「ホタルノヒカリ」のネタバレあらすじ結末

映画 ホタルノヒカリの紹介:2012年公開の日本映画。ひうらさとるの同名の漫画作品を、テレビドラマ化したシリーズの映画版で、テレビドラマの続編にあたり、後日談を描いたものである。蛍と高野が新婚旅行に訪れたローマで起こった騒動を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

ホタルノヒカリの主な出演者

高野蛍(綾瀬はるか)、高野誠一(藤木直人)、冴木優(手越祐也)、二ツ木早智子(板谷由夏)、二ツ木昭司(安田顕)、冴木莉央(松雪泰子)

ホタルノヒカリのネタバレあらすじ

【起】- ホタルノヒカリのあらすじ1

会社ではばりばり仕事をこなすのですが、家ではジャージ姿でごろ寝してビールをあおる、女として枯れ切った姿から『干物女』と呼ばれた女性・蛍。
干物女の蛍は『ステキ女子』がする恋愛からも遠ざかっていました。しかしそんな蛍も紆余曲折を経て、高野部長〔ぶちょお〕と結婚しました。
正月にぶちょおがローマへ新婚旅行へ行こうと誘います。面倒くさがりの蛍は旅行準備をせず、ぶちょおは諦めました。
蛍は上司・佐智子と、佐智子と結婚したぶちょおの親友・二ツ木から、ローマ旅行はぶちょおの夢だと知らされました。本当はこれは嘘です。
ぶちょおがイタリアに仕事で出張するのに同行し、蛍は新婚旅行を決行しました。 この映画を無料で観る

【承】- ホタルノヒカリのあらすじ2

パスポートの更新が遅れた蛍は、ローマ行きの機内でぶちょおとは別の席につきます。そこには自分と行動が酷似した『干物男』がいました。
ローマでホテルに着いた蛍は、続けてイタリア版・干物女を発見します。それは莉央という、ホテルに住みついた日本人女性でした。
その莉央を訪ねて弟・優がやってきます。蛍が機内で会った干物男でした。
蛍は「世界を股にかけてぶちょおとイチャイチャする」予定だったのに、干物姉弟に翻弄されます。優に見栄を張りたい莉央は、ぶちょおを自分の婚約者、蛍を家政婦と紹介しました。この嘘はすぐばれます。
莉央がイタリアで干物女でいる背景に事情があることを察した蛍は、莉央を放っておけません。

【転】- ホタルノヒカリのあらすじ3

ぶちょおが飲みに行ったきり帰宅せず、蛍にイタリア語で電話がありました。代わった莉央は「ぶちょおが誘拐された」と言います。
誘拐は、ぶちょおと蛍をやっかんだ莉央がついた嘘なのですが、心配した蛍がぶちょおの荷物を探ると怪しい「白い粉」が出てきました。
実はぶちょおは取引先の相手・ドメニコが別れた妻とよりを戻すために作ったダンスの練習のため、ひと晩中付き合って踊っていました(ぶちょおはドレス着用で、結構長い時間踊ります)。
蛍があさったスーツケースはぶちょおではなく優のもので、白い粉は白玉粉です。
莉央は干物女の自分をよく理解する夫と、娘・真緒に囲まれて幸福な結婚生活を送っていました。

【結】- ホタルノヒカリのあらすじ4

しかし莉央は家族旅行を面倒くさがって居残り、出かけた夫と真緒は事故に遭遇し亡くなります。
以来莉央はイタリアで現実逃避していました。優は莉央を心配し、昔自分が落ち込んだ時に莉央が作ってくれた白玉を作ろうと、ローマへ来たのです。
蛍たちが必死に自分を心配する姿に心を打たれた莉央は、慰められました。
ぶちょおはローマで挙式する予定で、スーツケースにウェディングドレスを隠しています。蛍とぶちょおは教会で式を挙げました。
帰国した蛍は「うちがいちばん」と言います。しかし蛍に、つわりらしき症状が!?(真相は謎のまま)
(エンドロール)ぶちょおと蛍は相変わらず掛け合い漫才っぽいやりとりしてます…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ホタルノヒカリ」の商品はこちら