん”でしょ?どの子も同じね。お・母・さ・ん」と呼ばせようとします。怯えた彼はお母さ~ん!と叫び、女は満足そうに笑って抱きつき、小屋には「愛してるよ、お母さん」と言う呟きが聞こえます。

みんなの感想

ライターの感想

日本での公開は2011年、2014年開催の”夏のホラー秘宝まつり”でも紹介された韓国のモンスターパニック・コメディです。登場するキャラクターはみなユニークで、本署のスマートなシン刑事は少々手癖が悪かったり、男臭く登場する猟師マンベが実はさびしがり屋で犬と会話し、ヒョンスに一目惚れした挙句オムツ姿で捕まっちゃったり(ユン・ジェムンはしゃくれ系のブサメンですが目が可愛い俳優さんでこう言う落差のある役が本当に巧いです。今回は見捨てられ続けの運の無い男で可哀想;)、大ベテランのチョン役チャン・ハンソン、村長役のキム・ギチョン、所長役イ・サンヒなどががっちり脇を固め、山姥のようなトックの養母の女、認知症のガンスの母親、山小屋の老人(コン・ホソク)などなども見逃せません。
(中盤の梨畑を逃げ去るシーンでは予算の関係からか一抹の不安が過ぎるんですが)人喰いイノシシ登場となってからのCGは素晴らしく、デカく重く獰猛で機敏な体躯の大迫力、公民館での襲撃シーン、クライマックスの工場での攻防などかなりハラハラさせられます。
冒頭2件の殺人事件はいろんな意味で惨劇ですが、梨畑の夫も救急車で運ばれたようだし、ヒョンスの先輩はなんだかんだ言って不死身だし、公民館でも工場でも死亡事故には至らないのでご安心を。犬と始末されたウリ坊には合掌を。ラストのキャスト紹介では凄惨な死に様だったチャンの孫娘役ハ・ユイも可憐な笑顔で登場しています。

映画の感想を投稿する

映画「人喰猪、公民館襲撃す!」の商品はこちら