「少年メリケンサック」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

少年メリケンサックの紹介:2009年公開の日本映画。宮藤官九郎が監督と脚本を務めるコメディ。ネットで話題になっているパンクバンドをスカウトすることになった主人公だが、ネットの動画は25年前のものだった…オヤジパンクバンドを盛り立たせるために奔走する音楽会社の女性の奮闘を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

少年メリケンサックの主な出演者

栗田かんな(宮崎あおい)、時田英世(ユースケ・サンタマリア)、スガマサル(勝地涼)、金子欣二(ピエール瀧)、TELYA(田辺誠一)、かんなの父(哀川翔)、美保(烏丸せつこ)、TV局の司会(中村敦夫)、作並巖(犬塚弘)、名古屋駅・店の大将(遠藤ミチロウ)、花屋の店員(日影晃)、ガサ入れの警官(仲野茂)、アキオ〔作並秋夫〕(佐藤浩市)、ハルオ〔作並春夫〕(木村祐一)、ジミー〔清水〕(田口トモロヲ)、ヤング〔岡本〕(三宅弘城)

少年メリケンサックのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①がけっぷち音楽会社職員・かんながぎりぎりで発掘したのは「少年メリケンサック」なるパンクのバンド。スカウトすればかんな自身も契約延長されると聞いて向かったが、少年メリケンサックは25年前に解散したバンドで、現在は中年男だと知る。 ②再結成させて全国ツアーをすると、最初はひどかったバンドが徐々に勘を取り戻し、人気を博した。テレビ出演も成功し、かんなは満足感を覚えた。

【起】- 少年メリケンサックのあらすじ1

栗田かんなはメイプルレコードに勤務する若い女子社員ですが、契約更新がならず、今日で仕事を辞めることになっています。
新たな就職先は決まっておらず、このままだと実家の回転すし屋を手伝うくらいしかありません。
勤務最終日、かんなはmixiで見つけたある動画を時田社長に見せました。
メイプルレコードはなごみ系や沖縄系などの音楽を主に手掛けていますが、時田は昔『近親憎悪』という名のバンドを組んで、パンクロックをしていたこともあります。
その時のバンド仲間は、今は船乗りや指圧師になっていますが、時田のように音楽会社を経営したり、バンドのボーカルはソロ活動を始め、今ではTELYAというメイプルレコードの売れっ子(かなあ…)のアーティストをしています。
かんなが面白いと思ったのは『少年メリケンサック』というバンドでしたが、正直なところかんな自身はパンクとロックとメタルとの区別すらついていない状態です。
動画を見た時田社長は、かんなに契約の期間延長を言い渡し、「なにがなんでもスカウトしてこい」「アルバムを1枚作れ。1枚だけ(1枚だから伝説になるので、1枚だけなのが条件)」と命令しました。
無職にならずに済んだので、かんなは喜びます。
調子に乗ったかんなは、翌日時田社長にデビュー希望の自分の彼氏・スガマサルの楽曲を聞かせますが、即、窓から捨てられました。窓の下には、過去に時田社長からボツを食らったCD-Rが大量に捨てられています。
確かに、かんな自身も思うのです。自分の彼氏・スガマサルの音楽は、耳ざわりはいいのだけれど、心に残りません。一方の少年メリケンサックは、ボーカルの滑舌が悪くて歌詞は何を言っているのか分かりませんし、どちらかというとかんなの嫌いなジャンルの曲なのですが、「何か気になる。何度も見てしまう」魅力があったのです。
オフィシャルホームページを探し当てたかんなは、ボーカルのジミーの欄に「1983年」と書かれていることから、現在25歳で自分と同い年だと思いこみました。
スカウトのためにまず電話をかけて、リーダーのアキオのところへ向かいます。
つてをたどって聞いた場所の居酒屋にいたのは、ひげがもさもさの中年男・作並秋夫でした。
かんなは、少年メリケンサックのメンバーが1983年生まれなのではなく、「解散した年が1983年(25年前)」だと知りました。つまり現在少年メリケンサックは活動しておらず、メンバーは皆、50歳の中年男なのです。
これはさすがに…スカウトできない…と思っていたかんなですが、その時、時田社長から携帯電話に連絡をもらいます。
なんと、時田社長がためしにメイプルレコード社の動画サイトに少年メリケンサックの動画をアップロードしたところ、たちまちに10万アクセスを突破する人気だそうなのです。

