「無ケーカクの命中男ノックトアップ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

無ケーカクの命中男/ノックトアップの紹介:2007年公開のアメリカ映画。無責任で自堕落な生活を送る無職の男性が、一晩を共に過ごした女性を妊娠させてしまったことから変わっていく様を描いた作品。監督・脚本・制作は「40歳の童貞男」のジャド・アパトー。主演は「グリーン・ホーネット」のセス・ローゲン、「幸せになるための27のドレス」のキャサリン・ハイグル。

予告動画

無ケーカクの命中男ノックトアップの主な出演者

ベン・ストーン(セス・ローゲン)、アリソン・スコット(キャサリン・ハイグル)、ピート(ポール・ラッド)、デビー(レスリー・マン)、ジェイ(ジェイ・バルチェル)、ジョナ(ジョナ・ヒル)、マーティン(マーティン・スター)、シャーロット(アイリス・アパトウ)、セイディ(モード・アパトウ)、ジェイソン(ジェイソン・シーゲル)

無ケーカクの命中男ノックトアップのネタバレあらすじ

【起】- 無ケーカクの命中男ノックトアップのあらすじ1

ベンは友人達と共同生活を送りながら、怪しいサイトを立ち上げています。無職な彼はマリファナを吸ったり、友人達と遊んだりしながら自堕落的な生活を送っています。
一方アリソンは、姉のデビー夫妻の家に居候しています。デビーの子供を学校に送ってあげて、テレビ番組の制作の仕事に向かいます。
上司からテレビキャスターとして昇進を言い渡されます。アリソンを祝うために、デビーは行きつけのクラブに彼女を誘います。
ベンもそのクラブに来ていました。飲み物を頼もうとして、二人は偶然にも話しをします。
デビーは子供が病気になったかもしれないため、帰ることにします。アリソンはもう少しベンといることにします。
盛り上がった二人は一夜を共にします。言葉の行き違いがあって、コンドームをつけずに行為をしてしまいます。
それから8週間後、アリソンはつわりを起こします。妊娠検査薬で調べると陽性反応が出ます。
ベンと会おうとしなかったアリソンは、彼に連絡をして食事をすることにします。そこでベンは自分が父親であることを知ります。 この映画を無料で観る

【承】- 無ケーカクの命中男ノックトアップのあらすじ2

二人は産婦人科に調べに行きます。赤ちゃんは着々と成長していました。
アリソンが母に相談をすると中絶を勧められます。ベンが父親に相談すると子供が素晴らしいことを教えてくれます。
アリソンは子供を産むことを決意します。ベンは自分にできることを教えて欲しいと頼みます。
一緒に買い物に出かけることにします。赤ちゃん用の服を見たり、妊娠と出産についての本を買います。ベンは本を読むことを決意します。
アリソンはデビーにベンを紹介します。デビーは、ベンが立派な夫になるかチャンスを与えることにします。
デビーの夫のピートとベンは結婚について話し合います。どこか気の合う二人でした。
アリソンは、主治医を見つけることを開始します。何件もの病院をベンと回って、ようやくハワード医師を主治医に任命します。彼は遠くに行くことはないから、産むときは大丈夫だと言ってくれます。
職場の人達には、妊娠してることを秘密にします。ある日、アリソンが自分の友人達と会いますが、ベンの事を友達だと紹介します。
ベンはプロポーズしてないからだと考えます。お金が無いので、空の結婚指輪の箱でプロポーズします。稼いだら後から入れる予定なのです。

【転】- 無ケーカクの命中男ノックトアップのあらすじ3

アリソンは出会ってから月日が経ってない事から、愛の意味がピンとこない様子です。ベンはというと、先に妊娠してしまったから、バツが悪いのかと考えていました。
お互いにプレッシャーをかけないようにすることにします。その事をアリソンがデビーに話します。
ベンとアリソンはエッチをしようとしますが、妊娠していることからベンが違和感を訴えます。結局それからアリソンはさせないことを誓います。
ベンの家で眠っていると、10年に1度の地震が起きます。マリファナでラリっているベンは、アリソンの事を忘れていました。
怪我はなかったのですが、アリソンはベンが本を読んでない事に気づいて苛立ちます。
デビーはピートの不倫を疑っていました。アリソンとベンに協力してもらって、ピートの後をつけます。
なんとそこでは、ピートがバーチャル野球のドラフト会議をしていました。不倫でないにしろ、嘘をついて家を抜け出したピートにデビーは怒ります。
パニック状態になっているアリソンが産婦人科に検査をしに行くと、ベンと大喧嘩を始めます。
帰る場所が無くなったベンとピートは、一緒にベガスに遊びに行きます。シルク・ド・ソレイユの劇を見た後、やっぱり家に帰りたくなります。 この映画を無料で観る

【結】- 無ケーカクの命中男ノックトアップのあらすじ4

デビーはアリソンを誘って、気分転換にクラブに向かいます。しかし、今までは顔パスで直ぐに入れましたが、年齢の事やアリソンが妊婦であることから直ぐに入れなくなります。
落ち込んだ後、デビーは子供の誕生日パーティを開きます。ピートはデビーと多少言い合いが起こっても、自らが折れている様子です。
ベンがプレゼントを持って訪れます。仲直りしようとアリソンに話しをしに行きますが、ベガスの事を知ったアリソンはベンを拒絶します。
ベンは友人達との共同生活を辞めてアパートを借ります。赤ちゃんが住むことになっても大丈夫なように準備します。
ピートとデビーが留守中に、アリソンに陣痛が始まります。ハワード医師は電話に出ません。
ベンに連絡すると、すっ飛んでやってきます。そしてハワード医師の携帯番号を聞き出して、彼が約束と違って遠くに行っている事が分かります。
本を読破していた知識から、病院に行くことにします。アリソンが苦手な医師のいる病院でしたが、ベンが大人の対応をして医師を説得します。
デビー夫妻がやってきます。デビーがベンに変わって分娩室に入ろうとしますが、父親として男として彼は譲りませんでした。
無事に赤ちゃんが生まれて、皆喜びます。ベンは退院したアリソンと赤ちゃんを連れて帰ります。
安全のため、ベンは時速20kmで走ります。渋滞が起こってしまいますが、彼は譲りませんでした。終わり。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、興行収入が2億ドルを超えるヒットをしました。評価も高くて、全米脚本家組合賞オリジナル脚本賞や放送映画批評家協会賞コメディ映画賞にもノミネートされました。
この作品の見所は、セス・ローゲン演じるベンが男として成長した事が分かる場面です。アリソンが病院に運ばれて、嫌な医師が無理に薬を使おうとします。
そんな医師にベンが病室の外で大人の対応をします。自分には言い方を考えなくても良いから、アリソンにだけは優しく接してほしいと頼みます。
この場面の後に、デビーがやってきて分娩室に入るのを変わろうとします。しかし、ベンは譲る事をしません。その時の男らしい台詞にはデビーもタジタジになります。
この二つの場面が、ベンが成長した事が現れていて感動します。終始コメディ要素の多い作品なので、より一層ジーンとなります。
カメオ出演している豪華な女優や俳優がいるのも魅力の映画です。アリソンがインタビューする場面などで、スティーヴ・カレル、ジェシカ・アルバ、ジェームズ・フランコ、エヴァ・メンデスなどが出演しています。
全体を通して、下ネタや面白い場面の多い映画ですが、感動する場面もあって面白いです。高評価をつける方も多い作品ですので、ぜひ見て欲しいと思います。

映画の感想を投稿する

映画「無ケーカクの命中男ノックトアップ」の商品はこちら