「海月姫」のネタバレあらすじ結末

海月姫の紹介:2014年公開の日本映画。東村アキコの同名コミックの映画化。オシャレと男の子に縁のないオタク女子と、オタク女子たちがつどうアパートに出入りする女装男子が繰り広げる騒動を描く。

予告動画

海月姫の主な出演者

倉下月海(能年玲奈)、鯉淵蔵之介(菅田将暉)、ばんば(池脇千鶴)、まやや(太田莉菜)、ジジ(篠原ともえ)、千絵子(馬場園梓 アジアン)、鯉淵修(長谷川博己)、鯉淵慶一郎(平泉成)、花森よしお(速水もこみち)、熱帯魚店店員(中村倫也)、稲荷翔子(片瀬那奈)、柏木(内野謙太)

海月姫のネタバレあらすじ

【起】- 海月姫のあらすじ1

九州から上京した月海は、レトロなアパート・天水館で暮らしています。月海はクラゲをこよなく愛し、イラストレーターになることを夢見る少女でした。
月海の暮らす天水館は、世間的には腐女子と呼ばれる女性の集まる館です。「鉄道オタク・ばんば」「三国志オタク・まやや」「枯れ専(老けたおじさまが好きな人)・ジジ」「和物コレクター・千絵子」らです。千絵子は天水館のオーナーの娘でした。
彼女らは自らの道だけを極め、オシャレ女子を憎み「男のいない人生を」をモットーとする女性たちで、自分たちを「尼~ず」と呼びます。
館の奥に「漫画家・目白樹音」が住んでいますが、彼女はドア越しに用紙でやりとりするだけの人物でした。

【承】- 海月姫のあらすじ2

月海は近所の熱帯魚店のタコクラゲを見るのが好きで、クララと名付けていました。しかしある日、クララの水槽に粘液を出すミズクラゲが入れられ、ピンチでした。
月海は店員に訴えますが聞き入れられずにいたところを、美人女性に助けてもらいます。ついでにクララも手に入れます。
しかし…その夜月海の部屋に泊まった美人女性は女性ではなく、女装した男・蔵之介でした。
館は男性禁制です。月海は蔵之介を「蔵子」と紹介しました。蔵之介は天水館(と月海)を気に入り、館に頻繁に出入りするようになります。
蔵之介の父は代議士・慶一郎で、父の秘書をする異母兄・修で、おカタい家でした。
月海は蔵之介と修と共に水族館に行きます。

【転】- 海月姫のあらすじ3

そこで月海と修はいいムードになり、蔵之介は嫉妬します。
その頃天水地区は再開発で地上げが進みました。再開発業者・稲荷翔子は修に接近し、千絵子の母に高値を言って天水館の買収を企みます。
「尼~ず」は館を追い出されると困るので、一計を案じました。たまたまフリーマーケットで月海が作ったクラゲのマスコットが売れたことから、蔵之介は月海にクラゲのドレスを作る提案をします。月海が幼い頃、母と交わした約束から着想を得たのです。
当初はやる気がなかった尼~ずですが、館がなくなると行き場に困るのは事実でした。また蔵之介の熱意に押され、少しずつやる気を起こします。
ファッションショーの開催日を決め、準備しました。

【結】- 海月姫のあらすじ4

父・慶一郎が再開発の街頭演説をする横で、女装した蔵之介がビラを配布しました。マスコミは食いつき、ファッションショーは注目されます。
蔵之介とスレンダーなまややがモデルとなり、天水館で開いたファッションショーは大盛況となりました。
好評に終わったショーを見ながら、月海は「そばで見守ってくれたのはこの人だった」と蔵之介を見つめます。
ドレスに大量注文が舞い込み、蔵之介はインドの縫製工場の責任者を手配します。
ブランド名は蔵之介が勝手に「ジェリー・フィッシュ」と名付けました。忙しく&楽しくなりそうな気配に、尼~ずは喜びます。
…再開発計画の話はなくなり、稲荷翔子は愕然としました…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「海月姫」の商品はこちら