【承】- 少年メリケンサックのあらすじ2

時田社長はすでに計画をふくらませており、「契約したら、即、全国ツアー」と言います。契約に成功すると、かんなはディレクターに昇格するので、半ばやけくそでかんなは作並秋夫と再結成の契約を取りつけました。
と同時に、秋夫と喧嘩別れしたままの弟・春夫を説得に行きます。春夫は酪農の仕事をしており、兄・秋夫の話題を持ち出したかんなに怒りまくり、「父・巌が死んだと兄に伝えろ」と言ってかんなに牛糞を投げつけて追い払います。かんなは牛糞まみれになりました…。
一旦は引きさがったかんなはですが、秋夫は当時のオリジナルメンバーでの再結成にこだわります。
かんながぼやぼやしている間に、少年メリケンサックの全国ツアーのチケットは完売してしまいました。時田社長に本当のこと(少年メリケンサックが中年男の集団だ)が言えないかんなは、追いつめられます。
秋夫はかんなに「25年前よりいいライヴをやりゃいいんだろ」「ウソがバレる瞬間に最高のライヴをすれば、ウソが本当になるんだよ」と言い、その言葉に感激しちゃったかんなも、その望みに賭けました。
秋夫が弟・春夫以外のメンバーに招集をかけます。
ドラムのヤングこと岡本は、四角い顔に右の額に三本の傷痕があり、かんなは「カップやきそばヤングに似ているからヤング?」と思いますが、理由は「1人だけ若いから(42歳)」でした。
ボーカルのジミーこと清水は解散ライブの時に春夫と秋夫に殴られて、障害が残り、現在は車椅子の生活を送っています。でも歩けないわけではありません(後に判明するが、自作自演である可能性高し)。
音合わせを開始しても、ジミーはよぼよぼですし、ヤングは切れ痔で「立ってドラムを叩きたい」と言い出しますし、まるでバンドの体をなしていません。
こんな調子で大丈夫かと頭を抱えたかんなですが、弟・春夫が登場してメンバーが揃い、全国ツアーへの旅が開始されました。
リハーサルでお金を使ってしまったので、ハイヤーではなくただの白いバンでの移動です。白いバンは、かんなの実家の回転すし屋の車でした。
みんなで移動の車中でも大騒ぎです。煙草を吸う秋夫に春夫が「けむたい」と言ったことから、怒った秋夫がメリケンサックで窓を割って開けます。
かんなが思わず車を止めると、すかさずジミーが「おしっこ」と言って、車に乗ったままドアを開いて外に立ちション(座りション?)します。
誰かが放屁をして車中が臭くなり、誰がおならをしたかで揉めました。怒り心頭のかんなは「次からはオナラ1回500円(の罰金)」と言い、かんなの顔色を窺った春夫がこっそり500円渡します…(1回めのおならの犯人は秋夫、2回めが春夫だった)。

【転】- 少年メリケンサックのあらすじ3

名古屋から開始した全国ツアーですが、現場監督には中年男たちはスタッフだと思われます。ぎりぎりまで隠そうと、かんなは思いました。
時田社長まで見に来ました。名古屋はパンクの老舗なので、名古屋からツアーを開始すると決めたそうです。
すでに動画で人気が出始めていて、少年メリケンサックの声援コールがかかるなか、メンバーが出て行くと、観客席はしんとなった後、ブーイングの嵐でした。時田社長は前座かと思います。
「今から奇跡、見せてやっからよ」とリーダーのアキオ(以後はメンバー名で表記)が言いますが、25年のブランクはやはり長く、ライヴはぐだぐだでした。観客は途中で席を立って帰っていきます。
時田社長は怒りますが、キャンセル料が発生するのでライヴは続けると決意します。
続けて大阪に行きますが、対バン(複数のグループとの共演)扱いになりました。時田社長の、単独では無理だとの判断です。
一緒に共演する予定のGOAは少年メリケンサックのことを「伝説のバンド扱い&崇拝」しますが、メンバーの現在の演奏を目の当たりにして「ああはなりたくない」と小さく洩らしました。ハルオは悔しがり、GOAがバンド演奏を始めるとステージに上がり、ボーカルのすぐ横でガン見します。
ハルオがライブの邪魔するので、ボーカルが「年寄りの冷や麦」と言い、ハルオが「年寄りの冷や水が正しい」とツッコんで乱闘騒ぎになり、警察沙汰になりました。
中年男に囲まれたかんなの「心の癒し」は恋人のマサルとの電話ですが、それもメンバー(の主にアキオ)に茶化されます。
口を開けば「チンコでけえのかよ」ばかり聞かれ、マサルのことを「ヒモだろ。女(かんな)に食わせてもらってさ。あわよくばコネでCD出したいだけだろ」と言うアキオに対し、ヒモ発言以降は当たっているだけに、かんなはイライラします。
デリカシーのない中年男たちとの旅につくづく嫌気がさしたかんなは、広島に行く途中に立ち寄ったコンビニで職場放棄しました。メンバーに中指を立てて(ファック!)車から逃げたかんなは、マサルに会いに行きました。
マサルは大阪の小さな店で弾き語りをしていましたが、かんなはマサルの歌を聞いて「ときめかない」ことに気づきます。途中で席を立ったかんなは、メンバーの元に戻りました。
広島に移動した少年メリケンサックメンバーは、少しずつですが勘を取り戻してきました。ライヴの場所が分からないトラブルはありましたが、そこそこの成功をおさめます。
そして地元の村祭りに参加した少年メリケンサックは、拍手喝さいを浴びました。戻ってきてそれを見たかんなは、このまま終わるのがもったいないと思います。
その頃、当時の彼らを知る金子は、当時の裏事情をかんなに教えました。少年メリケンサックはライヴの途中で暴れる&乱闘騒ぎを起こすのを「売り」にしており、「鼻を触る」のが暴れる合図でした。 この映画を無料で観る

