「愛を語れば変態ですか」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

愛を語れば変態ですかの紹介:カレー屋の開店のため準備に勤しんでいたごく平凡な夫婦。二人の前に現れた珍客たちによって大騒動が起きる。しかしその原因は妻の麻子だった!?彼女の隠れた正体とは…。
劇団ピチチ5(クインテット)を主宰する福原充則の映画初監督作。自身の舞台作品を2015年に映画化した異色のラブ・コメディ。

この映画を無料で観る

予告動画

愛を語れば変態ですかの主な出演者

麻子(黒川芽以)、おさむ(野間口徹)、西村(今野浩喜)、青年(栩原楽人)、後輩(チャンカワイ)、望月(永島敏行)

愛を語れば変態ですかのネタバレあらすじ

【起】- 愛を語れば変態ですかのあらすじ1

ごく普通の夫婦であるおさむと麻子は、二人で営むカレー屋の開店を明日に控え、準備に忙しくしていました。会社員だったおさむは多忙を極めていたため、妻と過ごす時間を作ろうと脱サラしてお店を始めることにしたのです。おさむの会社時代の後輩も店の準備を手伝っていました。
西村という男がバイトの面接にやって来ます。妙に偉そうな態度の西村は、店の内装や方針にまで口出ししてきました。お人よしなおさむはつい西村の口車に乗せられ、まるで逆面接状態です。おさむは西村を不採用にしますが、人手が欲しい麻子が勝手に採用を言い渡してしまいます。
今度はある青年が、開店祝いにと大量のレトルトカレーを持って来ます。彼は一年前に麻子と浮気した男で、今でも麻子に想いを寄せていました。おさむは彼を門前払いしますが、青年は路上でわめきだします。近所の目を気にしたおさむは、仕方なく青年を店に入れました。

【承】- 愛を語れば変態ですかのあらすじ2

麻子と再会した青年は目を輝かせ、おさむにどれだけ追い出されそうになっても、屁理屈をこね引き下がりません。麻子も彼に対し煮え切らない態度をとるため、夫婦間でも喧嘩が始まってしまいます。機械マニアの青年は店に盗聴器を取り付けようとし、場は更に混乱をきたします。
そこへ店舗を貸している不動産屋の望月が血だらけの格好でやって来て、突然おさむと西村を殴りました。青年は持っていたスタンガンで応戦し、望月らが気絶します。
望月は兼業ヤクザでした。意識が戻った彼は金のために人を刺してきたと明言し、バッグには大金が詰め込まれていました。おさむから追い払われ店を出ようとした望月が「付いてくるのか?」と麻子に問います。なんと、麻子は望月とも関係を持っていたのでした。おさむはそのことに薄々気づいていました。麻子は望月に「一緒になるとまでは言っていない」と取り繕います。

【転】- 愛を語れば変態ですかのあらすじ3

男たちは麻子を巡って問答しあいます。犯罪者は嫌だという麻子ですが、「何の制約も無しに無制限に麻子を愛す」との望月の言葉に心が流されそうになります。麻子の態度に苛立った青年が彼女を殴りました。すると麻子は人が変わったように荒々しく、「覚悟を持ってみんなと爆発した」と激白します。そんな麻子にときめいた西村も含め、男四人で殴り合いを始め、店の中はぐちゃぐちゃになってしまいます。
夜になりおさむが意識を取り戻すと、麻子と後輩がいなくなっていました。後輩が置いていった携帯電話を見てみると、待ち受け画面には麻子の写真が設定されていました。
残された傷だらけの四人は仕込んでいたカレーを食べると、妙な連帯感が生まれ始めます。
その頃麻子と後輩は店の屋根の上にいました。後輩は麻子への想いを告げ、僕と関係を持っても何も減らないと言って力尽くで麻子の体を奪おうとします。誰でもいい訳ではないと、麻子は頭突きして拒みました。 この映画を無料で観る

【結】- 愛を語れば変態ですかのあらすじ4

明け方の屋根の上で麻子は「誰かを好きになる度に世界が変わったと思えた」と話すと、後輩は思い込みだと彼女を否定しました。そんな後輩に麻子はキスすると、彼は世界が一変したような感覚に陥ります。
麻子は別人のような雰囲気で残りの四人の男たちの前に現れると、叫んで店を飛び出していきました。男たちは彼女を追いかけます。麻子はすれ違う男にキスをしては走り去り、キスされた男たちも彼女の後を追っていきます。
麻子の暴走を止めようとするおさむに、彼女は「世界を変えてくる」と宣言します。二人だけで幸せになるなんて考えられず、自分が愛をばら撒いて世界を幸せにすると言うのです。止まらない麻子はおさむに殴り勝ち、再び走り出しました。
麻子は走行中のバスの運転手にキスをすると、車体は光り、蛇行しながらバスは進んでいきます。麻子に心を奪われた男たちは、彼女が乗りこんだバスをひたすらに追い続けました。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

台詞の掛け合いがテンポよく、映画というより舞台のお芝居を見ているみたいでした。ほとんどがお店でのシーンだったので、なおさらかと思います。
永島さんの舌足らずなヤクザの役がツボにはまりました。

監督のコメントによれば、麻子は“オノ・ヨーコな麻子”だそうですが、なんとなくチッチョリーナを思いだしたのは、わたしだけでしょうか。

映画の感想を投稿する

映画「愛を語れば変態ですか」の商品はこちら