「星の王子ニューヨークへ行く」のネタバレあらすじ結末

星の王子ニューヨークへ行くの紹介:1988年公開のアメリカ映画。エディ・マーフィー主演のコメディ映画で、エディの出世作となった。理想の花嫁を求めてニューヨークへやってきた、アフリカのとある王国のプリンスの巻き起こす一大騒動を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

星の王子ニューヨークへ行くの主な出演者

アキーム王子&クラレンス&ランディ・ワトソン&ソール(エディ・マーフィ)、セミ&不細工な女&モーリス&ブラウン牧師(アーセニオ・ホール)、リサ・マクドゥーウェル(シャーリー・ヘドリー)、ジョフィ・ジャファ王(ジェームズ・アール・ジョーンズ)、オーレオン王妃(マッジ・シンクレア)

星の王子ニューヨークへ行くのネタバレあらすじ

【起】- 星の王子ニューヨークへ行くのあらすじ1

アフリカにある国・ザムンダは、小国ながら豊かな自然と豊富な資源を誇り、国民の生活も豊かです。国の王子・アキームは幸せな暮らしをしながらも、心は空虚でした。
というのも、アキーム王子を溺愛する父のジョフィ国王が過保護すぎて、アキーム王子の自由がなかったのです。
歯磨き係、服を着せる係、体を洗う係、体を拭く係…アキーム王子が歩く時には、花びら係が花びらを撒きます。
ジョフィ国王がアキーム王子の結婚相手・イマニを見つけ婚約式をすると言い出すにあたり、結婚相手くらい自分で探すとアキーム王子は初めて逆らいました。アキーム王子は王子という肩書きがなくても愛してくれる人を探したいと思います。

【承】- 星の王子ニューヨークへ行くのあらすじ2

婚約式で会ったイマニは、やはり徹底的な教育を受けた女性でアキームはがっかりしました。アキームは必死でジョフィ国王を説得します。
国王はアキームが女遊びをしたいのだと思い込み、結婚式までの40日間で花嫁を探すことを条件に、アキームに自由を与えました。アキームは長年のおつきの親友&世話係の男性・セミと共に、アメリカへ渡ります。
NYのクイーンズ地区に着いたアキームは、初めての自由に大興奮です。見るもの聞くもの全てが新鮮です。ガラスが落ちてるのを見ても自由、バカヤローという怒号を聞いても自由…最高だとアキームは思いました。
アキームとセミは身分を隠し、下町のあやしいアパートで暮らし始めました。

【転】- 星の王子ニューヨークへ行くのあらすじ3

アキームは必死で理想の女性を探しますが、いい出会いはなく変な女性との出会いばかりです。
ある日マクドゥーウェル家が主催した慈善イベントに参加したアキームは、そこの娘・リサにひとめぼれしました。
早速アキームはセミを連れ、リサとリサの父・クレオが経営するハンバーガー店マクドゥーウェルで働き始めます。アフリカからの留学生ということにしました。
リサにはすでに婚約者・ダリルがいました。ダリルは整髪メーカーの息子で金持ちですが、リサは結婚相手くらい自分で決めたいと思い、アキームに惹かれていきます。アキームは身分を隠していました。
セミは貧乏暮しが嫌になり、NYで豪遊を始めザムンダ国に送金を頼みました。 この映画を無料で観る

【結】- 星の王子ニューヨークへ行くのあらすじ4

居所を知ったジョフィ国王とオーレオン王妃がNYに来ます。
アキームとリサは真剣に愛し合う仲になっていました。
それを知った国王は怒り、花びら係つきでマクドゥーウェル家に乗り込み、リサに「お前は遊び相手に選ばれたのだ」と告げます。リサはショックで雨の中、家を飛び出しました。
事情を知ったアキームはリサを追いかけ、自分が王子だということを打ち明けた上で、本気だと必死で説得します。結婚相手くらい自分で決めたいとリサ自身も思ったこともあり、アキームの思いをリサは理解しました。
必死で国王を説得するのを聞いた王妃(母)がアキームに賛成し、味方につきます。
リサはザムンダ国でアキームと結婚式を挙げました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「星の王子ニューヨークへ行く」の商品はこちら