「俳優 亀岡拓次」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

俳優 亀岡拓次の紹介:顔は分かるが名前は出てこない。そんな俳優亀岡拓次、37歳・独身。謙虚で不器用な愛すべきカメタクの仕事への熱意と、恋の物語。監督・脚本は若手の鬼才横濱聡子、音楽は数々の作品を手掛けた大友良英。主演は商業映画において初の主役となる安田顕。主演にして“脇役”役という愉快な設定である。

この映画を無料で観る

予告動画

俳優 亀岡拓次の主な出演者

亀岡拓次(安田顕)、室田安曇(麻生久美子)、宇野泰平(宇野祥平)、山之上監督(新井浩文)、横田監督(染谷将太)、藤井(工藤夕貴)、スナックキャロットのママ(杉田かおる)、松村夏子(三田佳子)、古藤監督(山﨑努)

俳優 亀岡拓次のネタバレあらすじ

【起】- 俳優 亀岡拓次のあらすじ1

名脇役俳優の亀岡拓次は、37歳の独身。声を掛けられればどんな場所の撮影でも参加するうえ、斬られ役でもヤクザ役でも何でもこなすため、多くの監督から重宝され気に入られています。西調布に住む彼は、仕事後に地元の行きつけのスナックで酒を嗜むのが楽しみでした。でもこのままずっと独り身では淋しいと感じています。
ある時マネージャー藤井から、映画の役は落選したが舞台の話があるとの電話があります。舞台の仕事はいつも断っていた亀岡ですが、今回は引き受けることにしました。

亀岡は撮影のため長野諏訪に向かいますが、到着早々撮影遅れで出番が次の日になります。既に弁当もありませんでしたが、彼にはよくある出来事でしか過ぎません。
翌日の撮影後、亀岡は小料理屋『ムロタ』を訪れます。美人な店の娘安曇に、何処かで見たことがあると言われるも亀岡はごまかし、職業を尋ねられても適当に答えました。彼は俳優と言えども謙虚なのです。 この映画を無料で観る

【承】- 俳優 亀岡拓次のあらすじ2

ニュースでやっていた、車を無停車で走らせるためにオムツを穿いたという話題で二人は盛り上がります。郷土料理の寒天を食べた亀岡は味をしめます。そして明るくも少し憂いを帯び、ほろ酔い姿の安曇に亀岡は一目惚れしました。
次の日もムロタに出掛けた亀岡は、今度は花束を持って店に来ると宣言しました。ホテルに帰ると、亀岡の映画を参考にしているという若い山之上監督に褒められます。亀岡はムロタを勧め、諏訪をあとにしました。
東京に戻った亀岡は四ツ谷の劇場陽光座にて、舞台稽古に初めて参加します。憧れの大女優松村の指導は非常に厳しいものでした。
翌日。三ノ輪でのVシネ撮影では、演技経験のないフィリピン人女優との共演でした。NGばかり出す女優は最終的に逃げ出し、せっかくのキスシーンも無くなってしまいます。そんななか亀岡に、世界の巨匠スペイン人監督のアラン・スペッソ作品のオーディションの話が届きます。

【転】- 俳優 亀岡拓次のあらすじ3

オーディションは暗い倉庫の中で行われました。「映画とは船酔いみたいなもの。あなたの船を見せて」というスペッソの要求に、亀岡は自分の世界に入り込んだ演技を見せます。オーディションには先日亀岡がお手本を見せた若いイケメン俳優も参加していました。
再び四ツ谷の陽光座にて亀岡が一人特訓していると、松村がやってきて発声など基本練習から稽古をつけてくれました。いざ本番を迎え松村は12日目の亀岡の演技が良かったと褒めましたが、「あなたは舞台じゃなくて映画向きなのね」と呟きました。
今度は山形で時代劇の撮影です。後輩俳優の宇野も一緒の現場でした。亀岡は殺陣のシーンにて想定外にも口から水を吐き、次の日も水を吐いたうえ、演出にないのに川に落ちました。それでもOKが出て「涙は口からも出る。偶然という名の必然亀岡拓次!」とベテランの古藤監督に絶賛され、山形での収録を終えます。
宇野と飲んだ亀岡は、独身仲間だと思っていた彼に妻子がいることを知り、羨ましく思います。一方の宇野はスペッソのオーディションを受けたことの方が羨ましいと思っていました。

【結】- 俳優 亀岡拓次のあらすじ4

宇野の件で燃えた亀岡は花束を持ち、途中でオムツに穿き替え、東京から諏訪までカブを走らせました。いざムロタに到着しますが、転んで右手を傷めてしまいます。
亀岡が俳優だと山之内一行から聞いた安曇は、久々に来店した亀岡に早速サインを求めます。右手を負傷した亀岡は左手の震えた文字でサインしました。怪我に気付いた安曇に手当をしてもらった亀岡ですが、彼女がバツイチの子持ちだと言うことを知ります。それでも、安曇に会いに来たと伝えた亀岡ですが、名演技だと彼女にはぐらかされてしまいました。更には、前夫とやり直すことにしたと安曇に言われた亀岡は、花束をそっと椅子に置くことしかできませんでした。やるせなく店を出た亀岡は、思わずオムツに放尿してしまいます…。
スペッソの映画に出演することになった亀岡は、異国の地でも監督からお褒めの言葉をいただきます。そして撮影地のモロッコを独り彷徨い、砂漠に足跡を残しました。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「俳優 亀岡拓次」の商品はこちら