【結】- 少年メリケンサックのあらすじ4

また取材などでも互いの悪口を言い合う「ヤラセ」で、売っていました。しかしそのうちに、本当に仲が悪くなってしまったのです。
その後も九州などでツアーを重ねた少年メリケンサックは、売れ始めます。
しかしその頃、かんなの私生活に大きな変化が訪れました。同棲…というか、かんなの部屋に居候していた恋人・マサルが、かんなのいない隙にバイト先の牛丼屋の高校生・ユキを家に連れ込んで、浮気をしていたのです。
かんなはマサルと別れましたが、思ったほどダメージを受けていませんでした。少年メリケンサックのメンバーに、おふざけでマサルの「さくら」の歌を歌われて、ブチギレはしますが。
少年メリケンサックが解散する因縁となった土地・仙台でライヴを開くため、一同は移動します。
少年メリケンサックが解散したのは、ハルオにだけ他の人気バンド・ロケットビートからスカウトの声がかかったことがきっかけでした。
それを面白くないと思った兄・アキオは、当時の自分の恋人の女性・美保を使ってハルオを罠にはめます。美保にハルオを誘惑させ、覚醒剤所持の容疑で逮捕され、メジャーデビューへの道を断たれました。
逮捕騒動で父・巌は倒れましたが、ハルオが「父は死んだ」というのは嘘でした。父は実家でちゃんと生きており、アキオを見ると中指を立てます。
さらに、アキオと美保の間にできた子(ハルオの甥にあたる)がTELYAと判明しました。かんなが見たmixiの動画は、金子がアップロードしたものというのも分かります。
そんな因縁の土地・仙台なので、何も起こらないわけがありません。案の定、ライヴの最中にアキオとハルオが喧嘩を始め、ジミーが止めようとしますが、乱闘でアキオは左腕を、ハルオは右腕を骨折しました。
このツアーが成功すれば、テレビ番組の出演依頼が舞い込む筈だった矢先のことです。がっくりしたかんなですが、テレビ出演という言葉にメンバーは食いつきます。テレビ出演は彼らの夢でした。ベースとギターが骨折しているにも関わらず、彼らは出たいと言い出します。
閃いたかんなは元カレ・マサルのところにバリカン片手に現れ、モヒカンにされてベース担当として急遽参加させられました。そしてギターはハルオとアキオが二人羽織りで演奏します。
こうしてテレビ出演を果たした少年メリケンサックですが、ボーカルのジミーの滑舌がよくなりました。今まで「ニューヨークマラソン」と聞こえた歌詞が、本当は「農薬飲ませろ」だと判明して、そんなものを地上波に流したことで騒動になります。
やっぱりパンクは大嫌い…そう思ったかんなですが、案に相違して少年メリケンサックのその音楽動画は20万アクセスを突破しました。
少年メリケンサックは相変わらず暴力的なバンドを続け、かんなはディレクターとして活躍し続けます。そしてやっぱりアキオとハルオは揉めており、振りまわしたギターがボーカル・ジミーの頭に当たりました。

みんなの感想

ライターの感想

…映画を見終わってしばらくのあいだは、「ニューヨークマラソン」の曲が耳について離れなくなります(笑)。
あとは、劇中にちらっとしか出てきませんが、画伯・田辺誠一ことTELYAの「アンドロメダおまえだ~」という曲も、もれなくセットでついてきます…。
特にアンドロメダのほうは、筆舌に尽くしがたい名曲(迷曲?)なのです。もし興味があればYou Tubeで「アンドロメダおまえ」で検索すると、たぶん曲が聞けます。
但し、しばらくのあいだ頭に残るので、聞く場合は自己責任でお願いします(笑)。
このノリが2016年に公開された『Too Young To Die! 若くして死ぬ』に繋がっているんだ…そう感じさせられます。
宮崎あおいが全力で演じてます。

映画の感想を投稿する

映画「少年メリケンサック」の商品はこちら