「地獄でなぜ悪い」のネタバレあらすじ結末

地獄でなぜ悪いの紹介:2013年制作の日本映画。園子温監督が15年以上前に執筆していたという脚本に加筆し、映画化したコミカルなアクション。妻の出所祝いにと、彼女の夢だった、娘を主演にした映画の製作に挑む男と、巻き込まれていく人々の姿を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

地獄でなぜ悪いの主な出演者

武藤大三(國村隼)、池上純(堤真一)、武藤ミツコ(二階堂ふみ)、ミツコ〔10歳〕(原菜乃華)、武藤しずえ(友近)、平田純(長谷川博己)、橋本公次(星野源)、谷川カメラマン(春木美香)、御木カメラマン(石井勇気)、佐々木鋭(坂口拓)

地獄でなぜ悪いのネタバレあらすじ

【起】- 地獄でなぜ悪いのあらすじ1

およそ10年くらい前…。武藤組と池上組とは抗争の最中にありました。武藤組組長の自宅に押し入った池上組の構成員3人は、武藤の妻・しずえに惨殺されます。唯一生き残った池上純は、家に帰ってきたミツコと出会い、10歳ながら肝の据わった凛々しい少女の姿に恋をしました。ミツコは売り出し中の子役タレントで、歯磨き粉のCMが好評を博していましたが、母親の不祥事でCMは打ち切りになってしまいます。殺人罪で服役しているしずえは、自分のせいで娘のCMが打ち切りになったことを悲しみました。 この映画を無料で観る

【承】- 地獄でなぜ悪いのあらすじ2

同じ頃、映画バカが集まったサークル「ファックボンバーズ」は、十代の監督・平田、平行撮りの御木、手持ちの谷川らが集まって今日も街で被写体を探していました。平田たちは高校生同士の喧嘩を撮り、佐々木に「アクションスターになれる」と言います。また平田たちは抗争で血まみれになった池上とも出会っていました。さて10年後の現在。10日後にしずえが出所する日を迎えます。しずえに頭が上がらない武藤は、娘のミツコは女優として活躍しており、主演映画が今度封切られると、しずえに嘘をついていました。

【転】- 地獄でなぜ悪いのあらすじ3

しずえの出所が迫った武藤は焦りますが、ミツコは男と逃亡中で見つかりません。やっと見つけたミツコは、頼りない男と一緒でした。それもそのはず、ミツコの本当の恋人はミツコが組長の娘と知って逃げてしまい、ミツコは通りすがりの男・橋本を連れていたのです。橋本は10年前CMアイドルで活躍していたミツコに恋をしていました。ミツコを確保した武藤は、自分たちで映画を作ることを思い立ちます。たまたま見つけた「映画を撮りたい」と書かれた紙切れ(10年前平田が願掛けしたもの)を頼りに平田に依頼をします。平田としては念願の映画を撮れるので、願ったりかなったりです。

【結】- 地獄でなぜ悪いのあらすじ4

相変わらず武藤組と池上組は対立していました。それを聞いた平田は「どうせなら組同士の抗争を撮ってしまえ」と言い、池上に相談を持ちかけました。10年経ってなおミツコ一筋の池上は「ミツコと会えるなら」と快諾します。そして映画撮影…平田監督の助言で、銃ではなく日本刀で組同士の戦いが始まりました。撮影する者も撮影される者も、皆ノリノリです。血しぶきが盛大に舞い、やくざたちやカメラマンも次々に倒れていきますが、撮影は快調です。この騒動に警察が踏み込みますが、撮影は続けられます。皆亡くなりますが、最後に残った平田は、自身も満身創痍ながらフィルムと音声素材を回収し、ハイテンションで走っていきました。

みんなの感想

ライターの感想

園子温らしいナンセンスな展開の中に色々なメッセージが散りばめられている映画でした。好き嫌いは分かれるかも知れません。
一番印象的なシーンを選ぶのは難しいですが、リアルな痛みを表現したシーンとして、二階堂ふみ演じるミツコが元恋人の浮気現場に乗り込んだ場面を上げたいと思います。
成り行きで一緒に行った星野源が演じる気の弱いごく普通の青年と一緒に復讐のため元恋人のマンションに乗り込みます。四の五の言い訳をする元恋人の口の中にビール瓶を割ったその破片を5個くらい突っ込みます。そして痛ーいお別れのキスをします。星野源くんは茫然。バイオレンスとエロチシズムが不快なんだけれど目が離せない感覚を覚えました。
怖いものに巻き込まれてしまったのはわかるものの、ミツコにも魅かれ後戻りはできません。ミツコは幼いころに血の海の中で「全力歯ぎしりレッツゴーっ。」と明るくノー天気に歌い踊るという豪快なキャラクター。それを見たミツコの父(國村隼)と立するやくざの池上(堤真一)が心を奪われ、敵対しながらもミツコのことを思慕する様子が随所に描かれ、物語を導いていきます。

映画の感想を投稿する

映画「地獄でなぜ悪い」の商品はこちら

地獄でなぜ悪い スタンダードエディション [DVD]