「熱海殺人事件」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

熱海殺人事件の紹介:1986年製作のつかこうへい作人気舞台劇を映画化したコメディ映画。熱海で起きた平凡な殺人事件を名物刑事とその愛人の警官、異母弟の刑事とともに解決に乗り出す。主人公のド派手で強引な刑事を仲代達也が熱演した。

熱海殺人事件の主な出演者

二階堂伝兵衛(仲代達矢)、水野朋子(志穂美悦子)、熊田留吉(風間杜夫)、大山次郎(竹田高利)、鬼島作二(大滝秀治)

熱海殺人事件のネタバレあらすじ

【起】- 熱海殺人事件のあらすじ1

警視庁の名物刑事として知られる二階堂伝兵衛は、根っからのギャンブラーで向こう見ずなナイスミドル。金持ちの家に生まれ、警視庁務めの二階堂はこれまでなんでも欲しいものを手にしてきましたが、ある日その人生に見込み違いが生じます。長い間愛人関係にあった女性警官の朋子が違う男性と明日結婚するというのです。二階堂は朋子をもう一度振り向かせようと猛アタックしますが、朋子はこのまま結婚して幸せな家庭を築こうと考えていました。朋子に二階堂を愛する気持ちは今もありましたが、結婚するつもりもなくずるずると愛人関係を続けようとする二階堂に愛想が切れてしまったのです。

そんな中、二階堂は熱海で起きた殺人事件の捜査を担当することになりました。富山から新たに赴任する刑事の熊野留吉が二階堂とこの事件を担当することになっていましたが、この留吉という男は二階堂の父親が使用人に産ませた子供で、二階堂にとって年の離れた腹違いの弟でした。二階堂はひそかに富山に潜入し、東京に旅立つ留吉を尾行します。すると、駅には留吉に泣いてすがる若い女の姿がありました。しかし、留吉はその女を乱暴に振り払い電車に乗り込んでしまいます。女泣かせという点において、二階堂と留吉は父親の遺伝子を色濃く受け継いでいたのです。

留吉の尾行が済むと、二階堂は警視庁に戻り留吉の赴任を待っていました。その間にも、二階堂は愛人関係を続けたい気持ちを朋子に伝え、朋子の気持ちに揺さぶりをかけます。それに対して、肌を露出させながら二階堂に愛を伝える朋子。すると、そこに留吉が部屋に入ってきました。二階堂と朋子のただならぬ雰囲気に留吉が驚いていると、二階堂は留吉に対して事件の概要を淡々と説明してきました。自分たち母子を捨てた二階堂家に深い恨みを持つ留吉は二階堂に反抗的な態度を取りますが、二階堂はそれを気にする様子を見せません。熱海で起きた殺人事件は、福岡出身の男が熱海で幼馴染の女性を紐で絞殺したという、二階堂にしてみれば地味でつまらない事件でした。そのため、二階堂は自分好みのドラマティックな事件になるよう報告書の書き換えを留吉に指示。事実を改竄することをなんとも思わない二階堂を見て、留吉は二階堂を兄としてだけでなく、刑事としても軽蔑すべき存在と考えるようになっていきます。

【承】- 熱海殺人事件のあらすじ2

一方、当の熱海殺人事件の容疑者の大山は、同じ牢に入る老人の鬼島から事件について尋ねられます。大山はこの事件は自分と被害者のアイコだけのものと話し有罪は免れないと諦めていましたが、それに対して鬼島は、事件は警察や司法多くの人々が関わるみんなのものと語り大山の考えを否定します。そして、「誰でも人は殺せる、でも犯人にはなれない」と大山を諭すのでした。大山は考えを改めて取り調べに真摯に取り組もうと二階堂の部屋へ向かいますが、証言をねつ造しようとする二階堂と脅迫めいた口調の留吉による奇妙な取り調べに困惑を隠せません。それに加えて、朋子の結婚に対するいら立ちまでも二階堂にぶつけられ、大山は泣きべそをかき弁護士を呼んで欲しいと望みます。しかし、二階堂はそんな大山を弱虫と呼び、大山の望みを却下してしまいます。

すると、そこに今回の事件を担当する裁判長の高倉が部屋に入り、愛娘のアイコが嫁入りし、深い悲しみに襲われていることを突然打ち明けてきました。すると、大山が同じアイコという名前の女性を殺したことを知り、高倉は半狂乱に陥ります。高倉はその後部屋を出て行きましたが、二階堂らは呆れてその後ろ姿を見つめることしかできませんでした。

気を取り直して二階堂は取り調べを再開し、殺された山口アイコが新宿のソープ嬢だったことを大山に問い詰めます。幼馴染の変貌にショックを受け犯行に及んだと二階堂は決めつけますが、大山は否定も肯定もしません。そのとき、突然警視庁内にサイレンが鳴り響きました。なにか大きな事件が起きたのです。ド派手なもの好きな二階堂は目を輝かせ、朋子とともにすぐに現場へ赴き、留吉もその後を追いかけ、大山は部屋に一人取り残されてしまうのでした。

【転】- 熱海殺人事件のあらすじ3

二階堂たちが現場へ向かうと、ビルの屋上で男が女性を人質に取っていました。二階堂は勝手に陣頭指揮を執り犯人と交渉する一方、二階堂の命を受けた朋子がひそかに屋上に昇り、犯人から人質を救出しました。しかし、朋子の大活躍で事件が解決したにもかかわらず、二階堂は心無い言葉を朋子にかけてしまいます。朋子はこのことをきっかけに愛人関係を終わらせようと再度決意を固めるのでした。

その夜、大山は朋子にある部屋に連れて行かれます。そこには二階堂がすでに待機しており、部屋に設置されたマジックミラーの先には留吉と、富山の駅で留吉に乱暴に扱われていた女がいました。女は留吉を愛していること、妊娠していることを告げますが、留吉はそれを信じようとせず、激しい口論に発展してしまいます。留吉はさらにヒートアップし女に乱暴を働いたところで、朋子がマジックミラーを開けました。女との再会が熱海殺人事件の再現のために二階堂によって仕組まれたものと知り、留吉は激怒します。留吉はこれまでの人生の苦労と、女を幸せにしたい気持ちがありながらもそれを実現できない情けなさを叫びながら、恋人を殺した大山に殴りかかってしまいます。二階堂はそんな留吉の姿に、情に弱かった自分の父親に重ねるのでした。

留吉の部屋を後にした後、二階堂と朋子、大山は帰宅の道につきました。その最中、二階堂と朋子もまた激しい口論を始めてしまいます。朋子が自分への愛をなくしてしまったことに気づいた二階堂は結婚を申し込みますが、朋子はそれを即答で断り、大山は車中の雰囲気の悪さに戸惑ってしまいます。その後、車はある港に止まりましたが、二階堂はそこで出会ったチンピラの男たちに朋子にプロポーズを断られた鬱憤をぶつけ厳しく痛めつけるのでした。

【結】- 熱海殺人事件のあらすじ4

その後、二階堂たちは再び大山の取り調べを行いました。翌日に結婚式を控えた朋子のために、二階堂は迅速に取り調べを終わらせるべく、二階堂の部屋を舞台にして事件当時の状況を全員で再現し始めました。大山は自分自身を、朋子はアイコを、二人に絡むチンピラを二階堂と留吉がそれぞれ務めました。

事の始まりは、東京で大山が故郷の幼馴染のアイコと再会したことでした。大山はソープ嬢と知りつつもアイコのことを恋い慕い、プロポーズすべく熱海のデートに誘いました。しかし、夕暮れの熱海の海を眺めながらロマンティックな言葉で愛を語る大山に、アイコは田舎での貧乏暮らしはまっぴらと告げます。すると、そこにソープ嬢としてのアイコを知る二人のチンピラ男が現れました。アイコは二人に容姿の醜さを馬鹿にされますが、大山はうつむくばかり。男たちが去った後、悲しみで泣き叫ぶアイちゃんに大山は郷里でのアイコの勇姿に励まされたことを語りますが、アイコからはそんな過去を忘れたと冷たく返答されてしまいます。この言葉に衝撃を受けた大山は持っていた紐でアイコの首を絞め殺してしまいました。当時の状況を思い出した大山は興奮し、朋子の首を本気で絞殺そうとしますが、二階堂がそこに止めに入りました。二階堂は何度も何度も持っていた花束を大山にたたきつけると、最後に「いい事件だったよ」と言って大山に握手を求めるのでした。

熱海殺人事件の捜査を終えた後、朋子が涙を流しながら長い間愛し続けた二階堂に別れの挨拶を告げにやって来ました。朋子は二階堂と口づけを交わすと、二階堂の健康を祈り部屋を後にしました。部屋を出た後、朋子は相変わらず泣いていましたが、その顔には爽やかな笑みが浮かんでいました。

翌日、今度は留吉が二階堂の部屋にやって来ました。今回の熱海殺人事件を通じて、険悪の仲だった二階堂と留吉の距離は一気に縮まり、留吉は二階堂の新たな相棒になることに。ちょうどそこにサイレンが鳴り響き、二人は早速現場に急行しました。テロリストに乗っ取られた新幹線をヘリコプターで追う二人でしたが、しばらくすると結婚式を終えハネムーンに向かう朋子と新郎の車が二階堂の視界に入ってきました。二階堂は事件を放置し、スピーカーで朋子に愛の言葉を投げかけます。「愛してるぞ!俺はお前を絶対に諦めんぞ!」という二階堂の言葉を聞き流し、新郎とイチャイチャする朋子。留吉は自分の気持ちに素直すぎる腹違いの兄の姿を呆れながら眺めていました。

みんなの感想

ライターの感想

仲代達矢演じる、ダンディーさとおバカな面を兼ね備えた主人公がとても愛らしい作品です。物語はハイテンションなまま進みますが、長廻し撮影による場面が多く、随所で俳優の演技に引き込まれます。特に、それぞれろくでもない面を持った登場人物の男たちがそれぞれの過去を吐き出す場面は印象的です。また、舞台劇のように感じさせる作品ですが、劇中に差し込まれるヘリコプターシーンや人質救出事件の場面も見応えがあります。

映画の感想を投稿する

映画「熱海殺人事件」の商品はこちら